ツイートのインプレッションを増やすには

宣伝にTwitterを使っても、なかなかインプレッションが増えずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。特にまだTwitterを始めて間もない場合、フォロワーが少ないため、インプレッションが伸びずに、満足できる反響をすぐに得るのは難しいでしょう。そこで、インプレッションを増やす効果のある方法を少しだけ紹介します。

リプライを利用する

自分のツイートをリツイートをしてもらえるとインプレッションが増える傾向にあると前述しました。ただ、ツイートをして待っているだけでは、インプレッションが増えるとは限りません。自ら積極的にインプレッションを増やしたい場合は、リプライを行うとよいでしょう。リプライはツイートの下にある吹き出しマークを押すことで行えます。

リプライは日本語で言う「返信」にあたりツイートをした人と会話ができます。フォロワー数の多いユーザーのツイートに対しリプライを行うことで、多くのフォロワーに自分のツイートを見てもらえる可能性が広がるのです。フォロワーが少ない初期の状態でも、積極的なアクションからインプレッションに繋げる期待ができる方法の一つと言えます。

ハッシュタグを利用する

InstagramでもおなじみのハッシュタグTwitterでも使えます。例えば「#北海道」というように「#」の後にキーワードをつけることで、同じハッシュタグを付与した投稿を絞り込むためのボタンの役割になるのです。まだ自分のアカウントを知らないユーザーにも、自分を見つけてもらえる可能性が増えるため、ハッシュタグは積極的に使いたいところ。

ただし、誰も使わないハッシュタグを作成しても、自分のアカウントに気がついてもらえず、インプレッションも増えません。使用したいハッシュタグが期待できるものかを確認した上で利用しましょう。

Twitterのハッシュタグを有効に使おう!効果的な使い方とは?

Twitterのハッシュタグを有効に使おう!効果的な使い方とは?

Webマーケティングの中でも主戦場になりつつある「SNS」。中でも人気の高いTwitterでは「ハッシュタグ」という機能を使えば、フォローしていないまたはフォロワーではないユーザーにも投稿を見つけてもらいやすく、よりSNSマーケティングの効果を高められます。ハッシュタグの基本から使い方まで詳しく解説しているので、ぜひ今日からハッシュタグを活用してみましょう。

ツイートを増やす

やはり時間はかかるものの王道は“ツイートを増やすこと”です。どんどん積極的にツイートを増やしていく一方で、大切になってくるのが分析作業になります。どのツイートが効果的だったのか、インプレッションやエンゲージメントから把握し、ユーザーに届くツイートができるように最適化していきます。すぐにインプレッションが増えず、やきもきしてしまうかもしれませんが、正攻法として留意しておきたい方法です。