ネット広告への出稿を検討している際に「純広告」という単語を見かけたことはありませんか?純広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取り、掲載する広告を指します。

今回は純広告の意味と、純広告にはどういった種類や契約形態があるのかを解説します。
自社の商品やサービスのユーザー層に近いユーザーを持っているメディアの純広告を利用することで、見込みの高い顧客に絞ったアプローチが可能です。バナー広告テキスト広告など種類も様々なので、この機会に基本的な情報を把握しておきましょう。

純広告とは

広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取り、掲載する広告の総称です。

Yahoo__JAPAN.png
https://www.yahoo.co.jp/

例えば、Yahoo!JAPANの場合、上記のようにトップページ右に広告枠を設置しています。
こちらの広告枠は「Yahoo! JAPAN ブランドパネルビジョン」という商品名で販売されており、1週間の掲載期間が約束されています。

Yahoo!JAPAN以外にも、日本経済新聞社や東洋経済オンライン、ニコニコ動画といった主要なメディアで純広告が提供されています。

「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」や「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」といった複数のメディアに掲載される可能性があるネットワーク広告とは異なり、特定のメディア上に掲載されるのが特徴です。

参考:
純広(純広告)とは | Viibar
[広告商品検索 |Yahoo!マーケティングソリューション] (https://marketing.yahoo.co.jp/service/ad.html)
[広告メニュー一覧|日経Web広告ガイド|日本経済新聞社] (http://ps.nikkei.co.jp/adweb/menu/index.html)
ニコニ広告
[東洋経済 AD INFO / 【デジタル広告】|東洋経済オンライン] (https://adinfo.toyokeizai.net/digital/tko.php)

純広告の種類

では、純広告として、どういった広告が配信されているのでしょうか。
6つの種類を解説します。

参考:
純広告|インターネット広告代理店シード
[最近のインターネット広告の動向と健全化の取り組み|消費者庁]
(http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/141216shiryo3.pdf)

1.マイページジャック広告・リッチ広告

Yahoo!JAPANのようなポータルサイト上のページをジャックしたように動画やアニメーションが流れる広告です。
ユーザーのマウスやスクロールに合わせた動きのある広告を表示することもあります。

2.バナー広告

広告主こそ知っておきたい!Twitter広告の表示をカスタマイズする方法|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/8021

バナー広告は、ホームページ上に掲載する画像を使った広告です。
画像をクリックすると、広告主の設定したホームページへとアクセスします。

3.記事・タイアップ広告

【事例公開】3ヶ月で成長率700%!ferretが実践したAMP対応の中身を大公開|ferret__フェレット_.png
https://ferret-plus.com/6256

記事や特設サイトの形式で作成される広告です。

例えば、現在ご覧になっている「ferret」では、記事形式の広告を配信しています。通常の記事と異なり、広告主の提供で配信しているため「Sponsored」が表記されているのがわかるでしょう。

4.テキスト広告

テキスト広告は、ホームページ上に文章の形式で表示される広告です。
文章をクリックすると、広告主の指定したホームページへとアクセスします。

5.動画広告

動画広告は、動画で配信される広告を指します。
例えばYahoo!JAPANの場合、動画サイト「GYAO!」でユーザーが動画を再生した際に動画広告も合わせて再生する「Yahoo! JAPAN インストリーム」という商品を販売しています。

参考:
[広告商品検索 |Yahoo!マーケティングソリューション] (https://marketing.yahoo.co.jp/service/ad.html)

6.メール広告

メール広告は、メール形式で配信する広告です。
例えばferretの場合、会員向けに発信している通常のメルマガ以外にも、広告主からの提供で特別号としてメール広告を配信しています。

純広告の主な契約形態

各メディアが販売している広告枠には、それぞれ「インプレッション保証型」や「インプレッション課金型」といった契約形態が設定されています。
契約形態によっては広告費のかかり方が変わってくる場合があるので注意が必要でしょう。

参考:
[最近のインターネット広告の動向と健全化の取り組み|消費者庁]
(http://www.caa.go.jp/adjustments/pdf/141216shiryo3.pdf)
広告料金・形態 | IK ALL - インターネット広告のすべて

1.期間保証型

特定の期間、掲載することを前提とした契約形態です。
掲載される期間のみが設定されているため、広告が表示される回数やクリック数は保証されません。

2.インプレッション保証型

広告の表示された回数を指す「インプレッション数」を確約して配信する契約形態です。

参考:
[インプレッション保証型広告 | 用語集 | サイバー・コミュニケーションズ (cci)] (http://www.cci.co.jp/words/impression_ad.html)

3.インプレッション課⾦型

インプレッション数に応じて広告費が請求される契約形態です。
広告配信前に特定の金額で契約するインプレッション保証型とは異なり、広告配信後に実績に応じた金額が請求されるのが特徴です。

4.クリック保証型

広告がクリックされる数を確約して配信する契約形態です。

5.クリック課⾦型

広告がクリック数に応じて広告費が請求される契約形態です。

6.成果報酬型

広告からアクセスした人が、アクセスした先のサイトで商品を購入したり、資料ダウンロードしたりした場合に、成果に応じて請求される契約形態です。
「1回ダウンロードするごとに○万円」といった価格設定がされています。

7.配信数保証型

メールが配信される数を確約して広告を配信する広告です。
例えば、特定のメディアを購読している会員10万人に配信するメール広告の場合、10万通の配信を確約した契約となるでしょう。
この時、メールをどの程度の人が開封して読んだかといった点は保証されません。

まとめ

広告とは、特定のメディアの広告枠を買い取り、掲載する広告を指します。

Untitled.png

広告には上記のように様々な種類と契約形態が存在します。また、メディアと直接契約する場合と、広告代理店を介して契約する場合があるので注意してください。

広告は「YDN(Yahoo!ディスプレイアドネットワーク)」や「GDN(Googleディスプレイネットワーク)」代表されるようなネットワーク広告とは異なり、特定のメディアに掲載されるため、メディアごとの特色が現れます。そのため、広告を出稿するメディアを選ぶ際には、自社の商品やサービスのターゲット像やキャンペーンの狙いに合わせものを選ぶようにしましょう。

広告について合わせてチェック

高広伯彦に聞くWebメディアのビジネス戦略3つの鍵

高広伯彦に聞くWebメディアのビジネス戦略3つの鍵

広告は、むやみやたらに掲載することでコンテンツの見え方やメディアのカラーを損ね、ユーザーに不快な体験を提供してしまう要因にもなります。メディア担当者はどのように広告と向き合ったら良いのでしょうか。媒体社が考えるべきビジネス戦略について、株式会社スケダチ代表の高広伯彦 氏に「広告取引の多様化」という視点から伺いました。

マーケターなら知っておきたい新しい広告手法 注目を浴びつつある「音声広告」とは?

マーケターなら知っておきたい新しい広告手法 注目を浴びつつある「音声広告」とは?

近年、リスティング広告やバナー広告、そして動画広告などとは違った「音声広告」が話題になっています。 ただ、従来の文字・画像・動画といった視覚への訴求広告とは異なり、聴覚へ訴求するため、本当に効果があるのか疑問に感じる人も多いかもしれません。 そこで本記事では、音声広告を取り上げたニュースやメリット、成功事例などをまとめました。音声広告の活用を考えている人はぜひ参考にしてみてください。