Facebook広告の構造

Facebook広告アカウントには、複数のキャンペーンを作成できます。各キャンペーンごとに広告の目的が異なり、それぞれの目標達成に向けて広告配信を最適化させるのです。キャンペーンの中には、広告セットというオーディエンスと広告の組み合わせを作成しますが、このほかにも予算や掲載期間、広告の配置なども設定します。広告セットに設定したオーディエンスに対し、様々なパターンの広告を組み合わせるイメージです。オーディエンスの属性を最適な広告を作成すると効果的に配信できるでしょう。

Facebook広告のターゲティングの種類

Facebook広告のターゲティングには3つの種類があります。どのオーディエンスを利用するかでプロモーションの幅が大きく変わりますので、自社の狙いにマッチするものを選択しましょう。

コアオーディエンス

ユーザーの登録情報に基づいたターゲティングです。性別や年齢、所在地、興味関心といったデータのほか、ユーザーのつながりまで対象にできます。

カスタムオーディエンス

ホームページに訪問したことがあるユーザーや、既存の顧客情報を利用したターゲティングです。自社と接点があるユーザーを対象にするので精度が上がります。セキュアな状態で顧客情報をターゲティングに利用できるので安心です。

類似オーディエンス

作成したカスタムオーディエンスなど、ソースとなるオーディエンスに含まれているユーザーの属性を元に類似しているユーザーをセグメントして作成するターゲティングです。顧客に属性が似ていて、自社がまだ出会っていないユーザーをターゲットにできる期待値の高いオーディエンスと言えます。

オーディエンスの作成方法

image1.png
画像引用:Facebook広告

オーディエンスは、広告マネージャで広告セットを作成する際に設定します。ここでの選択は「新しいオーディエンスを作成」と「保存済みのオーディエンスを使用」のどちらかです。新しくコアオーディエンスを設定する場合は、「新しいオーディエンスを作成」が選択されているまま、地域や年齢などを選択します。

すでに登録しているカスタムオーディエンスや類似オーディエンスを「保存済みのオーディエンスを使用」から呼び出すことも可能です。まだカスタムオーディエンスと類似オーディエンスを作成したことがない場合は利用できないので、新規作成する必要があります。「カスタムオーディエンス」という文字の右下から新規作成が可能です。画面の指示に沿って簡単に作成できます。オーディエンスは保存しておくと、ターゲットや除外対象にスムーズに利用できるので便利です。

オーディエンス別のターゲティング方法

それぞれのオーディエンスのターゲティングのポイントをご紹介します。

コアオーディエンスを使ったターゲティング

Facebookのユーザーのプロフィールに基づいてターゲティングを行います。性別や年齢、所在地、言語、趣味、関心、行動、つながり、などのデータから絞り込むことが可能です。学歴や収入、子どもの有無など、かなり詳細な指定ができます。たとえば、ライフイベントからターゲットを絞り込む場合、婚約して三ヶ月未満の人という指定や最近転居しているなどの指定も可能です。コアオーディエンスの設定は、ORとANDの条件により組み合わせて使えますので、具体的なユーザー像をイメージしたパターンの作成が容易と言えます。ANDを多様しすぎるとターゲットが極端に少なくなることもあるので注意しましょう。

この詳細なターゲティング機能はターゲットとするユーザーを指定するだけではなく、除外設定にも使えます。例えば、世代や居住地などで基本的なターゲティングを行なったあと、ラグジュアリー商品に興味があるユーザーを除外設定して、高級志向の人を対象外にするといった設定も可能です。

また、Facebookならではのオーディエンス指定要素としては「つながり」がユニークです。自分が管理しているFacebookページアプリ、イベントにおいて、関わりがあったユーザーやその友達である場合、ターゲティングの対象になります。

カスタムオーディエンスを使ったターゲティング

以下の方法を使って、Facebookのユーザーの中で自社と関わりのある人をターゲティングします。

ウェブサイトカスタムオーディエンス

Facebookピクセルをホームページに埋め込んでおけば、Facebookのユーザーとサイト訪問者を照合してオーディエンスにできます。ホームページを閲覧したユーザーにFacebook上で再訪を促進する広告を配信するので、リマーケティングと同じ機能と考えるとよいでしょう。

モバイルアプリカスタムオーディエンス

アプリで期待するアクションをする可能性が高いユーザーをターゲットにするオーディンエンスです。アプリユーザーが、定義したアクションをするとリーチします。定義済みのイベントは14種類あり、「カートに追加」といった販売に向いたものなどが用意されています。

カスタマーリストに基づくカスタムオーディエンス

オフラインイベントなど取得したカスタマーリストをテキスト形式もしくはCSV形式でアップロードして、ファイルの中にあるユーザー情報をターゲティングの対象にします。Facebookのシステムで簡単に使えるように用意されたテンプレートをダウンロードしておくと便利です。

エンゲージメントカスタムオーディエンス

Facebookのアプリやサービスにおいてのアクションを条件にするオーディエンスです。使用動画の再生やリード獲得フォームを開くなどのアクションをした人をターゲットにできます。エンゲージメントを取得するために遡る日数を設定することも可能です。

類似オーディエンスを使ったターゲティング

カスタマーオーディエンスなど、ソースオーディエンスという元になるターゲティングデータに類似したオーディエンスをFacebook広告のシステムが自動的にターゲティングしてくれます。ユニークなのは、類似度を設定できるところです。1~10%の範囲で数値を指定でき、数字が小さいほどターゲティングの類似の強さが大きくなる仕組みです。そのため、最大の10%にしたから有力がユーザーが最大数とは限らないことを覚えておきましょう。オーディエンスがかなり多い場合、コストパフォーマンスを重視するなら、まずは少なめの数値を設定して様子をみるのも一手です。

また、一つのソースオーディエンスから最大500個の類似オーディエンスを作成できますが、ソースオーディエンスは、1つの国から最低100人以上のユーザーが含まれていなければいけませんので、ボリュームには注意しましょう。一つの広告セットに、二つ以上の類似オーディエンスを使用できるので組み合わせてターゲティングの幅を広げられることも把握しておきましょう。