マーケティング業界は、AIの登場やデータ解析の自動化など、テクノロジーが発達すると共に新たな概念や手法が登場しています。

例えば、「Chatbot」や「データドリブンマーケティング」、「オムニチャネル」など、様々なマーケティング領域で新たな手法が活用され始めています。名前は聞いたことあるものの、具体的にどういう施策を実施するのかわからないという方も少なくないはずです。

今回は、マーケティング業界のトレンド手法について体系的にまとめられた書籍を10冊ご紹介します。

各領域ごとに特化した書籍を厳選していますので、ご自身の担当分野に合わせて情報収集や勉強に活用してみてください。
  

マーケティングのトレンド手法が学べる書籍10選

1. マーケティングオートメーション導入の教科書

marketing-books.001.jpeg
http://amzn.asia/bWRjiAO

"マーケティングオートメーション導入の教科書"は、「MA(マーケティングオートメーション)」とはそもそも何か?という概念から学べる基本書です。MAツールの仕組みや、マーケター自身が担う業務、導入にあたってのポイントなどが解説されています。

また、一般的なMAツールに搭載されているリードナーチャリング、チャネル別の配信など基本機能の紹介から、主要なMAツールとその導入基準についても言及されています。
  

2. データ・ドリブン・マーケティング ―最低限知っておくべき15の指標―

marketing-books.002.jpeg
http://amzn.asia/6VlxpL4

"データ・ドリブン・マーケティング ― 最低限知っておくべき15の指標 ―"は、データを用いる定量的なマーケティング施策である「データドリブンマーケティング」を学ぶことができる書籍です。施策の効果測定を行うためのフレームワークや手法を学ぶことができます。

Excelを用いたデータ分析方法など、一般的な業務用PCに搭載されているツールを用いるため、実務で活用しやすいのがこの本の特徴です。マーケティングにおいて「どのデータを活用すべきか」という指標が軸になっているため、自社のマーケティング施策に適用させやすいでしょう。
  

3. チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来

marketing-books.003.jpeg
http://amzn.asia/fUyBgF8

"チャットボット AIとロボットの進化が変革する未来"は、近年活用されはじめているAIによるChatbotについて解説した書籍です。FacebookやLINEなど既存のプラットフォームが手がけるChatbotの現状から、今後技術発展に伴い、Chatbotはどのように進化するのかを学ぶことができるでしょう。

テクノロジー業界の変化やビジネスの移り変わり、そしてChatbotの事例をもとに展開していくため非常に理解しやすいのがこの本の特徴です。
  

4. 2時間でわかる 図解オムニチャネル入門

marketing-books.004.jpeg
http://amzn.asia/94hvSjV

"2時間でわかる 図解オムニチャネル入門"は、スターバックスやセブン&アイ・ホールディングスなど、様々な大企業が取り組んでいる「オムニチャネル」について解説している本です。オムニチャネルに関する概念を図解で手軽に学ぶことができ、実務で応用しやすい戦略についても言及されています。

また、先に挙げたようなオムニチャネルに取り組んでいる企業の事例を分析を行っており、具体的にオムニチャネル施策を知ることができるでしょう。
  

5. Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書

marketing-books.005.jpeg
http://amzn.asia/8Afw7SF

"Webコンテンツマーケティング サイトを成功に導く現場の教科書"は、コンテンツマーケティングの基本が学べる書籍です。企業ブログやSNS運用が一般的になる中、どんなコンテンツを配信したら良いのかわからないという課題を抱えているWeb担当者も多いでしょう。

そういった方に向けて、コンテンツマーケティングの始め方、戦略の立て方、応用方法が丁寧に解説されているため実践で活用しやすいでしょう。
  

6. SNSマーケティングのやさしい教科書。

marketing-books.006.jpeg
http://amzn.asia/7wWxfoe

"SNSマーケティングのやさしい教科書。"は、多くの消費者が使っている「Facebook」「Twitter」「インスタグラム」に軸を置いたSNSマーケティングの実用書です。

効果測定の難しさなど、企業が実施する上での課題を明らかにした上で、上述した3種のSNSを特性に応じて活用する方法が紹介されています。また、運用してから改善を行うための考え方も知ることができるので、今後SNSマーケティングを実施するWeb担当者であればぜひ参考にしてみましょう。
  

7. リアル行動ターゲティング

marketing-books.007.jpeg
http://amzn.asia/6w5NrPz

"リアル行動ターゲティング"は、近年注目を集めている消費者のオフライン行動(位置情報やセンサー)をもとしたマーケティング手法が解説された本です。この「リアル行動ターゲティング」という概念や、ターゲティング広告の移り変わり、具体的な実施施策について学ぶことができます。

O2Oマーケティングに関連する手法なので、実店舗とネットショップを運営している担当者は参考にしてみてはいかがでしょうか。
  

8. 顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門

marketing-books.008.jpeg
http://amzn.asia/59ZLby7

"顧客を知るためのデータマネジメントプラットフォーム DMP入門"は、DMPについて初学者でもわかりやすく解説された本です。ビッグデータユーザーのアクセスログを活用し、広告配信をする「DMP」の仕組みを学ぶことができます。
  

9. なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?

marketing-books.009.jpeg
http://amzn.asia/1Ln9m9h

"なぜ、あなたのウェブには戦略がないのか?"は、Webマーケティング戦略について定番の「3C分析」をベースに解説されている本です。ホームページやネットショップを運営しているのに、CVや売上が作れないと感じている方であれば参考になることが多いでしょう。事例をもとに戦略の立て方を展開していくため、マーケティング戦略について知識に自信が無い方でも学びやすいのが特徴です。
  

10. アドテクノロジーの教科書

7952_001.jpg
http://amzn.asia/7oYdErt

"アドテクノロジーの教科書"は、タイトルのとおり「アドテクノロジー」の基礎知識が学べる本です。先に紹介したDMPの解説から、DSP/SSPなどアドテクノロジー業界でトレンドになっている広告配信プラットフォームの知識を学ぶことができます。
  

まとめ

今回ご紹介したマーケティングのトレンド分野の書籍は、概念や手法が体系的に学べるだけではなく、企業の事例が掲載されているものもあります。情報収集として参考にするのはもちろん、自社にツールを導入して実施したいと考えているマーケターにとっても役に立つでしょう。

AIのような最新テクノロジーやSNSなどトレンドサービスを活用したマーケティングは、今後も続々と登場するでしょう。ユーザーのトレンドに合わせて、最適な方法でマーケティング施策を行うためにも、上記で紹介した書籍を活用してみてはいかがでしょうか。