インターネット上には、SEOに関するあらゆる情報が無料で公開されていますが、初心者が1から10まで学べるようなコンテンツは意外と見つからないものです。そこでオススメしたいのが書籍からの情報収集です。SEO初心者向けの書籍であれば、SEOの歴史や概念、今有効な施策までを体系立てて学ぶことができます。
特に、今回ご紹介する書籍はわかりやすく、応用のきく情報が豊富です。
SEOの基礎を体系的に学び、土台をしっかり築いておきましょう。

1.検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書

検索にガンガンヒットさせるSEOの教科書
http://www.amazon.co.jp/dp/4798114073
株式会社アイレップの渡辺隆広氏が執筆した書籍です。SEO対策の王道のノウハウが掲載されており、業界では「SEOの教科書」ともいわれている一冊です。
検索エンジンの仕組みからキーワード選定方法などの実践的な内容まで網羅されており、これからSEOをじっくり学ぼうという方にぴったりの内容となっています。

2.「いちばんやさしい新しいSEOの教本」

「いちばんやさしい新しいSEOの教本」

http://www.amazon.co.jp/dp/4844335359
Webコンサルティングを行うアユダンテ株式会社の安川洋代表、江沢真紀氏、村山祐介氏の共3名で執筆された書籍です。
SEOについてセミナー形式でわかりやすく紹介されています。
書籍のサイズが少し大判で、ホームページSEOの全体像が図表をふんだんに使って解説されているため初めて手に取るSEO対策の書籍としてオススメです。
キーワード選定に役立つ業種別サイトマップキーワードマップなどのサンプルも豊富です。

3.「これからはじめる SEO内部対策の教科書」

これからはじめる SEO内部対策の教科書
http://www.amazon.co.jp/dp/4774152943
SEOコンサルティングを行う株式会社セブンアイズ代表取締役瀧内賢氏の著書で、SEOで重要とされている、内部対策について解説されています。内部(=ソースコード)の仕組みを簡潔に解説しており、検索エンジンの評価をあげる手法についてわかりやすく書かれています。(ただし、HTMLCSSの事前知識がないと、少し理解が難しい内容かもしれません。)

4. 「WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル」

WordPressで加速させる!ソーシャルメディア時代の[新]SEO戦略マニュアル
http://www.amazon.co.jp/dp/4798031747
SEOコンサルティングを行う株式会社ウェブライダーの松尾茂起代表の著書です。
SEOに優れたCMSWordPress」。今やWordPressでの集客は当たり前となっています。また、ソーシャルメディアをいかにSEOに活用するのか等、現在トレンドとなっているWordPressソーシャルメディアを使ったSEO対策の基礎を分かりやすく教えてくれる本です。オリジナルWordPressテーマ、ダウンロードサービスが付いています。
 

5. 「10年つかえるSEOの基本」

10年つかえるSEOの基本
http://www.amazon.co.jp/dp/477417324X/
ヴォラーレ株式会社の土居健太郎取締役の著書です。
SEOに関しての基本概念はもちろん、「Webサイトがどうあればよいものか」という総合的な基準まで記載のある書籍です。
フルカラー紙面で読みやすく、内容も初心者向けに用語がわかりやすく記載されています。

まとめ

SEO対策」と検索エンジンに打ち込むだけでも、膨大な情報量に驚く方も多いのではないでしょうか。
その中から初心者向けの良質な情報を選別するだけでも時間がかかってしまいますが、体系立てて説明した初心者向けの書籍が一冊あればそのような手間をかける必要もありません。
上記で紹介したような書籍を存分に活用し、正しいSEO施策を行っていきましょう。

このニュースを読んだあなたにおすすめ

SEO対策に関するカリキュラム
SEOはURLの正規化が重要
コンテンツSEOにおける魅力的なコンテンツの作り方

このニュースに関連するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラム

SEO対策に関するカリキュラムを体系立てて学ぶことができます。