これから5Gの時代がやってくると言われていますが、Facebookの動画広告も需要が高まっています。また、Facebookの開発者であるザッカーバーグCEOも「Facebookは動画ファーストでいく」と発言しており、より一層動画コンテンツに注力していく姿勢です。いくら動画ファーストだとしても、Facebookの動画広告を出稿して、成果をあげられなければ意味がありません

Twitter広告ならこの資料をチェック!

Twitter広告ならこの資料をチェック!

広告のプロが解説する『Twitter広告はじめてガイド』をダウンロード

そこで、Facebookの動画広告について詳しく解説します。また、Facebookの動画広告はルールが定められているのでそちらも合わせて説明します。

参考:Facebook動画広告が新機能でより効果的に | Facebook for Business

Facebook(フェイスブック)の動画広告とは

Facebookの動画広告とは、Facebook上のあらゆる記事に表示される動画広告です。Facebookを利用しているユーザーに、自社商品やサービス、自社ブランドのストーリーを動画で認知してもらうことが可能です。

他にも、動画広告を配信するサービスの一つにYouTubeがありますが、YouTubeの場合は視聴した動画の合間に流れる広告になるので、ブランドの認知を向上できても、コンバージョンには繋がりにくいことが特徴です。

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

チャットボット運用で押さえておきたいポイントは?

業界別導入事例に学ぶ成功のポイントを資料でチェック

しかし、Facebookの動画広告はニュースフィードに表示させることができるので、能動的にアンテナを張っているユーザーに対して認知度を高めることができます。また、すでにブランドを知っているユーザーに対して、動画広告を効率よく配信できるので、コンバージョンを目的とした出稿も可能です。