Googleフォームは、GoogleスプレッドシートをはじめとしたGoogleアプリと連携できるため、収集した回答データをスムーズに活用できます。Googleフォームでは様々な形式の回答を集められますし、回答を他のツールに送ることなどもできます。

この記事では、Googleフォームへの回答を確認する方法やGoogleフォームで集められる回答の種類などを解説するとともに、回答率を上げる方法をご紹介します。さらに、Googleフォーム以外のフォーム作成ツールも紹介するので、参考にしてみてください。

【有料ユーザー数No.1】ノーコードで簡単作成&カスタマイズ!デザイン性も高いフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【有料ユーザー数No.1】ノーコードで簡単作成&カスタマイズ!デザイン性も高いフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

回答の自動集計やチャットツールとの連携にも対応!テンプレートが豊富で無料でも利用できるのでまずはお試しください。

目次

  1. Googleフォームで回答を確認する方法
  2. Googleフォームの回答をメールやチャットへ送る方法
  3. Googleフォームで集められる回答の種類
  4. Googleフォームの回答をスマホから確認する方法
  5. Googleフォームの回答を増やす方法
  6. Googleフォームより柔軟性に優れたフォーム作成ツール6選
  7. Googleフォームとフォーム作成ツールを合わせて使おう

Googleフォームで回答を確認する方法

Googleフォームは、質問ごと、ユーザーごとに回答を確認できます。また、Googleスプレッドシートと連携することで回答の一覧表示も可能です。Googleフォームの回答の確認方法と、Googleスプレッドシートで回答の一覧を確認する方法を詳しくご紹介します。

質問ごとの回答を確認する方法

image7.jpg

まずはGoogleフォームを開いて「回答」クリックします。次に「質問」タブを選択すると、上記のように質問項目を選択できるプルダウンメニューが表示されます。メニューから回答を確認したい質問を選択すると、質問ごとの回答を確認できます。

また、プルダウンメニュー右側の「>」をクリックすると、2つめ以降の質問への回答の確認も可能です。

ユーザーごとの回答を個別に確認する方法

image9.jpg

ユーザーごとの回答を確認する際は、「個別」タブを選択します。複数の回答者がいる場合は、「」をクリックして任意のユーザーの回答を確認できます。

数値の部分をクリックすると編集することができ、「10人目の回答内容を確認したい」といった場合に便利です。

フォーム内に「名前」という質問を設けておくと、目当てのユーザーの回答を調べやすくなりますが、回答したユーザー数が多い場合、目当てのユーザーを探すのに時間がかかります。

その場合は、Googleスプレッドシートに一覧表示するのがおすすめです。

回答をスプレッドシートで確認する方法

Googleスプレッドシートに回答内容を一覧表示させると、アンケート結果を複数人で手軽に共有できます。スプレッドシートに表示される情報は、タイムスタンプ(回答した年月日・時間)と質問、回答内容です。

image8.jpg

回答をGoogleスプレッドシートで確認したい場合は、Googleフォームの右上にあるGoogleスプレッドシートのアイコンをクリックして、「新しくスプレッドシートを作成」か「既存のスプレッドシートを選択」のいずれかを選びましょう。

既存のスプレッドシートを選択する場合は、指定したスプレッドシートにGoogleフォームの回答リストを反映させるシートが作成されます。

Googleフォームの回答をメールやチャットへ送る方法

Googleフォームの回答は、第三者へメールやチャットで手軽に送信できます。メールやチャットで回答を共有する方法は次のとおりです。

回答をメールへ送る方法

image11.jpg

Googleフォームを作成した人物が回答を直接受け取りたい場合は、Googleフォームの「回答」の右端にある「点が縦に3つ並んだ三点リーダー」をクリックし、続いて「新しい回答についてのメール通知を受け取る」をクリックします。画面の左下に「メール通知は有効になっています」と表示されたら成功です。

フォームへの回答がメールで届けば、毎回GoogleフォームGoogleスプレッドシートにアクセスする必要がなくなります。

回答をチャットへ送る方法

Googleフォームには、回答をチャットへ通知する機能は搭載されていません。Google Apps Scriptというプログラミング言語を使うことで、Chatworkの任意のルームへ通知を送ることも可能ですが複雑な設定を行わなければなりません。

Google Apps Scriptを使って、任意のチャットにGoogleフォームの回答を投稿できるようにするためのコードを作成する他、ルームIDの設定などを行う必要があるのです。

プログラミング知識がある方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

Googleフォームで集められる回答の種類

Googleフォームでは、次の形式で質問を設置できます。

形式 概要
ラジオボタン 複数の候補の中から1つを選択する仕組みです。「はい・いいえ」や性別などの質問に向いています。
チェックボックス 複数の項目を2つ以上選択できます。「2つ以上の回答必須」「最大3つまで選択OK」など、条件も設定可能です。
プルダウン 都道府県や部署など、回答候補がわかっている場合に使用します。選択数が多く、チェックボックスでは読みづらくなる場合に便利です。
均等メモリ 数値で段階評価ができる仕組みです。最小値を0~1、最大値を2~10に設定できます。また、ラベルに数値の説明を入力できるため、回答の正確性を高められます。
グリッド式 ラジオボタン 1つだけ回答できる質問を複数作成し、それを表にします。
グリッド式 チェックボックス 複数回答ができる質問を複数作成し、それを表にします。
自由入力欄 短文回答ができる「記述式」と長文回答ができる「段落式」があります。また、回答の最小文字数と最大文字数を指定できます。
日付の入力 任意の日付を入力できます。イベントやセミナーなどの出欠確認や、生年月日の調査に役立ちます。
時刻の入力 時刻を入力できます。1つの作業にかかる時間や都合の良い時刻などを質問する際に役立ちます。
ファイルアップロード機能 回答者がファイルをアップロードできる機能です。ファイルの種類や最大ファイルサイズを設定できます。
ラジオボタン 条件分岐機能付き 回答内容に応じて次の質問を条件分岐できる機能です。不要な質問への回答を防止できるため、回答と集計の負担を軽減できます。

Googleフォームの回答をスマホから確認する方法

Googleフォームへの回答は、Android端末やiOS端末から確認することもできます。次の手順で回答ページにアクセスし、回答内容を確認しましょう。

  1. ブラウザ(Safari・GoogleChromeなど)から確認したいGoogleフォームURLにアクセスする
  2. Googleフォームを使ってみる」→「Googleフォームのロゴ」の順にタップ
  3. Googleドライブのマイドライブが表示されたら、回答結果を確認したい「フォーム」をタップ
  4. 「回答」タブに切り替えれば回答が表示される

Googleフォームの回答を増やす方法

Googleフォームへの回答率を高めるには、質問の項目数やセキュリティ対策など、さまざまな工夫が必要です。Googleフォームの回答を増やす方法を詳しく解説します。

項目数を減らす

フォーム内に設置する項目数は、できる限り減らすようにしましょう。

質問数が多すぎると、ユーザーは回答するのが面倒になり離脱につながります。時間がないユーザーの場合は、さらに離脱するリスクが高まるため、アンケートの質問数は最小限に留めることが大切です。

フォームを公開する前に各質問を確認し、本当に必要なものあるかを検討しましょう。どうしても質問数が多くなる場合は、アンケートを2つに分けて、回答期限を別日に設定しましょう。1回のアンケートにまとめる場合と比べて回答率が上がる可能性があります。

個人情報保護情報を掲載する

Googleフォームの回答を増やすためには、フォーム内に個人情報を保護する旨の情報を掲載することが重要です。

個人情報の漏えいを懸念して、Googleフォームへの回答するかどうか悩むユーザーもいます。個人情報保護に対する考え方や取り組みを記載し、情報漏えいに対する不安を解消することで、回答率が上がる可能性があります。

記載すべき個人情報保護の内容は次のとおりです。

  • 回答を使用する目的
  • 目的以外の用途で使用しない旨
  • 安全に保管する旨
  • 第三者へ渡す際は本人の同意を得る旨
  • 本院からの個人情報の開示請求に応じる旨

個人情報アンケートへの回答を依頼する際に伝えるか、Googleフォームの上部にある「フォームの説明」に記載しましょう。

参考:個人情報保護法の5つの基本チェック|個人情報保護委員会

デザインを工夫する

Googleフォームのデザインを工夫すると、回答率が上がる可能性があります。GoogleフォームWebサイトに埋め込む場合、フォームデザインがサイトに馴染んでいないとユーザーは違和感を覚え、回答率をやめてしまうこともあるのです。

サイトのテーマカラーやアクセントカラーに合わせてGoogleフォームのテーマの色を揃えると、統一感が出るでしょう。

image10.jpg

Googleフォームの右上にある「テーマをカスタマイズ」のアイコンをクリックすると、「ヘッダー画像」「テーマの色」「背景色」「フォント」を変更できます。回答率を高めるためにも、細部までこだわって設定しましょう。

ただし、Googleフォームのデザインを細かくカスタマイズするためにはGoogle Apps Scriptによるコーディングが必要となるため注意が必要です。

選択肢をわかりやすくする

ラジオボタンやチェックボックス形式などの質問において、回答の選択肢がわかりやすくなると、回答率が上がる可能性があります。選択肢がわかりにくいと、どの選択肢を選べばいいのか悩んでしまい、ストレスを感じて離脱することが考えられます。

ユーザーを迷わせる不要な選択肢の排除、抽象的ではなく具体的に記載する、「その他」や「どれもあてはまらない」といった選択肢を設置するなど、さまざまな工夫をして回答者のストレスを軽減させましょう。

セキュリティ対策を行う

ユーザーの個人情報を扱うフォームでは、セキュリティ対策を行うことが必須です。セキュリティ対策を実施している旨を通知することで、Googleフォームへの回答率が高まる可能性があります。

Googleフォームでは、SSL/TLS、365日・24時間体制での監視など、セキュリティ対策が充実していますが、必ずしも情報漏えいしないとは言い切れません。

アカウント情報の流出や、回答ページURLの外部への流出などが原因で、回答者の個人情報が漏えいする恐れがあります。回答データを厳正に管理する体制を敷き、セキュリティ対策を徹底することで、ユーザーも安心して回答できるようになります。

Googleフォームより柔軟性に優れたフォーム作成ツール6選

Googleフォームよりも柔軟性に優れたフォーム作成ツールを6つ紹介します。それぞれの特徴を紹介するとともに、デザインテンプレ―トやデザインのカスタマイズ性、セキュリティ対策などについて詳しく解説します。

1.formrun(フォームラン)

image2.jpg

formrun(フォームラン)は、スタートアップや大企業などを含め合計10万人以上が活用しているツールです。フォームの設置から問い合わせ対応状況の管理、メール対応、顧客管理まで、フォームに関わる業務を一元管理できます。

豊富なフォームテンプレートが用意されており、テンプレートの中から必要な項目を追加するだけで簡単にフォームを作成できるため、コードの知識は不要です。

また、Googleフォームでは設定が難しいチャットツール(Chatwork、Slackなど)への通知も、ノーコードで簡単に設定できます。Googleスプレッドシートとの連携が可能であり、世界トップシェアを誇るSFA・CRMツール「Salesforce」へのエクスポートにも対応しています。

2.Zoho Forms(ゾーホー・フォーム)

image1.jpg

Zoho Forms(ゾーホー・フォーム)は、コーディング不要で40種類以上の項目を設置でき、テーマ・状況別のテンプレートを使用できるツールです。

シンプルなユーザーインターフェイスで見やすいため、回答率の向上が期待できます。取得したデータは、Googleスプレッドシートへのエクスポートやアプリへのデータ送信に対応しています。

フォームは特定のユーザーにのみ配信でき、組織外への情報流出を防げます。また、新たな回答の度に関係者全員へメール通知が送られるため、回答を見逃す心配がありません。

3.Form Mailer(フォームメーラー)

image4.jpg

Form Mailer(フォームメーラー)は、ドラッグ&ドロップの直感的な操作で、アンケートや投票、注文フォームなどを作成できるツールです。登録数は40万アカウント以上で、個人や大企業、教育機関、官公庁など、さまざまな人・企業が利用しています。

郵便番号を入力すると住所が自動検索されるなど、回答者の負担を軽減する仕組みが充実しているため、回答率の向上が期待できます。また、さまざまなテンプレートが用意されており、目安時間20分でフォームを作成できる点も特徴です。

4.Questant(クエスタント)

image3.jpg

Questant(クエスタント)は、直感的な操作でアンケートを作成できるツールです。ネットリサーチ企業のマクロミルが、ノウハウを結集して開発しました。70以上のアンケートテンプレートから、アンケート内容に適したデザインを選べます。

回答用のURL・QRコードを自動発行できるため、アンケートの作成から回答依頼までスムーズに行えます。アンケート結果はリアルタイムにグラフへ反映され、任意の色や形に変更可能なため、Web上ですぐにプレゼンテーションできます。

5.Tayori(タヨリ)

image6.jpg

Tayori(タヨリ)は、フォーム作成から問い合わせ対応状況の管理、FAQの作成まで対応したカスタマーサポートツールです。チーム内でのナレッジベース共有やイベント・セミナー申込者の管理、業務マニュアルの作成・共有など、バックオフィス業務をトータルサポートできます。

直感的な操作が可能なため、ITツールの利用に慣れていない方でも、アンケート内容の編集や更新をスピーディーに対応可能です。回答は自動的にグラフ化されるため、顧客ニーズやフォーム改善のヒントを素早く確認できます。

6.SurveyMonkey(サーベイモンキー)

image5.jpg

SurveyMonkey(サーベイモンキー)は、アンケートの作成から集計・分析までワンストップで行えるツールです。個人向けプランと法人向けプランがあり、法人向けプランにはより高度なセキュリティ対策が施されています。

日本語や英語、中国語など主要な言語に対応しているため、グローバル企業も導入できます。世界33万社以上が導入しているため、信頼性が高いツールと言えるでしょう。また、アンケートの作成数は無制限で、追加料金がかかる心配がありません。

Googleフォームとフォーム作成ツールを合わせて使おう

Googleフォームでは様々な形式の回答を集めることができ、回答内容も簡単に確認できます。ただし、回答の通知をチャットツールで受け取るためには複雑な設定が必要となるため、Googleフォーム以外のフォーム作成ツールもあわせて活用しましょう。

formrunは、フォーム作成から顧客・問い合わせ管理までを一貫して行えるツールです。カンバン画面から、問い合わせなどのステータスを簡単に管理でき、管理画面からは個別メールの送信も可能です。

作成したフォームは数クリックでWebサイトに埋め込むことができ、デザインや機能もノーコードで編集できます。SlackやChatwork、TeamsなどのチャットツールやGoogleスプレッドシートとの連携にも対応しています。

formrunはアカウント登録後すぐに利用できる上に無料プランもありますので、まずはお気軽に試してみてください。

【有料ユーザー数No.1】ノーコードで簡単作成&カスタマイズ!デザイン性も高いフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

【有料ユーザー数No.1】ノーコードで簡単作成&カスタマイズ!デザイン性も高いフォーム作成ツール「formrun」はこちら!

回答の自動集計やチャットツールとの連携にも対応!テンプレートが豊富で無料でも利用できるのでまずはお試しください。