飲食店で食事をした際、お店の情報が載っているカードを渡されたことはありませんか?

その手渡された店舗情報が記載されているカードのことを「ショップカード」と言います。皆さんご存知でしたでしょうか。

飲食店やアパレルショップなどの店舗を運営している方なら、ショップカードの作成を一度は検討したことがある方もいるかもしれません。ショップカードには、店舗の情報だけではなく、クーポン券やポイントカード機能が備わっているものもあります。来店客に店のことを覚えてもらい、再来店してもらうのに有効です。

しかし、どのように作成すればいいのか調べる暇もなく、本業の忙しさに追われて導入できていないこともあるでしょう。

今回は、ショップカードのメリットやデメリット、作成のポイントをまとめました。ショップカードの作成を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ショップカードとは

ショップカードの作成〜活用までのポイント_001.jpg

ショップカードは、店舗の情報を載せたカードのことを指します。ほとんどが名刺程度のサイズです。

店の所在地や連絡先、コンセプトなどを記載して、顧客に店のイメージを印象付けることができます。初めて来店してくれた人に渡せば、再来店のキッカケとなるでしょう。
  

ショップカードをつくるメリット

店舗情報にすぐアクセスできる

「仕事終わりに何気なく立ち寄った」というように、来店した動機がフワッとしている場合、おそらく来店客はその店のことをすぐに忘れてしまいます。後日「また行きたい」と思っても、その店名や連絡先がわからなければ、別の店を選んでしまう可能性もあり、気付かないうちに機会損失を被っているということも少なくありません。

もし、こうしたシチュエーションで、来店客がショップカードを持っていれば、自店の連絡先などの情報にすぐアクセスでき、きっと再来店につなげられたはずです
  

他店との差別化

ショップカードには、店舗の情報だけではなく、その店のコンセプトやイメージを伝える役目もあります。独自のデザインを施すことで、他店との差別化につながるでしょう。

また、例えば、裏面をポイントカードやサービス券にするなどの工夫で、再来店も見込めます。
  

新規顧客の獲得

ショップカードは新規顧客の獲得にもつながります。1度利用してくれた既存顧客が紹介時に渡してくれる可能性もあるからです。また、近隣店舗に置かせてもらうことができれば、そこからの来店も見込めます。

ショップカードは小さなチラシとして機能し、財布やカードケースに収納できることからユーザーが持ち帰りやすい点も特徴です。
  

ショップカードに記載する内容

ここからはショップカードに記載する内容についてご紹介します。

主な掲載内容は以下のような項目です。

● 基本情報
・店名
・営業日時
・電話番号
・メールアドレス
・ホームページのURL
・住所
・SNS(Facebookページ・LINE@など)のQRコード

● コンセプト
・ロゴやキャッチコピー
・オススメメニュー

● 特典
・キャンペーン
・ポイント欄
・クーポンなどの付加サービス

  

ショップカードの目的に沿って情報を記載する

主な記載項目を挙げましたが、実際に1枚のショップカードに記載できる内容は限られています。無理に詰め込んでも読みにくく、デザインも映えません。

なぜショップカードを作るのか、目的を明確にして記載項目を絞り込みましょう。

例えば、新規顧客の獲得が目的であれば、店舗の基本情報を多めに記載し、裏面には初回来店のサービス内容などを盛り込みます。既存顧客のリピートが目的であれば、店舗の基本情報は少なめにして、オススメのメニューを記載し、ポイントカード欄を作って再来店を促すという工夫もできます。
  

ホームページやSNSアカウントはQRコードで掲載

自店のホームページやSNSがある場合は、ぜひカードに記載しましょう。その際、直接URLを記載してしまうと、顧客がアクセスする時に直接打ち込む手間がかかるため、あまり良い方法とは言えません。

その場合はQRコードを記載してみましょう。QRコードを利用することでカードのスペースも省略でき、顧客はスマートフォンをかざすだけでアクセスできます。これは大きなメリットです。

FacebookやTwitterなどのSNSは、機能としてQRコードを生成する機能が付いています。ホームページURLでQRコードを作成する場合は、専用の作成ツールを利用すると便利です。

参考:
QRコードとは?手軽に作れる作成ツールを紹介|ferret
  

ショップカード作成方法

ショップカードの作成〜活用までのポイント_002.jpg

自店のショップカードを作成する際は、まず作成目的記載項目を決めることが大切です。

そこからは、外部事業者に発注するか、自店で内製するかの2つにわかれます。
  

1. 外部事業者に発注する

ショップカードや名刺を作成してくれる会社のサービスを利用します。インターネットで検索すれば数多くの会社が結果にあがってくるので、自店に適したデザインやプランを選びましょう。

各会社が用意しているデザインテンプレートから選んで作成する方法が、一番安価で早くカードを仕上げることができます。デザインやカードの紙質などにこだわりたい場合は、特注しても良いでしょう。

参考:
一味違った名刺が作れる印刷会社とWebサービス19まとめ|ferret

また、近年利用が増えているクラウドソーシングサービスで、個人のデザイナーに依頼するのも一手です。「コンペ式」などと呼ばれる方式では、自店のイメージをもとにデザイン案を複数のデザイナーから提案してもらい、気に入ったものを買い取ることができます。

参考:
猫の手も借りたい時に!クラウドソーシング主要サービスを比較|ferret
  

2. 自店で内製する

プレゼンテーションソフトやデザイン制作ソフトを使って自分でデザインし、名刺用の用紙に印刷して作成することもできます。名刺用のテンプレートや、名刺作成ツールなどもあるので、デザインスキルに自信の無い方であれば、ぜひ活用してみましょう。

参考:
無料で簡単に高品質な名刺を作成!デザインテンプレート10選&作成ツール3選|ferret
  

ショップカードの活用方法

作成したショップカードは、お店にとっての名刺のようなものです。積極的に活用し、自店のことを覚えてもらいましょう。
  

レジやテーブルに置く

自店のレジやテーブルに置いておくことで、来店客は好きなタイミングでカードを手に取ることができます。設置場所の近くに、再来店の特典やサービスの告知などもしておくと効果的です。
  

精算時に渡す

最後の精算時に、来店客に直接手渡します。再来店時のキャンペーンや近日発売予定の新メニューなどがあれば、その時に一言紹介しましょう。
  

テーブルに配りに行く

タイミングを見て、食事中にテーブルを回り、挨拶と一緒に配ります。店長やシェフなど、店舗の責任者が行くと「特別」な印象を与えられるため効果が見込めるでしょう。

店長やスタッフの顔を覚えてもらい、実際に会話することでお店に対する印象も強く残ります。とはいえ、長時間会話を行うことで顧客の邪魔をしてしまったり、来店客同士の話の腰を折ったりしないよう、タイミングや時間等を踏まえて行いましょう。
  

近隣店舗においてもらう

近くの店や、類似コンセプトの店舗に置いてもらうことも有効です。互いの店舗でショップカードを置くことで相互にメリットがあります。

ターゲット層や店の雰囲気が似ている店を選ぶことが重要です。一方で、明らかな競合関係にある店舗である場合は断られる場合もあるため、事前にリサーチしましょう。
  

まとめ

ショップカードは、お店にとっての名刺のようなものです。多くの競合店がひしめく中で、来店客に対して手軽に自店の個性や強みをアピールできます。

最近は印刷会社のホームページからテンプレートに入力するだけですぐに発注完了で、クラウドソーシングで実績のあるデザイナーに注文できるなど、予算や期間に応じて作成することができます。デザインにこだわりのある方は、作成ツールを使って自作することも可能です。

一度作っておくと様々な場面で活用できるため、手軽に導入してみてはいかがでしょうか。