動画マーケティングの課題

①自社の課題が分からず、何を動画にすれば良いのか分からない

「これからは動画マーケティングの時代だ!自社でも動画制作に取り組もう」と言っても、「自社では何を動画にするのがベストだろうか?」とクエスチョンマークが湧いてくる企業も多いのではないでしょうか。

まずは、自社が対外的に抱えている大きな課題を洗い出す事が必要です。

採用のミスマッチ、応募人数不足という課題を抱えているのならば、採用に関する動画を制作することが最優先です。無形商材を取り扱っていて、営業がお客様への説明に困る場面が多いのならば、商品・サービス説明動画を制作することが優先でしょう。

前述したとおり、「動画マーケティング」で企業が制作する動画には実に多岐にわたる種類があります。

まずは自社の課題を棚卸しすることから始めましょう。その際にどうしても自社内で解決できない場合には、動画マーケティングに強いコンサルテーション会社に依頼することも一つの手です。

②社内に動画制作の知見・リソースがない

現時点で、社内に動画制作の知見・リソースがない企業も多いかもしれません。

しかし、最近では無料の動画制作ソフトも多数の選択肢があるほか、有料ソフトでも数千円〜数万円ほどと比較的安価で、まったくの初心者でも簡単にスマホ撮影素材から動画編集ができるプロダクトも存在しています。

これから長期的に自社で動画マーケティングに取り組もうとするのなら、インハウスでできるところからチャレンジしてみるのも価値ある投資だと言えます。

動画制作ツールを22選比較!目的を明確にしてから選ぼう

動画制作ツールを22選比較!目的を明確にしてから選ぼう

昨今、ビジネスシーンにおいて動画制作に取り組む企業が急速に増加しています。その際に必要となるツールが「動画制作ソフト」ですが、数多くの製品が存在するため、目的を明確にしてからソフト選びをすることが肝要です。この記事ではビジネスパーソンに向けて、動画制作ツールの選び方のポイントについて、具体的なソフト22選を挙げつつお伝えします。

無料でここまでできる!動画制作のためのフリーソフト19選

無料でここまでできる!動画制作のためのフリーソフト19選

昨今、「動画の時代」と言われ、オンラインでもオフラインでも、SNS動画、YouTube動画、サイネージ動画など生活の中で「動画」と関わる場面が大きく増えました。その分、動画を制作・編集するニーズもまた、一般のビジネスパーソンの間でも高まりつつあると言ます。この記事では、動画制作フリーソフトの選び方のポイントについて、具体的なソフトウェア事例19選をご紹介しながらお伝えします。

初心者でも動画制作をマスター丨手順やポイントを分かりやすく解説

初心者でも動画制作をマスター丨手順やポイントを分かりやすく解説

Webマーケティングで注目を集めている動画広告。自社で制作したいと考えているマーケティング担当者の方に向けて、編集のコツや制作時に気をつけたいポイント、初心者におすすめの動画制作ツールに至るまで、分かりやすく解説しています。

③時間・コストがかかる

動画制作には、撮影から編集、書き出しといったプロセスを伴うため、制作に比較的時間がかかります。

編集のための有料ソフト、カメラや照明、スタビライザーといった撮影用機材なども導入すれば、そこも含めてある程度コストもかかります。

また、自社で対応できず制作会社に外注する場合にも、決して少なくはないコストと時間がかかってきます。

撮影から公開までに時間・コストがかかるという点は、現時点では動画マーケティング施策展開において避けられない課題であり、そこを踏まえて計画を立案する必要があります。