6月から本格的にスタートする18年卒の就職活動。

2016年卒からエントリーが3月スタートとなり、就活以外に時間が使えるようになった一方、選考期間が短縮化されたことで学生・企業どちらにとっても短期決戦になりました。

学生はわずかな期間しか企業を調べる時間がありませんので、採用する側もそのタイトなスケジュールに合わせて万全な準備を整えなければなりません。
最近では自社専用のリクルーティングサイトを運営する企業も多いので、短期決戦でたくさんの学生に興味を持ってもらい、有望な人材を獲得するには、やはりリクルーティングサイトを用意すべきでしょう。

そこで今回は、すでにオープンしている新卒リクルーティングサイト30個をピックアップしてご紹介します。
今年の採用でリクルートサイトに力を入れよう、とお考えの採用担当者の方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
  

2018年新卒リクルーティングサイトまとめ

1. ヤフー株式会社

ヤフー株式会社
http://hr.yahoo.co.jp/

トップページで一番最初に見ることができるコンテンツが、同社社員のインタビューです。
職種、経験、入社時期も異なる様々な社員達をトップページだけでも9名掲載しており、多様な強みを持つ人材が社内で活躍しているということが一目でわかります。
このほか、社内の日常の一コマ、事業や制度に関するデータを詳しく掲載しており、ヤフーに入社するとどのような毎日が過ごせるのか具体的に想像できます。
  

2. クックパッド株式会社

クックパッド株式会社
https://recruit.cookpad.com/2018

クックパッド株式会社のリクルーティングサイトは、ファーストビューに現れる動画がインパクト大です。
動画ではPC作業中や社員同士の談笑、料理をしているシーンを見ることができ、言葉にしなくとも社内の雰囲気が充分に伝わってきます。
クロールしていくとさらに動画による社員メッセージがあり、同社で働く人々の生の声を聞くことが可能です。
求人媒体では知ることができないリアルな社内の様子を知ることができるというのは、学生にとって嬉しいポイントではないでしょうか。

3. LINE株式会社

LINE株式会社
https://linecorp.com/ja/career/newgrads/

ページ訪問するとあらわれる社員の写真と手書きスケッチが、適度な親しみやすさを感じるデザインです。
特徴的なコンテンツとしては、新卒社員と上級執行役員とのクロストークを用意しています。
社員のインタビューはよく見かけますが、このような対談を載せるというのは珍しいのではないでしょうか。
対談記事、仕事紹介のページでは「一緒に働きたい人材」「社員はこんな人材」という情報を具体的に挙げていますので、もし自分が入社したらどうか、自分はこの会社に合っているか考えるきっかけになります。

4. ソフトバンク株式会社

ソフトバンク株式会社
http://recruit.softbank.jp/graduate/

ソフトバンク株式会社ではファーストビューにスライドショーを採用しており、力強いメッセージと写真が目を奪います。
メインコンテンツは同社が行う様々なプロジェクト内容の紹介で、その中から一部がトップページに表示されます。
気になって1つを読んでみると、またほかのプロジェクトが読みたくなるという設計になっており、読み進めていくうちに同社の革新的な制度に魅了されていきます。
  

5. NTT docomo

NTT docomo
http://information.nttdocomo-fresh.jp/

NTT docomoのリクルーティングサイトは、トップページがとにかくシンプルで、すっきりとしたデザインです。
画像と短い文字だけを掲載しているので、学生が見たいコンテンツが探しやすいのではないでしょうか。
コンテンツページでは同社の取り組み、強み、ヒストリーなどを紹介しており、就活する上で知っておきたい情報がたっぷりとまとまっています。
  

6. リクルートライフスタイル

リクルートライフスタイル
https://www.recruit-lifestyle.co.jp/recruit/students/

上下逆になっている建物の写真と「新・新卒採用、はじまる」のフレーズがとにかくキャッチーです。
一目見るだけで「どんな新しいことがあるんだろう」と興味をそそり、ついスクロールしてみたくなります。
ページを読み進めていくと文章が次々と現れ、まるで一つのストーリーのような展開です。
社員紹介、福利厚生といった細かい情報は別ページに掲載しており、ランディングページのような感覚になっているのがユニークです。
  

7. 株式会社ディー・エヌ・エー

株式会社ディー・エヌ・エー
https://dena.com/jp/recruit/students/

コーポレートサイトのデザインと合わせた、モノクロベースのシンプルでクールなビジュアルです。
全体をとおして、それほど写真、色数を多用しておらず、洗練された印象を与えています。
魅力的なコンテンツとしては、アーティストの作品やこれまでの実績を掲載しており、入社したらどのような作品づくりに関われるかということがわかります。

8. 株式会社ドワンゴ

株式会社ドワンゴ
http://dwango.co.jp/saiyo/

すっきりとした配色とレイアウト、文字量で読みやすい印象のあるデザインです。
人材確保のためにたくさんの情報を入れたくなりますが、これくらいクリーンだと読みやすく、大事な情報が学生にも伝わりやすいのではないでしょうか。
ページ内には説明会、会社案内、福利厚生のほか、ドワンゴ解体新書と名付けられたユニークなコンテンツもあります。
ページ最下部にはTwitterの案内がありますので、気になった学生はそのままTwitterをチェックしてみる気になるでしょう。
  

9. 株式会社サイバーエージェント

株式会社サイバーエージェント
https://www.cyberagent.co.jp/recruit/fresh/real/

動画を惜しげも無く使ったデザインと「REAL」の文字がとにかくインパクトのあるページです。
たくさんのリクルーティングサイトをチェックしていくとなると、どうしても記憶に残らなかったり、最後まで見てもらえない可能性がありますが、これほど目立つデザインなら覚えてもらえること間違い無しです。
メインコンテンツとしてはイベント情報を掲載しており、イベント情報を知ってもらいたい・参加してほしいという企業の意図が伝わってきます。
  

10. 株式会社リブセンス

株式会社リブセンス
http://recruit.livesense.co.jp/

「あたりまえを発明する、一人になろう」というメッセージが、同社に入社すれば大きく成長できるという期待を持たせてくれます。
同社のリクルーティングサイトでは職場環境や制度などの情報以外に、職種ごとのページを用意しています。
さらに、ページ下部には関連リンクの掲載もあります。
全体をとおして、同社のことをたくさん知ってほしい、という考えが伝わってきます。

11. 株式会社Gunosy

株式会社Gunosy
https://gunosy.co.jp/recruit/

ニュースキュレーションアプリでお馴染みの株式会社Gunosyでは、コーポレートサイト内にリクルーティングサイトを設けています。
ほかにはないコンテンツとして代表取締役からのメッセージ動画を用意しており、同社の採用についての考えを知ることができます。
新卒で初めての会社を選ぶ学生達にとって、会社のトップのメッセージが直接聞けるというのは非常に大きなポイントです。
また、オフィス環境も動画で知ることができます。
  

12. グリー

グリー
http://jobs.gree.net/jp/ja/

オフィスに入り社員に挨拶をする、そんな社員の日常動画からページが始まります。
動画を通して社風を知ることができますので、ページを訪れてすぐに入社後のイメージを掴むことが可能です。
募集職種の紹介は非常に簡潔なものですが、代わりに新卒社員のストーリーや社員の声、社員の1日といった多彩なコンテンツを掲載しており、同社社員のリアルがわかります。
コンテンツを考える上で、マネしてみたいアイデアが豊富なリクルーティングサイトです。
  

13. サイボウズ

サイボウズ
https://cybozu.co.jp/company/job/recruitment/

サイボウズのリクルーティングサイトは新卒・キャリアとも同じページにまとまっており、トップページには社長のインタビューを掲載しています。
ページをスクロールするとミッション、ビジョンなどが表示され、同社の理念をまず知ってほしいという意図が伺えます。
一見シンプルですが、実際には掲載している情報は多く、事業内容から社内の日常風景までコンパクトにまとめています。
  

14. KDDI

KDDI
http://recruit.kddi.com/

KDDIのリクルーティングサイトは、全体的に人にフォーカスしたつくりになっています。
ファーストビューに社員の画像を大きく表示したり、業種ごとの社員ストーリーを紹介しており、社員の活躍を知ってほしいという考えが伝わってきます。
個人向けから法人向け、さらに海外事業まで様々な企業を展開する同社だからこそ、社員の活躍を通して挑戦できることや働き方を伝えているのではないでしょうか。
  

15. 株式会社ドリコム

株式会社ドリコム
http://recruit.drecom.co.jp/

ブロックレイアウトで並べられた、たくさんの社員の画像が目を引きます。
画像にマウスポインターを合わせると一人ひとりのメッセージを簡潔に表示し、クリックするとインタビューを見ることが可能です。
また「ドリコムを知る」では社長インタビューや変遷、オフィスツアーをいったコンテンツを用意しています。
その中でもユニークなのがオフィスツアーで、一般的に写真や動画で紹介するオフィスをマップ形式で紹介しています。
  

16. DMM

DMM
https://recruit.dmm-corp.com/

ファーストビューのスライドショーには空欄括弧が登場し、画像と同時にメッセージが「なんでもやってる」「ゲーム開発もやってる」「格安スマホもやってる」……と次々に入れ替わります。
40以上もの多種多様な事業に取り組む同社の魅力を、簡潔に伝えることができるデザインです。
ファーストビューだけではなく、メニューの線が全部違ったり、色がランダムに変わったりと細部のデザインにもこだわりがあります。
「目まぐるしく、日々新たなものを生み出す」というフレーズにぴったりといえるデザインです。
  

17. クルーズ株式会社

クルーズ株式会社
http://recruit.crooz.co.jp/

ページを開くとWelcome to "CROOZ"の文字が現れ、レーダーとともに動画で社内を探索します。
一度見ると釘付けになるこの動画は「"オモシロカッコイイ"をツクル」をコンセプトにする同社らしいデザインといえます。
インターンシップの紹介がユニークで、18卒向けインターンシップ情報はもちろんのこと昨年の様子を動画で見ることが可能です。
  

18. 株式会社エイチーム

株式会社エイチーム
http://www.a-tm.co.jp/recruit/

クロールすると同時にコンテンツが現れる動きのあるデザインで、文字を細かく読まなくても情報がしっかりと伝わってくる印象です。
背景画像やインフォグラフィック、オフィスツアーと様々な箇所に動的な要素を取り入れていて、ただ見ているだけでも社内がわかり、記憶に残るリクルーティングサイトとなっています。
  

19. サントリーホールディングス

サントリーホールディングス
http://www.suntory.co.jp/recruit/fresh/

サントリーホールディングスのリクルーティングサイトでは、社長からのメッセージ、初代社長の口癖だった「やってみなはれ」の歴史の2つを一番目立つ箇所に掲載しています。
これらのことから、グループの「やってみなはれ」という価値観を学生達にまず知ってほしいという意図が伝わってきます。
商品ごとの開発プロジェクト、インタビュー情報など、学生がエントリーを考える上で参考になるコンテンツも満載です。
  

20. 面白法人カヤック

面白法人カヤック
https://www.kayac.com/recruit/fresh

「ルールなし」というメッセージを掲載したり、ページのデザインが変更できてしまったり、ボタンにはお坊ちゃまスタイルのキャラクターをデザインしたりと、社名にもある”面白さ”を随所に盛り込んだリクルーティングサイトです。
デザインだけではなく、サイコロでボーナスが決まる「サイコロ給」や「エゴサーチ採用」など採用・制度のスタイルも大変ユニークです。
  

21. トヨタ自動車

トヨタ自動車
https://toyota-saiyo.com/

トヨタ自動車のリクルーティングサイトは事務系・技術系・業務職とコースごとにコンテンツをわけており、希望職種に応じて情報をチェックすることができます。
たくさんの企業情報の中で見たい箇所だけを見れるというのは、数多くのリクルーティングサイトをチェックする学生にとっては嬉しいポイントです。
  

22. 株式会社コロプラ

株式会社コロプラ
http://be-ars.colopl.co.jp/recruit/graduate/

ブロック状に並べたレイアウトと大きめの文字、アイコンを使ったデザインで、わかりやすく情報をまとめたリクルーティングサイトです。
たくさんの情報を掲載しながらも見たいコンテンツがすぐに探せるので、結果的に同社のことが学生によく伝わるのではないでしょうか。
色使いもブルーを基調としながらも、やや温かみがあり親しみやすい雰囲気です。
  

23. 本田技研工業

本田技研工業
http://www.honda-recruit.jp/

本田技研工業のリクルーティングサイトではトップページに大きく動画を表示しており、同社のグローバルな雰囲気を感じることができます。
ページ設計は非常にシンプルかつコンパクトで、学生が迷ってしまわない印象を受けます。
ページ全体をとおして文字をメインとしたデザインになっており、タイピングするかのように一文字ずつ表示されるのが特徴的です。

24. プラチナゲームズ株式会社

プラチナゲームズ株式会社
https://www.platinumgames.co.jp/jobs/new-recruits/

2カラムレイアウトで左にグレーのメニューを表示するという、最近のリクルーティングサイトではあまり見ないデザインがユニークです。
職種一覧、採用フロー、制度・待遇、会社紹介、さらにFAQまで、採用情報を全て1つのページにコンパクトにまとめており、時間をかけずにサクッと見れるようにしています。
とにかく簡潔ですので、PCはもちろんのことスマホから閲覧する学生にも優しい設計でしょう。
  

25. キーエンス

キーエンス
https://www.keyence.co.jp/jobs/fresh/

キーエンスのリクルーティングサイトは、ファーストビューに動画を、その下にはブロック状に画像を並べるというユニークなデザインとなっています。
コンテンツには社員インタビューのほか、海外駐在員 密着動画、内定者 座談会を用意しており、どれも動画で見ることが可能です。
また、研修プログラムもわかりやすい図で説明しており、入社したらどのような流れでキャリアが積めるか、経験ができるかがしっかりとわかります。
  

26. 株式会社オロ

株式会社オロ
https://www.oro.com/recruit/

カラフルなスティックが無数に散らばるファーストビューのデザインがなんともユニークで目を引きます。
一つひとつのページレイアウト、写真使いなどが大変面白くクリエイティブな印象です。
「アイデアとテクノロジーで企業の内側と外側を強くする」というメッセージを具現化したような工夫溢れるデザインで、見ていて飽きないページになっています。
  

27. 株式会社クラウドワークス

株式会社クラウドワークス
https://crowdworks.co.jp/recruit/fresh

四角が斜めになっているデザインと大きなキャッチコピーが大胆なデザインです。
シンプルな要素なのに強いインパクトを与えることができ、一度見るとしっかりと記憶に刻まれます。
画像一つひとつがリンクになっているため、どこからどのページリンクできるかがわかりやすく、見やすいのも良い点です。
特徴的なコンテンツとしては、バックグラウンドの異なる社員4名によるスペシャルトークがあります。
社員インタビューはほかでもよく見かけるものの、社員数名の対談というのはなかなか見ないのではないでしょうか。
  

28. GMOペパボ株式会社

GMOペパボ株式会社
https://recruit2018.pepabo.com/

「ペパボの歴代新卒 大集合」という文字とともに社員がたくさん集まった写真を掲載しており、パッと見ただけで社内の雰囲気が伝わってきます。
コンテンツには積極的に手書き感のあるデザインを取り入れ、一般的なリクルーティングサイトとは一線を画す親しみやすい見た目です。
社員の顔写真もあまりかしこまったものではなく、さらにあだ名を掲載しているのもユニークです。
楽しそう、親しみやすい雰囲気を演出したい企業なら、参考にしてみたいデザインです。
  

29. ピクシブ株式会社

ピクシブ株式会社
http://recruit.pixiv.net/

まるでブログのようなデザインがユニークなリクルーティングサイトです。
例えば、社内紹介のコンテンツには「Youtubeなどで話題になった『ハーレムシェイク』を社内でやってみました」という説明書きあり、一体どんな結果になったの?とつい気になってしまいます。
いたるところに遊び心を取り入れており、就活を忘れてしまいそうなくらい楽しく魅力的なデザインです。
  

30. 株式会社ベーシック

株式会社ベーシック
https://recruit.basicinc.jp/

弊社が公開しているリクルーティングサイトです。
キャッチコピーにあるとおり「狙って、成長する。」ということを提案しています。
あまりほかのサイトで見ないアルバムコンテンツが設けられ、日常の画像を多数掲載しておりますので、社内の雰囲気を感じることができます。
また、社長ブログをはじめ、全5つのブログを開設しておりトップページでも紹介していますので、あわせて見ていただくと「どんな会社なのか」「日々どのように取り組んでいるか」がより伝わるのではないでしょうか。
basic barなど学生向けのイベント・社内イベントも積極的に開催しておりますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。
  

まとめ

今回は、2018年新卒リクルーティングサイト30個をご紹介しました。皆様、いかがでしたでしょうか。

様々な企業をピックアップいたしましたが、業種問わず、あらゆる業界において採用にリクルーティングサイトを活用していることがわかります。

雇用する側とはいえ、就活では学生から選んでもらうという側面もありますので、ほかの企業に負けないように準備を整えなければなりません。
既に準備は進めているけれどもう少し工夫したいという企業も、そもそもリクルーティングサイトを持っていないという企業も、まだ間に合いますので急ピッチで準備を進めましょう。