CMSは多くの企業がホームページなどWebサイトを制作する際に活用しているシステムです。昨今の著しいオンライン化に伴い、サイト運用はビジネスにおいて必須のものになりました。サイト運用に関わっている担当者は、企業の成長率を高めるためにCMSの基礎知識を押さえておくのが望ましいでしょう。

そこで、初心者でも簡単に理解できるよう、CMSの基礎知識やメリット、種類や特徴まで詳しく解説します。

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

直感的な操作で、Webサイト・LP・フォームも作成も自分で完了!さらに、問い合わせの管理や効果測定もできてPDCAが高速に回ります。

CMSとは?代表的なCMSの種類

CMSとは「Contents Management System」の略称であり、専門知識がなくても簡単にWebサイトを構築したり、管理したりできるシステムのことです。プログラミング言語などがわからなくても運用できるため、自社の複数の担当者で共有・管理しやすく、効率的に作業を進められます。

CMSを導入するメリット

実際にCMSを導入するとどんなメリットがあるのかを解説します。

Webサイトの運用が楽になる

専門知識がなくても使えるCMSを導入すれば、簡単にWebサイトの更新やページの追加ができるようになり、社内のメンバーで分業するなどしてサイト運用を効率化できます。Webサイトの情報を別で整理してまとめなくても、CMS上で簡単に確認できるので引き継ぎ業務の負担もかかりません。

マルチデバイスに対応できる

CMSによって、Webサイトのデータをユーザーの閲覧デバイスに対応したテンプレートに適用させることができるため、マルチデバイス化をスムーズに行えます。スマートフォン対応だけでなくタブレット対応もでき、ユーザーにとって利便性の高いWebサイトに改善することが可能です。

SEO対策しやすい

CMSはさまざまな機能が搭載されていて、SEO対策がしやすいのもメリットです。CMSごとにサイト構造やページのhtmlの作り方が決まっていて、SEO対策に貢献するように意識して作られているものがほとんどです。

タイトルタグやメタタグ、HタグなどSEOに影響を与えるタグも簡単に設定できるため、あまり知識がない担当者でもSEO対策がしやすくなります。

SNSと連携しやすい

多くのCMSはSNSと連携可能で、記事を投稿したらツイッターで自動ツイートされるようにしたり、Facebookページにも自動投稿したりといったことが簡単にできます。

SNSは頻繁に更新するのが重要ですが、SNSの専任スタッフがおらず、なかなか手が回らない企業も少なくありません。CMSで連携させることによりSNS運用の手間を減らすことができ、無理なく更新頻度を保てます

災害対策にもなる

CMSでだれでも簡単にWebサイトを更新できるようにしておけば、オンライン環境があればいつでもどこでも運用できる体制を作れます。コロナなどの感染症発生時や災害時などでも、自宅から作業しやすくなるため災害対策にも適しています。