有料動画制作ソフトを選ぶ前に、目的を精査しよう

本格的に動画制作に取り組むと決定し、有料動画制作ソフトを導入することになったら、「どんな形で動画をアウトプットしたいのか」も明確にしましょう。
例えば、「SNS掲載用」「Webに公開」「デジタルサイネージに利用」「ディスクに長期保存」「放送局に納品」といった点です。

その目的により、選ぶべきソフトウェアは絞り込まれてきます。「何のために動画を制作するのか」だけではなく、「どんな形で動画を公開するのか」という観点も必ず検討に含めるようにしましょう。

関連記事

イベントやセミナーを開催したい企業にライブ配信ブーム!?ビジネス用途向けライブ配信ツールを紹介

イベントやセミナーを開催したい企業にライブ配信ブーム!?ビジネス用途向けライブ配信ツールを紹介

「ライブ配信」というと「17 LIVE」や「ツイキャス」など、個人向けのライブ配信をイメージしがちでしょう。しかし新型コロナウイルスの影響か、企業が消費者に向けてライブ配信をするようになりました。その要因として、新型コロナウイルスの影響でリアルな場での集会や対面での営業が限られていること、そして消費者のStay Home期間が長くなっていることが挙げられます。

動画広告を自分でつくってみよう!低予算で作成できるツールを3選

動画広告を自分でつくってみよう!低予算で作成できるツールを3選

Web広告の中でも効果が高いと言われる「動画広告」。制作を外部に委託するとコストがかかるため、最近は自社内でツールなどを用いて動画広告を制作するケースも増えており、これからますます動画広告の市場規模は拡大していくと見られています。この記事では、動画広告を自作する方のためにおすすめの動画広告作成ツールを3つ紹介。ぜひ参考にしながら広告を作成してみましょう。