キーワードのマッチタイプについて

リスティング広告の勝敗に大きく左右すると言っても過言ではないのが「マッチタイプ」です。出稿するキーワードの一致条件のことであり、マッチタイプの種類によりリスティング広告の表示を適切にコントロールできます。マッチタイプの使い方について知っておきましょう。

部分一致

デフォルトで使用されるマッチタイプが部分一致です。最も表示回数が多くなるマッチタイプであり、キーワードと関連性が高ければ広告を表示します。例えば「リノベーション 世田谷区」というキーワードを出稿しても「リフォーム 世田谷区」の検索で広告を表示するのです。必ずしも一致する必要はなく、関連していれば対象になります。

多くの検索に対して広告を表示するため、顧客になる可能性のないクリックを生んでしまう恐れがあるマッチタイプです。しかし、部分一致で幅広い検索に対応することで、有力なキーワードをつかむこともありますのでメンテナンスをしながら賢く使うマッチタイプと言えます。

完全一致

文字通り、指定したキーワードが完全に一致していなければ広告を表示しないマッチタイプです。最も余計なキーワードに広告を表示せずに済む反面、ユーザーの検索ニーズを読み間違えると、まったく広告を表示しなくなってしまう恐れがあるので使い方に注意しましょう。[ ]でキーワードを挟んで指定します。

フレーズ一致

キーワードの掛け合わせの語順に条件をつけるマッチタイプです。” “(ダブルクォーテーション)でキーワードを囲んで使用します。”ワインバー 渋谷” というフレーズ一致のキーワードを出稿した場合、「ワインバー 渋谷」の検索には広告を表示しますが、「渋谷 ワインバー」や「ワインバー お洒落 渋谷」には表示しません。決められた語順であり、間に別のキーワードが入っても広告を表示しません。

絞り込み部分一致

指定したキーワードが含まれる場合に広告を表示します。語順は関係なく、あくまでも指定したキーワードが存在しているかが条件になります。指定方法は、絞り込み部分一致の対象にしたいキーワードの先頭に +(プラス)をつけるだけです。「 +クリーニング +新宿」という絞り込み部分一致の場合、「クリーニング 新宿」でも「新宿 クリーニング」でも広告を表示します。しかし、「渋谷 クリーニング」では広告を表示しません。あくまでも「+」をつけたキーワードが検索語句に含まれている必要があります。

最適化を念頭においた運用を

自社にとって費用対効果の高いキーワードを見つけるためには、最初にキーワードを極端に絞り込み過ぎないことが大切です。キーワードプランナーや関連キーワードツールなどを駆使して幅広く集めましょう。実際にリスティング広告の運用がスタートしたら、効果のないキーワードを取り除き、関係のないユーザーの検索に広告を表示しないようにマッチタイプを効果的に使うのがポイントです。キーワードのパフォーマンスををチェックし最適化させることに注力しましょう。