こんにちは。株式会社WACULの鐙谷 直貴と申します。Webサイトを運営する上で重要なことは、「現状の把握」と「発見した課題の改善」です。そのためにはWebサイトのパフォーマンスを把握する必要があり、多くの企業が解析ツールとして高機能な「Googleアナリティクス」を導入されています。

しかし、Googleアナリティクス自体は高機能であるがゆえ、管理画面上には馴染みのない用語も多く、初心者であれば使い慣れるまでに時間がかかることもあります。使い慣れる前に心が折れそう、と感じる方も少なくないのではないでしょうか。

今回は、Googleアナリティクスから得られる膨大な情報の中でも、まさに“ここだけ見ておけば大丈夫”というような見るべきポイントを厳選してご紹介します。記事の前半では、Googleアナリティクスを使った確認手順を解説するので実際に操作しながら、Googleアナリティクスの使い方に慣れていきましょう。

また、記事の後半では、弊社が提供しているアクセス解析ツール「AIアナリスト」をご紹介します。

目次

  1. Googleアナリティクスで見るべきは「訪問数」と「コンバージョン率」
  2. 訪問数を確認する3つのポイント
    1. まずは集客の全体像を把握する
    2. どこからWebサイトに訪問しているかを知る
    3. どのデバイスからアクセスしてくるのかを知る
  3. コンバージョン率を確認する4つのポイント
    1. どの流入元からのコンバージョン率が高いかを把握する
    2. 重要なページへがどのように見られているか把握する
    3. 申し込みフォームの離脱率を把握する
    4. 特定のページを見たあとのコンバージョン率を把握する
  4. アクセス解析作業をすべて自動化するツール「AIアナリスト」

Googleアナリティクスで見るべきは「訪問数」と「コンバージョン率」

Webサイトを運営する上で、商品購入数や会員登録数など、最終的なゴールであるコンバージョン数(目標を達成した数)を増やすことが必要不可欠。

ちなみに、コンバージョン数とは以下の計算式で成り立ちます。

コンバージョン数 = 訪問数(集客数)× コンバージョン率(成約率) 

この計算式からも分かるように、実は見るべきポイントはたった2つなのです。

訪問数Webサイトへの集客がうまくいっているか)
コンバージョン率(集客したユーザーがコンバージョン数に結びついているか)

この2点は、アクセス解析ツールを日々チェックしながら、Webサイトのパフォーマンスを把握しておきましょう。

以下では、それらをチェックする際のポイントについて解説しています。

訪問数を確認する3つのポイント

まずは集客の全体像を把握する

まずは全体的な集客状況を把握しましょう。Googleアナリティクスでは、期間を指定してデータを調べることができます。画面の右上の日付部分をクリックして、確認したい期間を入力しましょう。

基本的には、過去1ヶ月間を設定すれば現状の把握には問題ありません。
まずは集客の全体像を把握する-1.png
集客の全体像を把握するために、左メニューの[ユーザー > サマリー]をクリック。
まずは集客の全体像を把握する-2.png
以下の画面から、全体数値を確認できます。その中でも代表的な4つの指標をご紹介します。
3.png

セッション

Webサイト訪問があった数を指します。1回の訪問につき、セッション数は1とカウントされますが、ブラウザを閉じる、日付をまたぐ、Webサイト内で30分操作せずにいた場合、次の訪問が新しいセッションとしてカウントされます。

ユーザー

Webサイトを訪れたユーザーの数を指します。例えば、1人のユーザーが同一のWebサイト5回を閲覧した時、セッション数は”5”、ユーザー数は”1”になります。

ページビュー数

Webサイトで見られたページの数を指します。1回の訪問で10ページを見られた場合、セッション数は”1”、ページビュー数は”10”となります。

もし、セッション数とページビュー数がそれほど変わらない場合、ユーザーWebサイト内を回遊できていない可能性があるので改善が必要です。

直帰率

ユーザーが初めて訪れたページ(入口ページ)だけを見て、Webサイトから離れる行動のこと「直帰」といいます。直帰率とは、全体のセッションのうち、直帰した割合を指します。

例えば、他のページと比較して直帰率が極端に高い場合、そのページユーザーの期待と異なっている、もしくは機能的な問題の可能性があるので改善が必要。

どのページが入口として見られているかは、左メニューの[すべてのコンテンツ > ランディングページ]から確認できます。

どこからWebサイトに訪問しているかを知る

これで集客の全体像が分かったのではないでしょうか。次に知りたい情報が、ユーザーがどこからWebサイトを訪れたかです。左メニューの[集客 > すべてのトラフィック > チャネル]をクリックしてください。
どこからWebサイトに訪問しているかを知る-1.png
経路別でWebサイトへ訪れている数値が表され、どこが最も集客に貢献しているのかが、こちらの画面で確認できます。それぞれの用語について確認していきましょう。
どこからWebサイトに訪問しているかを知る-2.png

Organic Search

Googleなどの検索エンジンで検索し、その結果から流入した訪問を指します。この項目をクリックすると、どのキーワードからの流入があったか詳細を確認できます。もし、狙っているキーワードからの検索割合が少ない場合、SEO対策を見直すべきと判断できます。

ちなみにOrganic Searchの内訳を確認すると「not provided」が表示されますが、「not provided」は何らかの理由でキーワード情報を取得できなかったことを指します。「not provided」の詳細データを分析する方法は以下の記事でご覧いただけます。

Googleアナリティクスで検索キーワードを確認しよう

Paid Search

GoogleやYahooでの検索結果画面に表示される検索連動型広告リスティング広告)から流入した訪問を指します。

Direct

リンク元がない訪問を指します。お気に入り登録からの訪問や、スマートフォンのアプリを利用した訪問などがDirectに分類されます。

Referral

他のサイトからリンクをクリックして流入した訪問を指します。この項目をクリックすると、どのWebサイトから流入があったか詳細に確認できます。

Social

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアから流入した訪問を指します。

Display

Yahoo!ディスプレイアドネットワークやAdWordsなどのディスプレイ広告をクリックして流入した訪問を指します。

Other

上記の項目に該当しない訪問を指します。

どのデバイスから閲覧しているかを知る

次に、どのデバイスを使って閲覧したかです。[ユーザー > モバイル > サマリー]のメニューを選択してください。
どのデバイスから閲覧しているかを知る-1.png
どのデバイスを使って閲覧しているかを知り、前述でもご紹介した訪問データを踏まえつつ、優先的に改善すべきなのはPC用サイトなのか、スマートフォン用サイトなのかを判断します。
どのデバイスから閲覧しているかを知る-2.png
左側の「デバイスカテゴリ」というのが、ユーザーが使用したデバイスです。mobile(携帯・スマートフォン)、desktop(パソコン)、tablet(タブレット)の3種類について訪問数を確認できます。

コンバージョン率を確認する4つのポイント

どの流入元からのコンバージョン率が高いかを把握する

先ほどの各流入元のコンバージョン率をみることで、どの経路が最もコンバージョンに貢献しているかを判断できます。各流入元の集客数をみるのと同様に、左メニューの[集客 > すべてのトラフィック > チャネル]をクリック。
どの流入元からのコンバージョン率が高いかを把握する-1.png
コンバージョン率・コンバージョン数の項目があり、各流入元から訪れたユーザーが成果に結びついているかを確認できます。1番上の行では、Webサイト全体でのコンバージョン率・コンバージョン数が表示されます。
10.png
もし、コンバージョン率が低い流入元があった場合、Webサイトに訪れる直前でのユーザーの期待と、実際にWebサイトを訪問した後のコンテンツがズレている可能性があります。流入元の誘導方法を見直す、あるいは訪れたページコンテンツを改善すべきと判断できます。

<補足>Webサイトの目標設定
コンバージョンの項目は、事前にGoogleアナリティクスで目標設定をすることで確認できます。以下のページを参考にぜひ設定してみてください。
Googleアナリティクスでサイトの目標設定をしよう

重要なページへがどのように見られているか把握する

訪れたコンテンツが、そもそも閲覧されているか、熟読されているかを確認する方法をご案内します。左メニューの[行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ]の順番にクリックしてください。
重要なページへがどのように見られているか把握する-1.png
こちらの画面で、各ページページビュー数、平均滞在時間(※1)と離脱率(※2)を確認し、コンテンツが閲覧されているか、ページが熟読されているかを判断できます。特定のページを調べたい場合は、右上の検索フォームURLを入力してください。
12.png

(※1)平均滞在時間:同一ページ内でユーザーが留まっている平均時間を指します
(※2)離脱率:そのページを最後にWebサイトから離脱したユーザーの割合を指します

ここで特定ページの平均滞在時間がコンテンツのボリュームに対して短い、または離脱率が高い場合、コンテンツユーザーの期待に沿っていない可能性があります。誘導方法、またはコンテンツを見直す必要があります。

また、離脱率が高い場合、別ページから特定ページへの誘導が適切にできていないことで離脱している可能性があります。Webサイト内メニューの一覧性を高めるか、関連性の高い別ページへの誘導を強化しましょう。

申し込みフォームの離脱率を把握する

次に、見落とされがちでもある申し込みページ離脱率を確認しましょう。例えば、申し込みフォーム画面で入力する項目数が多すぎるあまり、ユーザーが面倒に思って離脱するケースは少なくありません。

[コンバージョン > 目標 > 目標達成プロセス]の順にクリックして、申し込みフォーム離脱率を調べましょう。
申し込みフォームの離脱率を把握する-1.png
表示されたグラフには、どこでユーザーが離脱しているのかを視覚的に把握できます。離脱率が高いページについては、入力項目の数を減らしたり、入力時のエラーを分かりやすく表示したりする改善(EFO/入力フォーム最適化)の余地があります。

特定のページを見たあとのコンバージョン率を把握する

直接コンバージョンに関係がなくても、間接的に特定のページがコンバージョンに貢献する場合があります。ここでは、どのページを閲覧した結果、コンバージョンに至ったかを確認する方法について説明します。

まず、ページ上部の「+セグメント」をクリックして、「+新しいセグメント」を選択しましょう。
15.png
そして、以下のように、条件のエリアに「目標(完了数) , セッションごと , ≠ , 0」と入力。セグメントの名前は「資料DL」のような分かりやすい名前にして保存することをオススメします。
特定のページを見たあとのコンバージョン率を把握する-2.png
「目標(完了数)」は、目標を既に登録している場合のみ設定可能で、登録していない場合は目標のURL(購入完了ページURLなど)を入力してください。
特定のページを見たあとのコンバージョン率を把握する-3'.png
縦軸に「資料DL(=コンバージョン数)」、横軸に「ページビュー数」をはじめとする各種項目が表示されます。
18'.png
このセグメントを追加した状態で、右上の検索窓から特定のページを絞り込むと、そのページ訪問数・コンバージョン数を確認できます。
19.png

訪問数とコンバージョン率に応じて、上記のような改善方針を立てることができます。Webサイト全体のコンバージョン率を高めるために、ぜひご検討ください。

アクセス解析作業をすべて自動化するツール「AIアナリスト」

ここまでGoogleアナリティクスの見るべき指標について解説しましが、それでもアクセス解析の工数を削減したい、より確度の高い改善をしたい、“もはやアクセス解析はしたくない”といった方に弊社のアクセス解析ツール「AIアナリスト」をご紹介いたします。

「AIアナリスト」とは、人工知能によってアクセス解析を自動で行うツールです。簡単に言うと“アクセス解析の工数をゼロ”にして、“具体的なWebサイトの改善提案をしてくれる”ツールです。

約2分程度の簡単な登録でGoogleアナリティクスと連携し、Webサイトの分析が始まります。Googleアナリティクスのデータをもとに、人工知能が何万パターンもあるユーザーの経路を分析し、コンバージョン数を高めるために効果的な施策を優先順位づけして提案。
アクセス解析作業をすべて自動化するツール「AIアナリスト」-1.png

まるでWebサイトの“成績表”のように、現状のパフォーマンスをお知らせしてくれる評価機能。例えば、どの広告が最もCVに寄与したのかが分かるので施策の効果が明確になるだけでなく、それら過去のデータに基づいた予測機能もあるので、年度目標を立てることも可能です。
24.png

有料版・無料版のプランを用意し、無料版でも人工知能による分析を受けられますので、今まで気付かなかった新たな課題が見つかるかもしれません。興味のある方はぜひ無料登録してみてください。

>>>「AIアナリスト」無料アクセス解析を試してみる