キャッチコピーは、ユーザーをホームページに集客する上でとても重要なものです。
ホームページに訪れたユーザーはまずキャッチコピーを見て、自分の求めているものとホームページの内容が合致しているかどうかを瞬時に判断し、そのまま見続けるか離脱するかを選択するケースが多いです。
キャッチコピーターゲットユーザーのニーズに全くマッチしない内容だった場合、ユーザーはホームページの中身も見ずに離脱してしまうということです。
ユーザーの興味を引くための重要なポイントであるキャッチコピーは、思いつきで作るのではなく心理学や他社の成功事例などを参考に作ることで成功率が上がることは明らかです。

今回は、Ferretが過去に配信した記事の中から、キャッチコピーを作成する際に役立つものを集めました。
キャッチコピーの作成に悩まれている方は是非ご確認ください。

1. 【2014年完全版】売れるキャッチコピーの法則まとめ29選

***
https://ferret-plus.com/430

こちらの記事では、成果の出るキャッチコピーの法則をまとめています。キャッチコピーはホームページだけに限らずあらゆる場所で使用されるものなので、どのようなキャッチコピーならば成果が出るのか、先人たちが考え抜いています。その成功のエッセンスが詰まった法則を理解することで、より高レベルのキャッチコピーを作ることができます。

自社の魅力を「広く・深く」伝えるならferretの広告

ブランド認知広告を出稿した
効果を見てみる

2. ユーザーの心を掴むキャッチコピーの事例5記事まとめ

***
https://ferret-plus.com/530
普段、生活していると、テレビや街頭広告などあらゆる場所から大量の情報が流れてきますが、その中でなんとなく記憶に残るキャッチコピーはありませんか?人々の記憶に残るキャッチコピーは、サービスを認知させるのに非常に大きな影響力を持ちます。
こちらの記事では評価の高いキャッチコピーをまとめています。自社のキャッチコピーの参考にするのもいいですし、記憶に残るキャッチコピーとはどういうものなのか、共通項を探ってみてもいいでしょう。

3. キャッチコピーを作成する時に役立つ心理学用語11選

***
https://ferret-plus.com/529
キャッチコピーユーザーの興味・関心を引くことが第一の目的です。ユーザーの心理に訴えかけるものならば、心理学を使うのは効率的です。
キャッチコピー作成時に使える心理学をしっかり理解しておけば、ユーザーの興味を捉え、離脱率を低下させることができるかもしれません。

4. キャッチコピーのアピール力を測るためのチェック項目

***
https://ferret-plus.com/242
色々考えたうえでキャッチコピーを作っても、それがいいのかどうか、判断に困ることが多々あるのではないでしょうか。
キャッチコピーの是非は、実際に出してみないとわからないものですが、その前に最低限、こちらの記事で紹介しているチェック項目を確認すれば、無駄打ちが防げるかもしれません。

5. メルマガのキャッチコピーを考えよう

***
https://ferret-plus.com/101
メルマガタイトル(件名)は、ホームページキャッチコピーと同じく、タイトルユーザーの興味を引けるかどうかで中身を見てもらえるかどうかが決まります。
メルマガの場合、恐らく毎日大量にメールが配信されているであろうユーザーの受信ボックスの中で、目にとまり、なおかつ開封してもらわなければいけません。
こちらの記事では、そのようなシビアなメルマガキャッチコピー作成方法について触れています。メルマガ担当者の方は是非チェックしてみてください。

6. コンセプトコピーの重要性と具体的イメージ

***
https://ferret-plus.com/207
キャッチコピーコンセプトコピー」と考えてみましょう。サービスのベネフィットをわかりやすくユーザーに伝えるためのコピーを作成する、と考えた場合、ただ売るためだけののキャッチコピーを考える時よりもはるかに良いコピーが作成できます。
更に、自社サービスを一言に集約してみると、強みが明確になりメンバー間でも共通認識を持ちやすくなります。

まとめ

キャッチコピー作りに正解はありません。ユーザーの心を捉え、成果に繋がって初めて良いキャッチコピーとなります。
良いキャッチコピーを作るには様々なコツが必要ですが、良いキャッチコピーを多く知ることはとても重要なことです。上記の事例でも紹介しましたが、キャッチコピーはホームページだけではなく、あらゆる媒体で見かける存在です。

みなさんは、普段生活しているなかでもあらゆるキャッチコピーに触れているはずです。
それらの中で自分が気になるキャッチコピーを見つけたら、なぜ気になったのかを考えてみることで、自社のキャッチコピー作りの大きなヒントを得られるかもしれません。

このニュースを読んだあなたにおすすめ