まとめ

従来の入力フォームが抱えていた問題点を、コンバセーショナルフォームを使うことで改善することができます。
また、対面に向き合うチャットボットのキャラクターが確立されていれば、まるで本当にテキストのやりとりが行われているように見え、ユーザーエンゲージメントは驚くほど高まります。

新しいものを取り入れたいかた、入力フォーム離脱率の高さに悩んでいるかたは、コンバセーショナルフォームの導入を考えてみてはいかがでしょうか。