SNSの浸透により注目を集めているSNS広告。SNS広告にもさまざまな種類があり「少額から出稿できる」「出稿後、リアルタイムで運用を行う」という共通した特徴はあるものの、それぞれのSNS広告どのような特徴や強みがあるのかイマイチわからないという方も少なくないようです。

この記事ではSNS広告に焦点をしぼり、SNS広告の特徴やそれぞれの使い分けの基本、活用シーン、注意点などについて解説します。

目次

  1. 「SNS広告」とは?
  2. SNS広告のメリット
  3. SNS広告の活用シーン
  4. どのSNSに広告出稿すべき?各SNSの特徴
  5. SNS広告で成果を上げるポイント
  6. SNS広告の注意点
  7. SNS広告は成果重視で運用しよう

▼Facebook広告の基礎についての資料はこちら

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告の配信に必要な情報や費用を解説します。

「SNS広告」とは?

SNS広告とは.jpg

SNS広告はFacebook、Twitter、Instagram、LINE、TikTokなどのSNSプラットフォームに掲載される広告のことを意味します。ここでは、SNS広告を掲載する手法やリスティング広告との違いについて詳しく解説します。

SNS上に広告を掲載する手法

自社が集客したい商材のLPやWebサイトの属性に合わせたターゲットを設定し、検索キーワードなどを考慮したキャンペーン設計を行います。広告や掲載箇所ややり方はSNSによって異なるので、広告を出したいSNSを選んでから設定していきましょう。

一度出稿したらそれっきりという買い切り型の枠買い広告と異なり、出稿した広告成果の状況に合わせてリアルタイムで運用できるという点が特徴です。運用型広告である以上、予算やターゲット、広告クリエイティブ、配信フォーマットなどを適宜改善しながら効果を高めていきましょう。

公式アカウントの「運用」との違い

SNSでは、通常のアカウント投稿を行う運用と、広告運用の2種類があります。どちらも投稿をタイムラインに表示させるという点では同じですが、広告出稿をする場合、通常の運用とは明確な違いがあります。

図_通常投稿とSNS広告の違い.png

● SNSで通常投稿した場合

Facebookであれば自社のFacebookページを「フォロー」しているユーザーや「いいね」をしたユーザーに投稿が表示されます。そして、投稿をみたユーザーによって拡散が広がるという性質があります。

● SNS広告の場合

ユーザー属性や居住地、趣味嗜好などに合わせてターゲティングでき、自社の広告とマッチするユーザーのタイムラインに広告を表示させることができます。その場合、必ずしも「いいね」や「フォロー」をしてもらう必要はありません。

つまり、SNS広告を用いることでフォロワーの獲得や拡散を狙わなくともターゲットしたユーザーに自社の投稿を表示させられるのです。両者は、どちらが優れているというものではなく、運用の目的が異なります。どちらか一方ではなく両立させるのが理想的と言えるでしょう。

リスティング広告など他のWeb広告との違い

リスティング広告もSNS広告と同じく「運用型広告」と呼ばれるネット広告の手法ですが、得意とする訴求方法が大きく異なります。

図_リスティング広告とSNS広告の違い.png

リスティング広告は、検索結果に表示される広告です。そのため、ユーザーは検索という行為を通じて広告に接触することになります。それは、「悩み」の場合もあれば「商品名でリサーチ」している場合もあります。必然的に何らかの解決策や情報を期待して検索しているケースが多いため、顕在層に向けた広告出稿に向いている広告と言えるでしょう。

一方でSNS広告は、ユーザーのタイムライン上に広告を表示させられるという特徴を持っています。もちろん、検索結果やハッシュタグを通じて能動的なユーザーへ向けた広告出稿も可能ですが、あくまで通常のタイムラインを流し見る中に、自然と広告を溶け込ませることができるのがSNS広告の特徴です。

そのため、何らかの悩み解決法や情報を探しているユーザーではなく、何気なくSNSを利用しているユーザー、つまり潜在層へのアプローチに適しているのです。

SNS広告のメリット

SNS広告を運用する前に、メリットを把握しておきましょう。メリットを得るためにはどのような運用方法が適しているのかを考えることが重要です。SNS広告には次のメリットがあります。

高い費用対効果が期待できる

SNS広告は、出稿時間や広告の種類などを細かく選択できるため、投資した費用に対して高い効果を得られやすい手法です。最初は費用に対して十分な効果を得られない可能性もありますが、トライアンドエラーを繰り返すことで費用対効果が高くなるでしょう。また、SEOコンテンツを配信し続ける方法と比べて即効性が高い点もメリットです。

精度の高いターゲティングが可能

SNS広告は、見込み客に直接伝わる広告を配信できます。ターゲティングの精度が高いため、購入見込みのない人物に配信し、無駄に費用をかけてしまうリスクがほとんどありません。また、見込み客の反応に合わせてメッセージや広告デザインの変更も可能です。

見込み客が置かれている状況や心理面などに応じて適切なアプローチができます。

潜在顧客にもリーチできる

SNS広告は、顧客になる可能性がある潜在顧客にもアプローチできます。タイムラインに表示された広告が目に入り、興味が出てくるケースは少なくありません。流し見をしているユーザーに対しても、広告のデザインを工夫することで詳細ページへのアクセスを促せます。

比較的ユーザーに受け入れられやすい

SNS広告は、明らかな宣伝ではなく、悩みにアプローチした内容のため、ユーザーに比較的受け入れられやすい手法です。また、出稿するSNSの雰囲気やターゲット層が好むデザインの広告を作成することも、受け入れられやすい理由と言えます。

拡散される性質がある

SNS広告は通常の投稿と同様にシェアボタンが付与されています。ユーザーが強い興味を持ったり、他の人に教えようと思ったりした場合、シェアされることでフォロワーや友達などへ伝わります。シェアする人が増えれば増えるほどに広く拡散され、大きな広告効果を得られるでしょう。

SNS広告の活用シーン

他企業がSNS広告を導入しているという理由だけでSNS広告を始めることはおすすめできません。目的意識を持って運用するためにも、SNS広告の活用シーンについて確認しましょう。

ブランドの認知拡大

SNS広告は、ターゲットに対して効果的にアプローチしたり存在を伝えたりできる手法です。そのため、ブランドの認知拡大に役立ちます。たとえ、現時点ではブランドに興味がなかったとしても、後から興味が出てきた際に見込み客へと変わる可能性があります。

ファンの獲得・育成

SNS広告をきっかけに商品やサービスの存在を知り、LPや記事コンテンツなどによる情報収集を経てファンになるケースがあります。また、すでにファンになっているユーザーがSNS広告で新情報を知り、ますますファンになることもあるでしょう。このように、SNS広告ファンの獲得と育成に活用できます。

どのSNSに広告出稿すべき?各SNSの特徴

代表的なSNS広告は「Facebook広告」「Instagram広告」「Twitter広告」「LINE広告」「TikTok広告」の5つです。リスティング広告と異なる強みを持っているSNS広告もあるため、広告出稿を検討する際は事前に特徴を把握してから決めるようにしましょう。各SNS広告の特徴について解説します。

Facebook広告の特徴

image5.jpg
Facebook広告

Facebook広告の特徴は、ターゲティングが詳細に設定できる点です。世界で16億人ものユーザーが利用しているFacebookの特徴である実名制SNSという特色を活かし、ユーザーが登録したプロフィールに合わせて、性別、年齢、居住地や趣味嗜好、そして既婚や未婚、大まかな職業(例:デジタルマーケティング職)などを設定することができます。

Facebookのニュースフィード以外にも、メッセンジャーやInstagram、提携しているアプリWebサイトにも広告を配信できるので、リーチを広げやすいのもメリットです。

Facebook広告の種類は、画像広告、動画広告、ストーリーズ広告、スワイプして広告を表示するカルーセル広告、軽量な動画を表示するスライドショー広告などがあり、その中から適した広告形態を選べます。

費用は自由に設定できますが、インプレッション課金とクリック課金が一般的です。動画の再生時間やアプリのダウンロード数に応じて費用が発生する課金制度もあり、自分で予算を決めて設定できるので自由度が高いという点もポイントです。詳細はこちらからご確認ください。

▼Facebook広告の基礎についての資料はこちら

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告の配信に必要な情報や費用を解説します。

Instagram広告の特徴

image1.jpg
Instagram広告

Instagram広告は、Facebook広告とほぼ同様の形で広告を出稿できます。なぜなら、InstagramはFacebookの傘下のサービスであり、同一の管理画面(広告マネージャ)からキャンペーン設計が行えるためです。

画像投稿のタイムラインに広告を出稿できるため、その他のSNS広告リスティング広告とくらべて視覚的な訴求を行いやすい商材と相性が良いという特徴があります。

画像を掲載する広告としてディスプレイ広告もあります。これは先にリスティング広告とSNS広告の違いという点で解説したとおり、検索キーワードを元に表示される広告であり、タイムラインに表示させることができるInstagram広告と訴求できるターゲット層が異なります。

Facebook広告同様にストーリーズ広告、写真広告、動画広告、カルーセル広告があり、さらにビジュアルを使ってターゲットに訴えかけるコレクション広告、興味のあるユーザーにアプローチする発見タブ広告もあります。詳しくはこちらからご確認ください。

▼Instagram広告の基礎についての資料はこちら

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告はじめてガイド

Instagram広告の特徴や配信前に知っておくべきことを解説します。

Twitter広告の特徴

image3.jpg
Twitter広告

Twitter広告は特定のキーワードをツイートしたユーザーや、特定のユーザーをフォローしているユーザーのタイムラインに広告を表示させることができます。匿名性の高いオープンなSNSという特色があるため、趣味嗜好や特定のトレンドキーワードに合わせた出稿に適しているといえるでしょう。

ターゲットを絞りこむという点では、Facebook広告リスティング広告が優れていますが、投稿が拡散した際の波及力に強みを持っているため、潜在層へのアプローチに適しています。

Twitter広告には20種類以上の商品オプションが用意されており、ツイート内容の魅力を最大限に引き出すフォーマットでアピールできます。管理画面から広告のインプレッション数(広告表示回数)、エンゲージメント数、結果あたりのコストなどを確認できるので、目的ごとにまとめてトラッキングし、どの手法が効果を上げているか確認しながら、将来の成功を後押ししていきましょう。Twitter広告こちらから作成できます。

Twitter広告の基礎についての資料はこちら

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

LINE広告

image2.jpg
LINE広告

LINEは各SNSプラットフォームの中でも最も規模が大きくユーザー数は約8600万人、利用者層も10〜60代と幅広いユーザーを抱えている国内最大級のプラットフォームです。SNS利用者中81.3%がLINEを利用していて、毎日LINEを使うユーザーが86%とアクティブユーザーの割合が高いのも特徴です。

SNS利用者の中でLINEのみ利用しているユーザーが約4割を占めており、ほかのSNSではリーチできないユーザーにもアプローチできます。

広告を掲載できる場所は、トークリスト最上部、LINE NEWS、LINEアプリのタイムライン、LINEマンガ、LINE BLOG、LINEポイントです。LINE広告ネットワークを経由して、3rd partyアプリへの広告配信もできます。

LINEには膨大な保有データがあるため、精度が高いターゲティングが強みで、LINE公式アカウントを活用し、関心度が高いユーザーを獲得することも可能です。また、LINE広告は少額からでも出稿できます。費用はクリック課金とインプレッション課金がメインですが、LINE公式アカウントの友達追加ごとに課金されるシステムもあります。

LINE広告は、こちらオンライン申し込みから手軽に配信設定を行えます。

▼LINE広告の基礎についての資料はこちら

LINE広告はじめてガイド

LINE広告はじめてガイド

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

TikTok広告

image4.jpg
TikTok広告

TikTokは、国内月間利用ユーザーが約1000万人、海外月間利用ユーザーが約5億人と爆発的に拡大している人気SNSアプリです。Instagramのストーリーのように、ショートムービーを気軽に投稿できることから、若い世代を中心に指示されています。若い世代に向けて広告を出稿したい際は積極的に活用しましょう。

TikTok広告では言語、年齢、性別以外にも基本情報、通信環境、興味関心、カスタマイズの4カテゴリに分けて高度なターゲティングができ、AIによってユーザー配信を最適化することも可能です。これはより強い興味関心を持つであろうユーザーに向けて広告を自動配信できるということです。

効果測定ツールもあるため、PDCAサイクルを回して費用対効果を改善することで、より効率的なSNS広告運用ができます。

TikTok広告の種類は、アプリ起動時に全画面表示される「起動画面広告」、ハッシュタグを活用しておすすめ動画を表示する「#チャレンジ広告」、おすすめ投稿内に10秒前後表示される「インフィード広告」などがあります。課金方法はクリック課金、インプレッション課金、再生課金、最適化クリック課金の4種類です。

2021年2月には世界175ヵ国で170万以上のショップが利用するマルチチャネルコマースプラットフォーム「Shopify」と提携し、Shopifyの利用者がダッシュボードからTikTokに広告配信できるようになりました。今後もさらなる拡大が期待されます。TikTok広告こちらから申し込みできます。

▼TikTok広告の基礎についての資料はこちら

TikTok広告はじめてガイド

TikTok広告はじめてガイド

ショートムービーで若者に訴求するならコレ!なSNS広告「TikTok広告」はじめてガイド

目的に応じてSNS広告を使い分ける

SNS広告は「運用型広告」であるため、運用の核となるリアルタイムで運用することが重要です。ただし、SNSプラットフォームごとに異なる特徴やユーザーの傾向を理解し、訴求しやすいターゲットの違いを把握した上で、どのSNS広告を活用するか選択しましょう。

もちろん、マーケティングの段階に応じて全ての広告を適切なタイミングで運用することがベストですが、自社で捻出できる広告費にも制限があるはずです。そのため、「潜在層の認知獲得」や「顕在層向けの購買獲得」のように、自社がいま取り組むべき目的はなにか、まず今一度考えてみることが大切です。

SNS広告で成果を上げるポイント

SNS広告は、事前準備で結果が決まると言っても過言ではありません。高い成果を挙げる
ために押さえておきたいポイントについて詳しく見ていきましょう。

ターゲットを明確にする

SNS広告は、特定のターゲットに対して広告を配信できることがメリットです。ターゲットが不明瞭だとメリットを得られません。また、ターゲットが不明瞭だと、メッセージやデザインもターゲットに合わないものとなり、十分な効果を得られなくなります。

コンバージョンポイントや成果指標を具体的に設定する

SNS広告のコンバージョンポイントや成果指標を具体的に設定し、数値を追うことが重要です。SNS広告から飛ぶLPの閲覧数、その先の商品やサービスの購入など、どこを目標にするのかを決めましょう。そして、目標を達成するために行うべき改善策を立て、トライアンドエラーを繰り返します。

ストーリーズを活用するなど見せ方も工夫する

ストーリーは、通常の投稿よりも目立つ場所に投稿されるため、多くの人の注目を集められます。また、タイムラインのようにスクロールする中でたまたま目に入るのではなく、画面いっぱいに広告が表示されるため、短時間でより多くの情報を伝えられます。

クリエイティブの差し替えは積極的に行う

SNS広告の成果が伸び悩んだときは、デザインやメッセージを積極的に変更しましょう。変更すると成果が出なくなることを懸念して改善策を実行しない場合、コストばかりかかる状況になる恐れがあります。クリエイティブな部分は積極的に差し替えて、より良い配信内容やデザインなどを早く見つけましょう。

広告以外の手法も組み合わせて成果の最大化を目指す

SNS広告だけでは、最終的な目標を達成することができません。広告から飛んだ先のLPの質が低ければ、商品やサービスは購入されないでしょう。また、情報提供用のSEOコンテンツの質も重要です。広告以外の手法と組み合わせて成果の最大化を目指しましょう。

SNS広告の注意点

SNS広告の運用を誤ると、成果が出ないばかりか炎上によって企業の評判が落ちる恐れがあります。SNS広告を運用する際は次の注意点を押さえましょう。

炎上リスクを避ける運用を心掛ける

SNS広告は多くのユーザーの目に触れるため、不謹慎や不快な内容の広告を出稿すると、またたく間にシェアされて炎上する恐れがあります。炎上リスクを避けることを前提に運用しましょう。特に社会問題に触れる場合は、炎上のリスクがないか十分にチェックが必要です。

コンバージョンを正確に計測する

コンバージョンを正確に計測しない場合、適切な改善策を立てられません。また、売上予測も正確に立てられないため、マーケティング施策に大きな影響が及びます。コンバージョンは正確に計測し、定期的に広告内容や配信時間、デザインなどを見直しましょう。

SNS広告は成果重視で運用しよう

SNS広告の主な活用シーンは、ブランディング見込み客の獲得・育成などです。これらの目的を達成するために、SNS広告は成果重視で運用しましょう。また、Facebook広告やInstagram広告Twitter広告など、それぞれ特徴が異なります。

取り扱う商品やサービスの性質、見込み客の年齢層や性別など、さまざまな観点からベストな媒体を選択しましょう。

▼Facebook広告の基礎についての資料はこちら

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告はじめてガイド

Facebook広告の配信に必要な情報や費用を解説します。

関連記事

LINE(ライン)広告の強みとは?広告の特徴やメリットを紹介

LINE(ライン)広告の強みとは?広告の特徴やメリットを紹介

圧倒的なリーチを誇る「LINE広告」では、今や連絡手段として多くの人に活用されているLINEを使って広告を配信することができます。この記事では、LINE広告にはどのような特徴とメリットがあるのかについて解説します。

ビジネス活用が進んでいるTikTok。今さら聞けないサービスの特徴と基本の使い方

ビジネス活用が進んでいるTikTok。今さら聞けないサービスの特徴と基本の使い方

近年、ますます大きく成長しているTikTok(ティックトック)。ビジネス機能を備えたことで、SNSマーケティングにおいては無視できない存在となりました。しかしリリースから数年経ち、今更「TikTokって何?」なんて聞けませんよね。今回はTikTokをマーケティング施策として導入したい企業・担当者に向け、TikTokの特徴や基本的な使い方などを改めて解説します。