動画広告はターゲットを見極め、最適なメディア選びを

動画広告単価は1再生〜秒と再生された場合に課金が発生することが多く、そのタイミングはメディアによってバラバラです。また、動画広告を配信しつづける日数によって料金が異なります。

ですので一概にこれといった金額を提示することはできませんが、1再生あたり3円〜20円程度なので、数万円からも動画広告の運用を始められます。

まずは一度動画広告を低価格で運用しましょう。リアルの肌感を感じることは大切です。

動画広告の他の手法を見てみる

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。

動画コンテンツの視聴層はどの年齢層が中心?【ジャストシステムの調査】

動画コンテンツの視聴層はどの年齢層が中心?【ジャストシステムの調査】

2019年5月21日、マーケティングの統計情報などを公開しているサイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」は、2019年4月度の「動画&動画広告 月次定点調査」をリリースしました。 この調査から、動画コンテンツの年代別利用状況をまとめました。 調査は、株式会社ジャストシステムによる、セルフ型ネットリサーチサービス「Fastask」のアンケートにて実施されたものです。