LINE広告動画は、日本人の7割以上が使用しているLINEで動画を配信できるサービスです。LINEは幅広い年齢層が使用しているため、さまざまな商材の認知拡大やブランディングに活用できます。

しかしその一方で、特徴や使い方がよくわからないという声も少なくありません。そこで、LINE広告動画と他の広告との違いや掲載面、フォーマットの種類などについて詳しく解説します。

なお、今回紹介する内容の一部は、PDF資料「誰にでも簡単にわかる!LINE広告動画の最新活用ガイド」から抜粋しています。

誰にでも簡単にわかる!LINE広告動画の最新活用ガイド

誰にでも簡単にわかる!LINE広告動画の最新活用ガイド

LINE動画広告の活⽤を検討するにあたり、知っておきたい基礎知識を解説致します。

目次

  1. LINE(ライン)広告動画とは
  2. LINE(ライン)広告の掲載面の種類
  3. LINE(ライン)広告動画の掲載フォーマットの種類
  4. ターゲティング機能と配信機能の種類
  5. LINE広告動画の効果を高めるためのポイント
  6. LINE広告動画を認知拡大やブランディングに活用しよう

LINE(ライン)広告動画とは

LINE広告動画とは、LINEユーザーやLINE関連サービスを利用しているユーザーに対して配信できる動画広告です。ユーザーの性別や地域、年齢などの情報をベースに詳細にターゲティングできるため、少ないコストで高い効果が期待できます。

また、動画は静止画と比較して多くの情報をユーザーに提供できるため、伝えたい特徴や魅力が多い商品やサービスの宣伝に適していると言えるでしょう。

他の広告との違い

image1.png

LINE広告動画は、日本人口の7割以上が利用しているLINEユーザーに対して動画を配信できます。一方、リスティング広告は関連情報を検索したユーザーにのみアプローチできます。

また、純広告やそのほかのSNS広告はターゲットにバラつきがあるため、動画の内容に興味を持つ可能性が低いユーザーに対しても配信することになるでしょう。

これは、LINE広告動画も同様ですが、ユーザー数が非常に多いため、ピンポイントでターゲットにアプローチできないデメリットを抑えられます。また、さまざまなターゲティング機能があるため、動画の内容に興味を持つ可能性が高いユーザーに届けることも可能です。

LINE(ライン)広告の掲載面の種類

LINE広告を利用する際は、静止画と動画のどちらを配信するか、どの掲載面に配信するかを選択します。動画広告の内容やターゲットに応じて、最適な掲載面に配信する必要があるでしょう。

ここでは、LINE広告の掲載面の種類と、それぞれに適したケースについて詳しく解説します。

LINE NEWS

LINE NEWSは、エンタメや国内、トレンドなど、さまざまなジャンルのニュースを配信しているサービスです。

近いジャンルの掲載面に配信することで、動画広告の内容に興味を持つユーザーの目に触れる可能性が高まるでしょう。使用できる用途は、IT製品やサービスのほか、革製品や美容品、家事代行サービスなど多岐にわたります。

タイムライン

タイムラインは、テキストや写真、動画、スタンプなどを用いて近況や情報を投稿したり、友だちの投稿を確認したりできる機能です。美容品やサプリメントなど、文章と視覚の両方でアピールしたい動画広告の配信に向いています。

タイムラインを流し見する中で興味がわく動画広告が目に入り、思わずクリックしてみるユーザーは少なくありません。

ウォレット

ウォレットは、モバイル送金・決済やLINEほけん、LINE家計簿など金融関連のサービスを利用できるページです。

ある程度の金融リテラシーを持つユーザーや、お金を増やしたいユーザー、節約に興味があるユーザーなどを対象としたい場合に向いています。

例えば、クレジットカードや家計簿相談サービス、サブスクサービスなどが挙げられます。

LINEマンガ

LINEマンガは、約40万点以上のマンガを楽しめる電子コミックアプリです。主に10~20代の若年層がメインユーザーのため、若年層をターゲットにしたい場合に向いています。

例えば、美容商品やファッション用品、ゲーム、映像作品などが挙げられます。

LINE BLOG

LINE BLOGは、タレントやアーティストなどの著名人から一般人まで投稿できるブログサービスです。メインユーザーは20~40代と幅広いため、さまざまな製品やサービスの動画広告を配信できます。

例えば、30~40代を対象とした転職サイト、若年層向けの化粧品販売サイトなどが挙げられます。

LINEチラシ

LINEチラシは、近隣のスーパーやドラッグストアなどのセール・特売情報を閲覧できるサービスです。ただし、ユーザーの居住区に合わせて広告を表示することはできないため、全国展開している企業やECサイトに向いています。

例えば、セールや特売に興味があるユーザーがターゲットとなる格安ECサイトやポイントサイトなどが挙げられます。

LINEポイントクラブ

LINEポイントクラブは、友だち追加や動画視聴などの条件を満たすことでLINEポイントを取得できるサービスです。ポイントの取得に興味を持つ40~50代のユーザーがターゲットとなるサービスに向いています。

例えば、ローン契約サービスやサブスクサービスなどが挙げられます。

ここで紹介したLINE広告動画の掲載面の他にも、いくつかの掲載面があります。全ての掲載面について詳しく知りたい方は、以下のPDF資料にて確認してみてください。

LINE広告動画の掲載面について全て確認したい方はこちら

LINE広告動画の掲載面について全て確認したい方はこちら

LINE動画広告の活⽤を検討するにあたり、知っておきたい基礎知識を解説致します。

LINE(ライン)広告動画の掲載フォーマットの種類

image2.png

LINE広告動画の掲載フォーマットは、Card(16:9)、Square(1:1)、 Vertical(9:16)の3種類です。

ファーストビューでインパクトを与えたいときはVertical、画像と文字の両方を使用したいときはSquare、画像のみを使用するときはCardといった使い分けができます。

ターゲティング機能と配信機能の種類

LINE広告は、ターゲティング機能と配信機能の種類が豊富なため、さまざまなジャンルの動画広告に使用できます。種類別に、どのようなケースに向いているのか詳しく見ていきましょう。

LINEターゲティング

LINEターゲティングとは、年齢や性別、地域、行動、興味関心、属性などを指定して、条件を満たすユーザーに対して広告を配信できる機能です。

自社製品やサービスに興味を示す可能性があるユーザーにのみ配信できるため、費用対効果が高くなる傾向があります。ターゲットが明確な場合に利用するとよいでしょう。

類ソースオーディエンス

類ソースオーディエンスとは、コンバージョンしたユーザーや入力した顧客情報に類似したユーザーに対して広告を配信できる機能です。

コンバージョンしたユーザーに類似したユーザー広告を配信して反応を見ることで、新たなターゲットが生まれる場合があります。ターゲットがある程度明確でありつつも、他のターゲットを見つけたいときに役立ちます。

オーディエンス配信

オーディエンス配信とは、ユーザーデータに基づいて配信するターゲットを指定できる機能です。

例えば、サイトにアクセスした人やアプリの利用者、購入や閲覧のデータ、電話番号やメールアドレス、LINE公式アカウントの友達などをもとに配信先を指定します。

製品やサービスに興味を持つ可能性があるユーザーの行動が明確な場合に役立ちます。

自動最適化配信

自動最適化配信とは、機械学習によって入札価格の上限を定め、そのうえで配信結果に基づいて目標達成に向けてAIが自動で入札調整する機能です。AIが細かな調整を行うため、業務効率化に繋がります。

まずは、少ない負担で動画広告を配信して様子を見たい場合に向いているでしょう。

友だち追加

LINE公式アカウントの友達を増やせる機能です。友だちを獲得する度に費用が発生しますが、獲得できなければ費用は発生しないため、ランニングコストの面でメリットがあります。

口コミで少しずつ製品やサービスの認知度を高めたい、1人の顧客との関係を築きたいといった場合に向いています。

LINE広告動画の効果を高めるためのポイント

LINE広告動画の効果を高めるには、次のようなポイントを押さえる必要があります。

複数の動画を配信して効果を検証する

複数の広告動画を配信し、ユーザーの反応を見ましょう。ユーザーの情報をもとに、あらかじめ設定していたターゲットとの一致率を確認してください。

一致していない場合は、動画の内容を見直すか、ターゲティングを修正しましょう。

ターゲット別に動画を作成する

複数のターゲットがいる場合は、それぞれに最適化した動画を配信します。ただし、ターゲットが多すぎると、広告効果が低くなる場合があります。そのため、ターゲットは可能な限り絞り込むことが重要です。

ターゲット別に作成した動画を配信し、その反応を見てターゲットを絞り込むのもよいでしょう。

最初の数秒に視覚効果が高い演出を入れる

LINE広告動画は自動再生のため、その動画に興味がないユーザーの目にも触れます。そのため、最初の数秒に視覚効果が高い演出を入れると、興味をひける可能性が高まります。

LINE広告動画を認知拡大やブランディングに活用しよう

LINE広告動画を活用することで、ターゲット層へ向けて商品やサービスを視覚的にアプローチできます。

ただし、動画は静止画と比べて感情を動かしやすい一方で、内容の不備は即離脱に繋がるリスクもあります。そのため、ターゲットごとに複数の動画を配信し、PDCAを回しながら効果が高い動画の作成を目指すことが重要です。

今回、紹介したLINE広告動画の掲載面や配信方法の種類だけではなく、LINEが提携している外部アプリ広告を配信できる「動画リワード広告」や入稿できる動画のサイズなどの規定までチェックし、LINE広告動画の効果を高めたい方は、ぜひ以下のPDF資料をダウンロードしてみてください。

LINE広告動画の最新活用ガイドを無料でダウンロードする

LINE広告動画の最新活用ガイドを無料でダウンロードする

LINE動画広告の活⽤を検討するにあたり、知っておきたい基礎知識を解説致します。