A/Bテストで押さえておくべきポイント

さて、A/Bテストを実施する場合、具体的にどのようなところに意識するべきなのでしょうか。代表的な4つのポイントをご紹介します。LPOを実施する際は、これらのポイントを踏まえて実践してみることをオススメします。

色の変更

ユーザーランディングページを見た瞬間に感じる印象は、色による影響が大きいでしょう。ページ全体のカラーテイストはもちろん、バナー1つの色味の違いも試してみると面白いテスト結果が得られるかもしれません。また、色の組み合わせによる変化を検証するのも有効です。ランディングページ全体のテイストとは対照的な色を、CVにつながるボタンに使用するなど色々と試してみましょう。

ボタンの配置

ボタンの配置もA/Bテストを行う上で王道と呼べるテスト項目です。ボタンをどこに配置するとユーザーにとって認識しやすいのか、いろいろなパターンを検証してみるべきです。また、ユーザーのモチベーションの向上に沿って、コンバージョンボタンを見せるとすれば、ページのどこに置くのが適切なのかなど、ボタンの配置に関する検証は奥深いものです。

キャッチコピーを分けてみる

キャッチコピーA/Bテストの比較項目として実施しやすいため、積極的に試したいところです。まったく異なるキャッチコピーA/Bテストを実施するだけではなく、キャッチコピーの中で使う言葉を「ひらがな」にするべきか「漢字」にするべきかといった比較検討も有効です。アルファベットの利用も同様です。わずかな変化でも印象が異なるのがキャッチコピーの奥深さでもあり、A/Bテストを効果的に利用できるシーンです。キャッチコピーによる反応を分析できれば、ユーザーの性質にあわせて、キャッチコピーを使い分けることもできます。

フォントを変えてみる

フォントランディングページの印象を大きく変える重要な存在です。ゴシック体を明朝体に変更するだけでも、ページで紹介する商品やサービスのイメージを大きく影響する可能性があります。ターゲットにとって選択するフォントがどのような印象を生むのか、どのフォントが商品やサービスを魅力的に感じさせるサポートになるのかを考慮してA/Bテストを行なってみましょう。

A/Bテストは重要な役割を担う

LPOを行う上で、A/Bテストが重要な役割を担うことをご理解いただけたかと思います。ボタンの配置やキャッチコピーなど、わずかな違いでもコンバージョン率に数パーセントの差が生じることがあるのです。このような差の発生は、まさにクリエイティブの影響力の強さを物語っていると言えます。

はじめて制作したランディングページが目標を超える顧客づくりを簡単に実現することは滅多にありません。Webマーケティングの成功は、しっかりと考え抜いた仮説と、その検証にあるのです。A/Bテストを積極的に繰り返し、ユーザーと商品・サービスを結びつけるために最適なランディングページを作り上げましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

LPO(ランディングページ最適化)の改善の進め方はどのようにするのが最適?

LPO(ランディングページ最適化)の改善の進め方はどのようにするのが最適?

ランディングページは、ユーザーがホームページにアクセスする際、最初に閲覧するページであり、自社との出会いの場とも言えます。「知りたい」や「購入したい」など様々な動機を持ち、ホームページを閲覧するユーザーにとって、ランディングページがいかに機能的でありニーズを満たしてくれるかは重要なのです。ランディングページ最適化という意味を持つLPO(Landing Page Optimization)は、ランディングページの品質を高め、成果を向上させるための施策であり、Webマーケティングにおいて必須であると言っても過言ではありません。

ランディングページ(LP)のコンバージョン(CV)率を高めるための動画活用10のTIPS

ランディングページ(LP)のコンバージョン(CV)率を高めるための動画活用10のTIPS

商品やサービスの新規顧客の獲得に欠かせないマーケティング施策、ランディングページ(LP)。比較的短期間かつ低予算で制作できることもあり、多くの中小企業が実施しています。そして最近では、動画を掲載しているLPも多く見かけるようになりました。 そこで今回は、コンバージョン(CV)率を高めるために、LP動画を活用する際に知っておきたい10個のポイントをご紹介していきます。 これからLPを制作する企業も、既存のLPの効果を改善したいと考えている企業も、チェックリストとしてぜひご活用ください。

ランディングページを作成する時に使える心理学15選

ランディングページを作成する時に使える心理学15選

ランディングページは、1ページのみでサービスの魅力を伝え、何かしらの成約に結びつけなければいけません。今回は、ランディングページを作成する時に応用できる心理学をまとめました。