現在、著しい成長を遂げているSNSの「TikTok(ティックトック)」。TikTokは、ショートムービーを共有できるプラットフォームで、ユーザー数の増加にともなって、TikTok広告を活用する企業も増えています。

しかし、これまでTikTokを利用したことのないSNSマーケティング担当者の中には、何から始めればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで、TikTok初心者のマーケティング担当者に向けて、TikTok広告の特徴や事前に押さえておきたいポイントなどを解説します。なお、今回紹介する内容の一部は、PDF資料「Tik Tok広告はじめてガイド」から抜粋しています。

TikTok広告はじめてガイド

TikTok広告はじめてガイド

ショートムービーで若者に訴求するならコレ!なSNS広告「TikTok広告」はじめてガイド

目次

  1. 今、注目されているTikTok(ティックトック)広告とは?
  2. TikTok(ティックトック)広告の特徴
  3. TikTok(ティックトック)広告のメリット
  4. TikTok(ティックトック)広告の基本的な知識
  5. TikTok(ティックトック)広告を成功させよう

今、注目されているTikTok(ティックトック)広告とは?

image5.png

TikTok広告とは、ショートムービー共有プラットフォームで表示される広告のことです。TikTokは、日本やタイ、アメリカなど、世界各国でも10代を中心に爆発的な人気を誇るSNSのため、TikTok広告に注目する企業も増えています。

TikTok広告を運用する場合、インフィード広告を利用するのが一般的です。インフィード広告とはフィード上に表示される広告のことで、自動でシステムに配信場所を任せる自動プレースメントと、手動で選択する手動プレースメントから配信方法を選択できます。

フルスクリーンの動画コンテンツを配信できるので、ユーザーにインパクトを与える広告を目指せるでしょう。

TikTok(ティックトック)広告の特徴

ここでは、TikTok広告の特徴を紹介します。

若年層ユーザーが多い

博報堂グループが実施した調査では、TikTokユーザーは若年層が主体で、ユーザーの平均年齢は34歳であることが明らかになりました。特に10代女性の利用率が高く、全体の50.3%を占めることがわかっています。

10代のユーザーは、オシャレや遊び、音楽など、「明確に好きなものが偏っている」という特徴があるため、TikTok広告は若年層向けのサービスや商品を訴求する際に効果的です。

実際に、ユニクロやグリコ、ローソンなどの大手企業もTikTokを活用して、若年層に向けた広告を打ち出しています。

参考:日本の TikTok ユーザーは平均34歳、博報堂調査が示す実態 : 要点まとめ

ターゲティングの最適化機能が優れている

image2.png

TikTok広告の特徴として、ターゲティングの最適化機能が優れている点も挙げられます。性別や年齢、地域、言語などのユーザー属性から、通信環境、興味関心・行動まで、幅広いターゲティングの設定を行えます。

例えば、10代後半から20代前半に向けた商品を訴求するのであれば、ターゲットの年齢を「18~24歳」に設定することが可能です。なお、興味関心カテゴリーに関しては、AIがユーザーの閲覧履歴をもとに判断しています。

このように、TikTok広告では精度の高いターゲティングを行えるため、高い成果を目指せます。

コンテンツ制作が簡単

TikTok広告では、動画テンプレートが多数用意されているため、コンテンツ制作を比較的簡単に行えます。

通常、社内にコンテンツ制作を行える人員がいない場合、制作会社やフリーランスに依頼することがほとんどです。コストがかかるだけでなく、外部との連携が必要になるので時間もかかってしまうでしょう。

しかし、TikTok広告であれば、テンプレートを利用できるので、管理画面上の操作でショートムービーを作成できます。コンテンツ制作の経験がない社員であっても、簡単にコンテンツ制作を行えるので、低コスト、かつ短時間で広告を配信できるのです。

TikTok(ティックトック)広告のメリット

image1.png

TikTok広告には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、TikTok広告のメリットを詳しく見ていきましょう。

高品質な動画で興味関心を惹きやすい

TikTok広告は、高品質な動画を使用することができるため、ユーザーの興味関心を惹きやすい点がメリットです。

近年、動画コンテンツを活用する企業が増加しており、動画広告はSNSマーケティングにおいて重要な役割を担っています。TikTok広告を活用することで、高品質なストーリー性のある広告をスピーディーに展開できるようになるでしょう。

自社の商品やサービスをアピールするための動画や、ブランディングを目的とした動画など、目的にあわせて配信できます。

ユーザーの高いアクション率を期待できる

TikTok広告を活用することで、ユーザーの高いアクション率を期待できます。ユーザーにとって親和性の高い動画を視聴してもらうことで、その後のアクションにつながりやすくなるのです。

例えば、動画広告にボタンを設置して、TikTokアプリページアプリストア、自社サイトなどにアクセスしてもらうことができます。

また、通常の投稿と同様に、いいねやコメント、シェアなどのアクションを起こしてもらうことも可能です。このようなアクションは、動画広告の効果を分析する際の材料として活用できるでしょう。

このように、TikTok広告を配信することによって、ユーザーのアクションを誘発し、広告の成果を高められるのです。

人気の楽曲を利用して聴覚にアプローチできる

App Storeランキングで上位を獲得した楽曲を使用して、ユーザーの聴覚にアプローチしながら広告を配信できる点もTikTok広告のメリットです。

TikTokの公式ページによると、2021年は Chinozoの「グッバイ宣言」やP丸様。の「シル・ヴ・プレジデント」、MAISONdesの「ヨワネハキ feat. 和ぬか, asmi」などの楽曲が人気を集めました。他にも、K-POPや洋楽など、様々なジャンルの音楽が利用されています。

TikTokはレコード会社とライセンス契約を結んでおり、公式に提供している楽曲を使用すれば著作権の侵害にはなりません

参考:TikTok、2021年の年間Musicチャート「音楽で振り返る!2021 TikTokトレンド」を公開!

TikTok(ティックトック)広告の基本的な知識

ここでは、TikTok広告を配信する上で知っておきたい基本的な知識を紹介します。

クリエイティブ規格

image3.png

上記の図は、TikTok広告のクリエイティブ規格についてまとめたものです。
基本的にユーザーは、TikTok広告をスマートフォンで視聴するため、タテ動画が推奨されていますが、ヨコ動画も正方形の動画も配信することは可能です。

ただし、動画が画面から見切れないように「安全エリア」内に必要なコンテンツをおさめることが求められます。また、動画の長さについては60秒まで対応していますが、9秒から15秒の短尺動画が推奨されています。

なお、テキスト自動生成機能も設置されており、「今すぐダウンロード」や「今すぐ購入」、「新規登録をする」などのアクション誘導ボタンを設置する作業は、簡単に行えます。

費用

image4.png

TikTok広告では、日予算と通算予算のどちらかを選択して広告を出します。いつからいつまで広告を配信するかスケジュールを決めて、広告を出す時間帯などの詳細を決めていきます。

なお、日予算の最低予算は2,000円、通算予算の最低予算は16,000円です。そのため、比較的安い金額で動画コンテンツを配信しやすい広告となっています。

また、リーチであればIMP課金、トラフィックであればクリック課金など、課金方式はキャンペーンの目的によって異なるのが特徴です。

以下のPDF資料では、ここまでに紹介したTikTok広告の概要などについて、さらに詳しく解説されています。TikTok初心者のマーケティング担当者必読の内容となっているので、興味のある方はぜひダウンロードしてみてください。

TikTok初心者のマーケティング担当者必読の資料はこちら

TikTok初心者のマーケティング担当者必読の資料はこちら

ショートムービーで若者に訴求するならコレ!なSNS広告「TikTok広告」はじめてガイド

TikTok(ティックトック)広告を成功させよう

TikTok広告は、若年層に向けたコンテンツの発信が可能で、ユーザーの視覚、および聴覚にアプローチできます。また、ターゲティングの最適化機能が優れており、低コストで高い成果を見込める点もメリットです。

ただし、TikTok広告で成果を出すためには、成果計測に必要なイベントマネージャーや、特定のターゲティングを可能にするカスタムオーディエンスなど、事前に身につけておくべき知識がほかにもあります。

以下の資料では、TikTok広告を配信する前に知っておくべきこととして、成果計測やリマーケティングついても掲載されています。TikTok広告を成功させたいマーケティング担当者の方は、ぜひ確認してみてください。

TikTok広告運用のノウハウと便利な運用サービスはこちら

TikTok広告運用のノウハウと便利な運用サービスはこちら

ショートムービーで若者に訴求するならコレ!なSNS広告「TikTok広告」はじめてガイド