Facebook広告は、利用しているユーザーの属性を細かくターゲティングできるインターネット広告です。Facebookアカウントを開設するだけで手軽に利用でき、大企業から中小企業まで幅広く活用されています。

未経験から広告運用を始める場合、書籍やインターネットで知識をインプットしながら広告を回していくのがベストです。とはいえ、実際に運用を始めてみないとわからないこともあるでしょう。

今回は、Facebook広告運用の際にチェックしておきたいポイントと、実際にferretで起きた失敗事例を紹介します。

ソーシャルメディアラボ 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ

Facebook広告の始め方

Facebook広告の始め方

Facebook広告は、Facebookの個人アカウントか企業のFacebookページがあれば利用できます。企業で広告配信を検討している場合は、複数人で運用することができる企業ページを作成しておくのがオススメです。

広告配信の前に、企業のFacebookページを作成しましょう。

広告配信時にチェックしておきたいポイント

ターゲットのセグメントはしているか

ターゲットのセグメント

Facebook広告は、ユーザーの性別や年齢、学歴や職種、趣味・関心などを細かくセグメントして、ターゲットを絞って配信できます。

ターゲットの設定をしなかった場合、どのユーザーにも広告が表示される可能性があります。若い女性向けコスメの広告を年配男性に配信したり、ファミリー向け商品の広告を学生に配信したりしても効果は期待できないでしょう。

広告費用を無駄にしないためにも、自社商材のターゲットを定めてセグメント設定するのを忘れないようにしましょう。

パラメーターは設定しているか

パラメーター設定

Facebook広告では、広告にパラメーターを設定することでGoogleアナリティクス上で広告経由の流入をチェックできるようになります。

パラメーターを設定しなくてもFacebookからの流入数を確認することはできますが、通常のFacebook投稿経由なのか、広告経由なのかは判断できません。広告経由の流入を把握できるように、パラメーターの設定をしておきましょう。

支払い情報は間違っていないか

Facebook広告の料金支払いは

  • クレジットカード、デビットカード
  • PayPal
  • 銀行引き落とし(オンラインバンキング)
  • 地域の手動決済方法

の4つから選択できます。

支払いが滞ってしまうと広告配信が停止されてしまうので、支払い情報が正しく入力されていることを確認しましょう。特に、企業のクレジットカードを利用する場合、有効期限が切れていないかのチェックを忘れずにしておきましょう。

参考:
【事例】ferretの歴代Facebook担当者たちが犯してきた6つのミス-原因と対策を公開-

広告の配信状況が「アクティブ」になっているか

広告の配信状況

Facebook広告の配信は、すぐに始まるわけではありません。広告が配信される前に、Facebookの審査が入ります。この審査に通ると広告配信がスタートします。

公開設定を済ませた後、広告の状態を確認しましょう。配信状況が「アクティブ」になっていれば、広告が配信されている状態です。

審査が承認されない場合は、広告の内容に問題がある可能性があります。Facebookの広告ポリシーやヘルプを確認してみましょう。

参考:
Facebook 広告ポリシー
広告の承認プロセス

初めてのFacebook広告運用で気がついた6つの失敗事例

実際に初めてFacebook広告を担当した時に起きた6つの失敗事例を紹介します。

初めてFacebook広告を担当する場合に起きやすい失敗ですので、これからFacebook広告を始めようと思っている方は参考にしてください。

1.Facebookページのアカウント権限がなかった

企業としてFacebook広告を運用するのであれば、企業が作成しているFacebookページアカウント権限が必要です。ferretでは、企業のFacebookページの権限を持たずに始めようとしてしまいました。

Facebook広告を配信するときは、企業のFacebookページアカウント権限を入手してから始めるようにしましょう。

また、Facebookのアカウント権限とは別に、広告アカウントの権限も必要となります。

Facebook広告アカウントの権限

広告アカウントの権限は以下の通りです。

管理者 広告 アナリスト
広告の表示
レポートの閲覧
広告の作成と編集
支払い方法の編集
管理者アクセス許可の管理

2.個人のビジネスアカウントで広告配信してしまった

個人ビジネスアカウントで広告配信

Facebook広告を配信する際は、企業やサービス名で作成したアカウントで配信します。

しかし、個人でもFacebookのビジネスアカウントを持っている場合、アイデンティティの部分を企業アカウントに変えなければ、個人のビジネスアカウント名で広告が配信されてしまいます。

個人でもビジネスアカウントを作成している人は、広告作成メニューの「アイデンティティ」が個人アカウントになっていないか確認しましょう。

アカウントの切り替え1

個人アカウントになっている場合は、企業アカウントに変更してください。

アカウントの切り替え2

変更後はプレビューをみて、配信元が企業アカウントになっているか確認しましょう。

3.Instagramにも同時配信されていた

Facebook広告を配信すると、同時にInstagram広告の配信も可能です。デフォルトの設定では、Instagram広告の配信設定がオンになっているため、そのまま公開するとInstagramにも広告が配信されます。どちらにも広告を配信したい場合は便利な機能ですが、Facebookにだけ広告を配信したいと思っている場合は設定を変更しましょう。

配信プラットフォームの設定方法

配信プラットフォームの設定方法1

設定の変更は広告セット作成の「配置」から設定します。まずは配置の編集にチェックをいれてください。

配信プラットフォームの設定方法2

配信プラットフォームの選択ができるようになります。

広告はFacebook以外にも

  • Instagram
  • Audience Network
  • Messenger

に配信できます。配信が不要なプラットフォームのチェックボックスは外しておきましょう。

3.ターゲットを絞り込みすぎてしまった

前述で紹介した通り、Facebook広告は詳細なターゲティンができる広告です。性別や年齢以外にも、趣味や関心、行動など細かくユーザーの絞り込みができます。

とはいえ、ユーザーを絞り込みすぎてしまうと、広告があまり表示されないこともあります。

配信プラットフォームの設定方法3

ferretでは、広告セットのオーディエンス設定を参考にターゲット層を選びましたが、後日確認してみると設定した予算の半分ほどしか消化されていないことがありました。ターゲットを絞り込みすぎていたので、想定していたよりもインプレッション数が低かったためです。

とはいえ初めて広告を出稿する場合、広告のインプレッション数がどのくらいなのか、クリック率はどのくらいなのかを想定するのは難しいです。

広告配信後は成果の確認をして、想定よりもインプレッション数が低かった場合はターゲットを広げてみましょう。

4.広告文が不自然に改行されていた

広告文の不自然な改行

Facebook広告では、商材を紹介する広告文を設定できます。ferretでは、広告配信時のプレビューを確認せずに広告文を作成したため、不自然な改行が発生し読みにくい広告文になっていました。

広告配信前にプレビューをみて、広告文が読みやすいかどうかの確認をしておきましょう。

プレビューの確認方法

プレビューの確認方法

プレビューは広告作成画面の広告プレビューをオンにすると確認できます。

5.アカウント構造を理解していなかった

Facebook広告アカウント構造は

  • アカウント
  • キャンペーン
  • 広告セット
  • 広告

の4階層になっています。

広告配信の際はまず「キャンペーン」で広告の目的などを設定し、「広告セット」で予算やターゲットを設定し、その中に広告文や画像などを入力した「広告」を作成します。

例えば、日別予算1万円の中で広告文の違う2種類の広告を配信したい場合は、1つの広告セットの中に2種類の広告を作成する必要があります。

ferretでは、日別予算内で2種類の広告を配信しようと思い、広告セットを2つ作ってしまったことがありました。これだと2種類の広告配信は可能ですが、日別予算がそれぞれの広告セットに設定されているため、2倍の料金が発生してしまいます。

上記のようなミスが起こらないように、「キャンペーン」「広告セット」「広告」のそれぞれの役割を理解しておきましょう。

キャンペーン役割

広告の目的、予算の最適化

広告セット

ターゲット、配置、予算、掲載期間など

広告の役割

画像、動画、テキストリンクなど

参考:
広告キャンペーン構造

まとめ:配信スタート後はこまめに確認を

Facebook広告は配信を始めた後の経過観察が重要です。

ターゲットや予算のミスなどは、配信開始後こまめに状態を確認しておけばすぐに変更ができます。出稿後もすぐに設定の変更ができるのもFacebook広告のメリットです。

Facebook広告を初めて運用するときは、配信後こまめに成果を確認するようにして、どのくらいのユーザーにみられているのか、クリックされているのか、予算をどのくらい消化しているのかを確認するようにしましょう。