CMSは多くの企業がホームページなどWebサイトを制作する際に活用しているシステムです。昨今の著しいオンライン化に伴い、サイト運用はビジネスにおいて必須のものになりました。サイト運用に関わっている担当者は、企業の成長率を高めるためにCMSの基礎知識を押さえておくのが望ましいでしょう。

そこで、初心者でも簡単に理解できるよう、CMSの基礎知識やメリット、種類や特徴まで詳しく解説します。

目次

  1. CMSとは?
  2. CMSを導入するメリット
  3. CMSを活用したマーケティング活用例
  4. おすすめのCMSツール
  5. CMSの種類と特徴
  6. CMSは顧客管理やサイト分析などのマーケティングツールとしても活用できる
  7. CMSでWebマーケティングを手軽に効率化

▼国産で使いやすいCMSはこちら

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

直感的な操作で、Webサイト・LP・フォームも作成も自分で完了!さらに、問い合わせの管理や効果測定もできてPDCAが高速に回ります。

CMSとは?

CMSとは.jpg
CMSとは「Contents Management System」の略称であり、専門知識がなくても簡単にWebサイトを構築したり、管理したりできるシステムのことです。プログラミング言語などがわからなくても運用できるため、自社の複数の担当者で共有・管理しやすく、効率的に作業を進められます。

CMSを導入するメリット

CMSを導入するメリットは以下のようなことが挙げられます。

  • Webサイトの運用が楽になる
  • 専門知識がなくてもWebサイトの運用・更新ができる
  • マルチデバイスに対応できる
  • SEO対策しやすい
  • SNSと連携しやすい
  • 災害対策にもなる

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

Webサイトの運用が楽になる

専門知識がなくても使えるCMSを導入すれば、簡単にWebサイトの更新やページの追加ができるようになり、社内のメンバーで分業するなどしてサイト運用を効率化できます。Webサイトの情報を別で整理してまとめなくても、CMS上で簡単に確認できるので引き継ぎ業務の負担もかかりません。

専門知識がなくてもWebサイトの運用・更新ができる

CMSを導入するメリットは、Webサイト構築に詳しくない方や専門知識がない方でも、Webページの新規作成や更新が簡単になることです。社内で利用する際、Webサイトの運用や更新を行う工数は少し増えますが、専門業者に依頼するよりもコストを抑えることができます。また、Webサイトの運営と更新に関する全てのプロセスを自社内で完結できるので、スピーディーに情報公開が可能です。

マルチデバイスに対応できる

CMSによって、Webサイトのデータをユーザーの閲覧デバイスに対応したテンプレートに適用させることができるため、マルチデバイス化をスムーズに行えます。スマートフォン対応だけでなくタブレット対応もでき、ユーザーにとって利便性の高いWebサイトに改善することが可能です。

SEO対策しやすい

CMSはさまざまな機能が搭載されていて、SEO対策がしやすいのもメリットです。CMSごとにサイト構造やページのhtmlの作り方が決まっていて、SEO対策に貢献するように意識して作られているものがほとんどです。

タイトルタグやメタタグ、HタグなどSEOに影響を与えるタグも簡単に設定できるため、あまり知識がない担当者でもSEO対策がしやすくなります。

SNSと連携しやすい

多くのCMSはSNSと連携可能で、記事を投稿したらツイッターで自動ツイートされるようにしたり、Facebookページにも自動投稿したりといったことが簡単にできます。

SNSは頻繁に更新するのが重要ですが、SNSの専任スタッフがおらず、なかなか手が回らない企業も少なくありません。CMSで連携させることによりSNS運用の手間を減らせ、無理なく更新頻度を保てます。

災害対策にもなる

CMSでだれでも簡単にWebサイトを更新できるようにしておけば、オンライン環境があればいつでもどこでも運用できる体制を作れます。コロナなどの感染症発生時や災害時などでも、自宅から作業しやすくなるため災害対策にも適しています。

CMSを活用したマーケティング活用例

CMSを実際に導入した企業事例を交えながら、具体的にどのような効果があるのか解説します。

オウンドメディアの構築

CMSが最も活用しやすいのはオウンドメディアです。ブログのような形式で型の決まったレイアウトで記事を量産するため、エンジニアに依頼せずにテキストや画像を更新していくCMSを使った運用が効率的だからです。

オウンドメディアのメリットは下記の3点が挙げられます。

・潜在層にリーチできる
・ユーザーとの関係構築
・ブランドイメージの確立

しかし、新規でオウンドメディア立ち上げようとする際に、下記の二択で迷う方が多いと思います。

・単独で立ち上げるのが良いか?
・サービスサイトの配下に設置するのが良いか?

最終的に商品購入やサービスの導入につなげたいのであれば、単独にオウンドメディアを立ち上げるよりも、サービスサイトの配下にオウンドメディアを設置する「サイト一体型がおすすめです。

図_サイト一体型のオウンドメディアの例.png

参考1:SUUMOタウン https://suumo.jp/town/
参考2:OneTip https://ferret-one.com/blog

オウンドメディアを立ち上げる際は、その点も考慮してサービスサイトとの連携もスムーズにできるCMSを検討すると良いでしょう。

セミナーやイベント情報の更新

セミナーやイベント情報も更新頻度の高いので、こちらもエンジニアに依頼せずに担当者が直接更新できた方が圧倒的に効率的です。

また、セミナー情報に特化したテンプレートのあるCMSでは、「満席」「残席わずか」などの情報もタイムリーに知らせることができます。

図_セミナー・イベントページの例.png

世界トップレベルのオーディオ製品を企画・製造・販売する株式会社ディーアンドエムホールディングスでは、CMSを導入したことで製品情報だけではなくセミナーやイベント情報を一元管理できるようになり、ユーザーと販売店舗のマッチングが行えるようになりました。

D&M Import Audioのイベントページ

LPのABテスト

CMSを使用したLPのABテストは、複数の候補ページを実際に訪れた訪問者に見せることでLPのコンバージョン率やインプレッションなどのデータを集計し、改善できるシステムです。

例えば、 HJホールディングス株式会社が運営する月額制動画配信サービスHulu(フールー)は、LPに流入したユーザーがトップページフォームで離脱してしまう課題がありました。そこでLPで価格訴求+サービス訴求を軸にしたコピーにした結果、会員数が116.7%に増加しました。

また、中古車販売を手掛ける全国1位の販売実績を誇るガリバーは、離脱するユーザーを減らし自動車査定の申し込み完了率を上げたいという課題がありました。そこで、LPのABテストを行い中古車査定申し込みの必要情報を入力するフォームをLPを埋め込んだところコンバージョン率が120%ほど上昇しました。

LPのABテストに特化したCMSを導入することで、WEBサイトやWEB広告等の効果をさらに高めていき、事業成長に貢献してくれるでしょう。

おすすめのCMSツール

Wordpress

ここでは、代表的な3種類のCMSツールを紹介します。

Wordpress

Wordpress公式サイト

Wordpressは世界中の多くの企業が活用しており、圧倒的なシェアを誇ります。Webサイト構築用のソフトウェアであり、さまざまなツールと連携していて、プラグインやテンプレートの種類も豊富です。

最大のメリットは、やはり無料で利用できることです。初心者でも簡単にWebサイトを構築でき、ブログやアフェリエイトにも適しており、SEOに有利な点も人気の理由です。

また、テーマやプラグインを用いて機能拡張したり、HTMLCSSなどのプログラムを組まなくても動的なWebサイトを構築できたりと、ゼロからサイト構築するよりも遥かに効率的なのが他のCMSツールとの大きな違いです。

その一方で、サポートが不十分であり、ハッキングされやすく、エラーが起きやすいといった課題もあります。

Movable Type

movabletype.png

Movable Type公式サイト

Movable Typeはアメリカで開発されたCMSで、IT知識がない人でもブログ形式で簡単に入力でき、スムーズにサイト構築できるのが特徴です。情報が多いサイトの表示スピード
が速い点も評価されています。
Movable TypeとWordPressの大きな違いはコストとサポートです。WordPressは無料で利用できますがMovable Typeは有料で利用できます。有料であることはメーカーサポート・保証が受けることが可能で、特にセキュリティ対策についてサポートは企業にとっては大きなメリットです。

ただし、実際に導入するとなると手順が複雑で、最低限の知識が求められます。また、Movable Typeのシェア率が低いが故にインターネット上にカスタマイズなどに関する情報が少ないことに加え、Movable Typeの利用経験がある制作会社も少ないのがネックです。

ferret One(フェレットワン)

図_ferretOne公式サイト.png

ferret One公式サイト

今ご覧のWebマーケティングメディア「ferret」を運営する株式会社ベーシックが開発したCMS。一番の特徴は直感的に操作できる「見たまま編集」のCMS機能。LPの複製・変更も簡単なのでABテストも実施しやすくなっています。

CMS以外にもメール配信・SEO順位・ユーザー行動履歴など、Web担当者視点で業務に必要な機能がオールインワンで搭載されています。国産CMSなのでUIもわかりやすく、サポートも充実しています。

CMSの種類と特徴

CMSの種類.jpg
CMSにはさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。自社に適したCMSを選べるように、あらかじめ把握しておきましょう。

オープンソース型

オープンソース型とは、無料で公開されていてライセンス料がかからないものです。一番有名なCMSWordPressもオープンソース型で、プラグインやテンプレートの種類が充実しているため理想のWebサイトを構築しやすいのがメリットです。

ただ、オープンソース型はその汎用性の高さゆえにハッキングがされやすく、セキュリティ面に不安があります。また、アップデートによる不具合が起きることもあり、Webサイトを管理する知識を持つスタッフが必要です。

パッケージ型

パッケージ型とは、オープンソース型とフルスクラッチ型の中間に位置するCMSで、ベンダーに導入や更新を依頼して取り入れるシステムです。ベンダーにある程度のカスタマイズを依頼したり、細かい部分を聞いたりしながら運用できるので、独自の商習慣にも対応しやすく、ある程度の柔軟性があります。

ただし、オープンソースよりも費用がかかることが多く、初期費用とライセンス料が必要です。それなりに予算がある中規模以上のサイト向けです。

フルスクラッチ型

フルスクラッチ型とは、完全オーダーメイドでゼロから構築するCMSです。自社ルールが特殊だったり、取引がかなり複雑だったりして既存のシステムでは対応できない場合に、フルオーダーメイドで自社に合ったシステムを構築することができます

完全オーダーメイドなので、ライセンス費用に加えて開発費、年間保守契約料などがかかり、オープンソース型やパッケージ型よりもはるかに大きな費用が必要になりますが、開発者のサポートを常に受けられ、自社に合わせた運用ができる点はフルスクラッチ型ならではのメリットです。

なお、フルスクラッチ型にはオンプレミス型とクラウド型があり、それぞれの違いも解説します。

オンプレミス型

オンプレミス型では、自社内でサーバーを用意し、そこにCMSを導入してWebサイトの構築・運用を行います。オフラインでサイト運営ができるようになるため、通信障害を防ぎやすい環境になるのがメリットです。

その一方で、サーバー関連のコストがかかり、CMSのベンダーとサーバーを用意してもらうベンダーが異なる場合、工数ややり取りが増えて手間が増えるので注意が必要です。

クラウド型

クラウド型は自社ではなく他社にサーバー管理を依頼し、オンラインCMSを活用します。そのため自社でCMSをインストールする必要がなく、インターネット環境さえあればいつでもどこでもサイト管理・運用ができます。オンプレミス型よりも手軽に利用できるのがメリットです。

一方で、オンプレミス型のようにオフラインでの作業はできないため、インターネット環境に依存します。また、月額料金が発生するので月々のランニングコストがかかる点にも注意しましょう。

CMSは顧客管理やサイト分析などのマーケティングツールとしても活用できる

CMSは専門的な知識がなくてもWebサイト運用の効率化や顧客管理、企業ブランディングなどのマーケティングツールとしても活用できるツールです。CMSを導入しうまく活用すれば、Webサイトからの集客や売上増大、セミナーやイベントなどのきめ細かな情報発信による顧客満足度の向上で企業の信頼性が向上することが期待できます。

CMSでWebマーケティングを手軽に効率化

CMSを活用すれば、あまり専門知識がなくてもWebサイトの構築・運用がしやすくなり、スムーズにオンライン化を推進できます。マーケティングだけでなく業務効率化にも貢献するので、ニューノーマルな時代に対応するためにも積極的に活用していくといいでしょう。

▼国産で使いやすいCMSはこちら

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

圧倒的に使いやすいCMS!見たまま編集のferret One

直感的な操作で、Webサイト・LP・フォームも作成も自分で完了!さらに、問い合わせの管理や効果測定もできてPDCAが高速に回ります。