「ホームページを制作したいけど、自分では知識・スキルがなく作れない」
「(Web制作の)専門家に、見た目も機能も充実したホームページを作成して欲しい」

上記のような理由から、(ホームページの)制作会社を探している方も多いのではないでしょうか。ただ、ホームページを制作する会社は個人から大手企業まで数多く存在し、正直どこを基準に選べば良いのかわからない、という方も少なくないはずです。

今回は、ホームページ制作会社に依頼する場合の制作フローと、制作会社選びの4つのポイントを解説します。

いざ契約してから「自分の想像していたホームページが作れない」とならないよう、事前に基本的なポイントを押さえておくことをオススメします。
  

ホームページ制作会社に委託した場合の制作フロー

まずは、ホームページ制作会社を選ぶ前に、制作会社に発注してからホームページ公開までの基本的なフローを把握しておきましょう。
  

1. 仕様書の作成

制作会社に発注する前に、ホームページの仕様を双方で了解しておく必要があります。ホームページの目的や公開したいページ内容を共有し、制作会社から仕様書が提案されます。企業によっては発注前でも、仕様書だけでなくデザイン案を提案されることもあります。

この時、事前に自社側でも仕様書に盛り込んで欲しい内容まとめた「RFP(提案依頼書)」を作成しておくことで、やり取りがスムーズになります。

参照記事:
提案依頼書(RFP)の基本的な構成と作成するためのポイント|ferret
  

2. 契約

実際に依頼する際は、プロジェクトが動き出す前に、業務委託契約書のような契約書を取りかわして契約します。

その理由は、ホームページ制作の場合制作が始まってから、素材の収集に手間がかかったり、新しいページを追加する必要があったりといった予期せぬ事態が発生する可能性があり、そうした場合に双方でトラブルにならないようにするためです。

これは企業に依頼する場合だけではなく、個人でホームページ制作を請け負っている場合でも同様です。

参考:
契約書とは?契約書の定義を理解して、ビジネストラブルを避けよう!|ferret
  

3. ホームページ構成の制作・提案

ホームページを制作する上ではサイトマップと呼ばれる、ホームページの設計図が必要となります。仕様書をもとに、サイトマップを作成し、ホームページの骨子を決めます。

Untitled.png
  

4. 素材収集

自社の商品やサービスの紹介する際、ページ内で使用する写真などの素材は必要不可欠です。

例えば、会社概要を作成する際に代表や取締役の写真や挨拶文が必要となることもあります。その際、制作会社によってはカメラマンの手配についても相談することが可能です。相談する際は、写真撮影やバナーなどの作成は別途費用がかかることも十分に考えられますので注意しましょう。また、自社で素材の提供を行う場合は社内の関係部署との調整が必要となります。
  

5. 制作

ホームページの仕様が決まり、素材も集まったら、本格的に制作がスタートです。基本的に制作会社に任せる作業ではありますが、都度チェックを求められる場合もあります。

6. 公開準備

ホームページ制作が完了し、実際にWeb上に公開するためには、以下のような準備が必要となります。

・独自ドメインの取得
・サーバーの用意
・動作テスト

制作会社が行う場合もありますが、自社でサーバーを持っている場合などは調整が必要です。せっかく公開したホームページがすぐにシステム上の理由で見れなくなってしまったということにならないよう、きちんと最終チェックを行いましょう。

7. アフターフォロー

ホームページ公開後のアフターフォローは制作会社によって内容が異なります。保守点検のみを行う企業もあれば、現在の検索順位などSEOに関するレポートを発行する企業もあります。

中でも、Webマーケティング全般のコンサルティングも行っている企業では、広告の運用などの集客施策まで行う場合もあります。

参考:
ホームページの制作フローを徹底解説|ferret
ホームページ作成手順を知ろう!Web制作の流れ4ステップ | なんでものびるWEB
(2020年8月6日時点でページが存在しないためリンクを削除しました)
[ホームページ制作の流れ | 立川市のホームページ制作はTOL.jp | ツアーオンライン]
(2020年8月6日時点でページが存在しないためリンクを削除しました)
ホームページ制作・Web制作の流れ|ホームページ制作・Web制作会社 ウィッシュポケット