運用上のポイント

Facebook広告で成功するには、類似オーディエンスをいかに使いこなすかでしょう。自社にとって最適なターゲットを明確にし、そのオーディエンスに類似したターゲットを狙う仕組みです。そのためには、ソースオーディエンスを豊かにすることが重要でしょう。スタート時にはデータがないのは仕方がないので、PDCAをスピーディーに行い、ターゲティングの精度を上げていく必要があります。

コストパフォーマンスを考えすぎて、ターゲティングに細かくしすぎるのは失敗の原因になる場合があります。絞りすぎるとほとんど広告が配信されない可能性があるので、最初は広めにターゲティングをして、どんどん絞り込んでいく方がスムーズに精度を高められるでしょう。

また、ターゲティングのパターンは一つに限らず、複数用意しても構いません。最もコストを抑え、精度を上げるにはスピードが大切ですので、計画的に効率よく運用するように注意しましょう。

ターゲティングで広告効果を最大化

Facebook広告のターゲティング機能はとても優れていますが、使いこなすためには運用者が自社の顧客となるターゲットのイメージを明確に持っている必要があります。Facebook広告の強みでもある類似オーディエンスを最大限に活かすためにも、日頃からマーケティング力を高め、有効なリストを用意できるように尽力しましょう。パフォーマンスの高いアカウントを構築し、SNSでの集客を強化できることを願っています。