インプレッションとエンゲージメントの違いとは

Twitterを使っていると、インプレッションの他に「エンゲージメント」という言葉もよく耳にすることでしょう。エンゲージメントは、インプレッションに対し、ユーザーが何らかのリアクションをすることを指します。

具体的には、ツイートをユーザーが自身のフォロワーに拡散できる「リツイート」や、コメントの入力、「いいね」を押す、写真やリンクをクリック、プロフィールのクリックなどです。

ユーザーが関心を持ったからこそ、発生した行動として認識しましょう。このエンゲージメントの発生率をエンゲージメント率と言い、エンゲージメントをインプレッションで割り算出します。インプレッションとエンゲージメントは関連性の高い指標として覚えておきましょう。

エンゲージメントについては、以下の記事でより詳しく解説しています。ぜひ合わせてご覧ください。

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

インプレッションだけ気にしてない?Twitterの効果は「エンゲージメント」を見よ!

Webマーケティングにおいて、今やメインとなっていると言ってもいいTwitter。その際にチェックしておきたいのが「エンゲージメント」です。Twitterでは、ツイートごとにユーザーの反応をチェックすることが可能。そこでTwitterのエンゲージメントの見方を紹介します。

Twitter(ツイッター)のインプレッションを増やすメリット

このツイートのインプレッションをいかに増やすかがプロモーションの成否に関わる大きな課題ですが、Twitterにはインプレッションを増やしやすい特徴があるのです。

Twitterには、リツイート(RT)という機能があります。リツイートとは、他のユーザーのツイートをボタン1つでフォロワーのタイムラインに表示させられる機能です。つまり、自分のフォロワーにリツイートしてもらうことで、フォロワーのフォロワーに自分のツイートを表示させることができます。

もちろん、フォロワーにリツイートしてもらえるようなツイートをしなければいけないので、内容には熟慮が必要です。ツイート内容がユーザーニーズに合えば大きな反響を得られるのがTwitterの醍醐味ですので、たくさんツイートをして研究するとよいでしょう。

Twitter(ツイッター)インプレッションの確認方法

インプレッションの確認方法は手軽にわかる方法と、詳しくわかる方法の2種類があります。

自分のツイート一覧から確認する

自分のツイートのインプレッションを確認するには、ツイートの右下にある三本線のマークを押します。

image3.png

インプレッションやエンゲージメント数が表示されます。エンゲージメントに関しては、「いいね」や「詳細のクリック数」「プロフィールのクリック数」といった詳細まで確認できます。

image6.png

Twitter Analytics(ツイッターアナリティクス)から確認する

左下にある小さな3つの円が付いたボタンをクリックし、メニューを表示させます。

image8.png

表示したメニューの真ん中あたりにある「アナリティクス」をクリックします。

image1.png

アナリティクスのホーム画面を表示しています。ヘッダーの「ツイート」をクリックします。

image2.png

インプレッションの推移を確認できます。

image4.png

ページを下にスクロールすると各ツイートのインプレッション、エンゲージメントエンゲージメント率が一覧で表示されています。各ツイートの下にある「ツイートアクティビティ」をクリックします。

image5.png

詳細を表示します。

image7.png

このようにTwitterアナリティクスでは、ツイートに対する様々な数字が確認できます。Twitterアナリティクスの詳しい使い方に関しては以下の記事を参考にしてください。

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

ツイートを分析してフォロワーを増やそう!無料ツール「Twitterアナリティクス」の使い方

SNSマーケティングでは分析ツールが必要不可欠です。Twitterの分析をするなら「Twitterアナリティクス」は欠かせないでしょう。Twitterが無料で提供している分析ツールで、誰でも簡単に自分のアカウントのデータ分析が行えます。どれだけ見られていて、どれだけ反応されているかがわかるため、効果的なツイートの傾向を把握することができるのです。そこで、今回はTwitterアナリティクスで具体的に何ができるのか、どんなデータが見られるのかを解説します。Twitterユーザーであれば誰でも確認できるホーム画面とツイート画面の見方を中心に、画面キャプチャと合わせて説明しますので、これから始める方で