ユーザーのことを考えたコミュニケーション設計がカギ

今回のイベントでは、広告ユーザーに嫌われている現状を踏まえ、どの企業も、よりユーザーの心情・ニーズに寄り添った施策を展開していることが明らかとなりました。CPA・CPOなどの指標を単純に追うのではなく、ユーザーとのコミュニケーション手段として広告・SNSを活用できるかが、今後のポイントとなっていくでしょう。

広告事例を知る

10代の4割が商品購入経験あり! YouTuberのタイアップ広告事例

10代の4割が商品購入経験あり! YouTuberのタイアップ広告事例

YouTuberが企業とタイアップして商品やサービスを紹介する広告スタイルは珍しいものではなくなってきました。また、商品購入の際にYouTuberの商品紹介動画を参考にするユーザーも増えています。特に10〜30代の若年層に関しては、3割以上のユーザーがYouTuberの動画がきっかけで商品を購入した経験があるそうです。YouTuberと企業のタイアップは、他の広告と比べてどのような利点があるのでしょうか。今回は、動画広告にYouTuberを起用するメリットと、最新のタイアップ広告事例を紹介します。