まずやってみて知見を貯めていこう

ライブ配信は、動画コンテンツに比べれば手間も予算もかからずできるというのが最大の特徴です。そして、視聴者との相互コミュニケーションにより成立するコンテンツです。

テレビ番組の生放送のようなクオリティを目指すと大掛かりになり手間も予算も必要になりますが、こじんまりしたライブ配信ならば、今すぐにでも始めることが可能です。

手軽にできるという利点を活かし、まずはライブ配信をやってみて、トライアンドエラーを繰り返して自社に最適な形を探っていくというやり方が一番ですし、そういうことができるのも魅力です。

あまり固く考えず、とにかく初めてみて、やりながら知見を貯め自社のスタイルを作っていくのがいいのではないでしょうか。

関連記事

動画広告市場が伸びる中でどのメディアを選ぶべき? 各SNSの特徴と動画制作のポイント

動画広告市場が伸びる中でどのメディアを選ぶべき? 各SNSの特徴と動画制作のポイント

スマートフォンの普及によりどこでもインターネットが使えるようになった現代。新しい通信システム「5G」も登場したことで、コンテンツの動画化も急速に進んできました。動画の時代に突入した今、2019年の動画広告市場規模は2018年比で141%の2,592億円という調査データも出ています。動画広告市場が伸びているこの時代で、これからどんなメディアを選んで広告を運用していけばいいのでしょうか?今回は各SNSメディアの特徴と動画との親和性、広告用動画の制作のポイントをまとめました。

動画広告は何種類あるの?メリットや注意点を紹介!

動画広告は何種類あるの?メリットや注意点を紹介!

リスティング広告やFacebook広告をはじめ、広告の種類はさまざまです。記事では代表的な、インストリーム広告、インバナー動画広告、インリード動画広告について紹介するとともに、そのメリットや作成する上での注意点についても説明していきます。