今やどのような業種でもWebマーケティングは欠かすことのできない存在となり、ほぼ全ての企業が「ホームページ」を持つ時代となりました。
そのような背景もあり、CMSの登場をきっかけにホームページ作成のハードルは年を追う毎にどんどん低くなり、ブログを作るような感覚で簡単に短時間で制作できるようになっています。

しかし、制作が簡単になった分、「とりあえず作ってみて様子を見る」というような運用をされている方も少なくないのではないでしょうか。
ホームページはただ作っただけでは意味を持ちません。

今回は、ホームページ制作時に必ず踏むべきプロセスについて解説します。

ホームページにはコンセプトが不可欠

Webで収益を上げたい、インバウンド営業を強化したい、ブランド認知を広めたい等、企業としてホームページを立ち上げる目的は様々です。
ただ、どのような目的であれ、ホームページを作る時に避けて通れないのは「どのような人にどのような内容を訴求したいか」を明確にする作業です。

その2点を明確にし、チームメンバー内で共有できれば、ホームページの構成やコンテンツ内容を迷いなく制作できます。

コンセプトを明確にするために使うべきフレームワーク

コンセプトとは、自社の事業を端的にするものでもあります。
事業のコンセプトが明確になっているかどうかを確かめるには、以下のフレームワークに事業内容を当てはめてみましょう。

誰の
どのような問題を
どのように解決するのか

この3つを端的に表現することができれば、コンセプトは明確となり、認識のズレも小さくすることができるので、ホームページの設計やコンテンツ内容もスムーズに決めることができます。

逆に、この3つにうまく当てはめられなかったと思った方は、各項目をどのように明確にすればいいのかを以下の解説を読んで考えてみましょう。

誰の(ペルソナ設計)

まずは誰に届けるためにホームページを作るのかを決めましょう。
ホームページに限らず、マーケティングを実施する際、ターゲットユーザーを具体化し、架空の人物を設定するペルソナ設計を行うのが一般的となりつつあります。

既に商品やサービスを保有している企業であれば、自社のターゲットユーザーをより具体化し、そのままペルソナに落としこむか、もしくはWebに寄せたペルソナ像を作る必要があるかもしれません。
ペルソナを設計することで、どのような人物が、どのような課題を抱えているのか、どのようなタイミングでどのような目的を持って自社ホームページと接触しているのかがイメージしやすくなります。

ペルソナはホームページを作成するうえで最も重要なフェーズです。
市場調査やユーザー調査などを元に、実際にコンバージョンに繋がりそうなリアルな人間像を描いてみましょう。

参考
ホームページ運営に欠かせない!ペルソナの設定方法とは?

どのような問題を(ペルソナが抱える問題を明確にする)

ペルソナを明確にしたら、次は彼らがどのような課題を抱えているのかを考えましょう。
ホームページ上で自社商品やサービスを売り込むのであれば、ペルソナが自社ホームページに訪れた際、どのような問題を抱えているのかを推測する必要があります。

自社で解決できる問題を発見することが前提となりますが、ここでやってしまいがちなのが「自分たちの都合の良い問題」を設定してしまうことです。
 
例えば、あらゆるものに柄をプリントできる技術を持った企業が、女性向けのデスク周辺アイテムの新商品企画を考え、「女性は花柄や星柄のマウスを使いたいけど、実際はシンプルなデザインのものが流通している。」という問題を設定したとします。
果たして、女性は本当に花柄や星柄のマウスが欲しいのでしょうか。
もし本当にそのようなニーズがあった場合、なぜシンプルなマウスが主流なのでしょうか。
 
「自社でできること」「ペルソナが持つ問題」をないまぜにしてしまうと、問題の本質からは大きく遠ざかってしまいます。
問題の本質をつくためには、ペルソナの人格を徹底的に掘り下げ、本人ですら意識していないニーズを掘り起こすと同時に、市場データを収集しマスの性質も掴むというように、虫の目と鳥の目を持つスキルが必要です。

どのように解決するか(どのようにペルソナの問題を解決するか)

ペルソナと、ペルソナが抱える問題を見出すことができれば、後は自社のリソースをどれだけ活用できるかを考えるだけです。
上記2つは自社のリソースを前提に考えるものなので、その2つが決まっていれば解決策は案外簡単に出てくるものです。

例えば、弊社が運営するスマートフォンケースECのphocaseで解説します。
phocaseのペルソナは、20~30代のAndroid端末を所持する女性です。
彼女らは、Android端末に自分の好きなデザインのスマホケースが無いという問題を抱えています。(Android端末は入れ替わりが激しいため、iPhoneのように豊富なデザインが揃っている機種が少ない傾向にあります。)

その問題に対して、phocaseは受注生産方式を採用し、豊富なデザインを揃えることに成功したAndroidスマホケースを提供し、デザインが少ないことに不満を抱くペルソナの問題解決を図っています。

まとめ

インターネットは双方向性が強みですが、一般的なホームページだと、ユーザーとの最初の接点はテキストや画像、音声、動画などの一方的なコミュニケーションから始まる場合がほとんどです。
そのような一方的な訴求でユーザーの興味をひくためには、ユーザーの問題を解決できるということを端的に伝えられなければいけません。

また、自社商品やサービスによってペルソナの問題解決をするのであれば、まずはペルソナに選ばれなければスタート地点に立つことはできません。
競合がいる中でどう差別化し、ペルソナに選んでもらうのか。自社サービスの強みを明確にするのであれば3C分析も欠かせない要素です。

これからホームページを制作するのであれば、自社の事業を深く理解することが何より重要になります。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

マーケティングの基本である市場分析とポジション
ブランディングで集客数はほとんど変わらなくても売上1.3倍
セールスフロー理解の重要性と具体的事例

Web戦略カリキュラム

Web戦略カリキュラム

Webマーケティングを実践するうえで、まずは押さえておくべきWeb戦略の基礎カリキュラムです。Web戦略の基礎は、様々なプロモーション手法やマーケティング活動の基本と言える考え方なので必ず押さえましょう。