国内シェア第2位の検索ポータルである「Yahoo! JAPAN」。
Yahoo!検索やYahoo!ニュース、Yahoo!天気など、Yahoo! JAPAN内のコンテンツを利用していると、ページ内に広告が表示されます。

これらは「Yahoo!広告」と呼ばれるもので、ごく少額から、企業や店舗、個人事業主でも出稿をすることが可能です。今回の記事では、このYahoo!広告の仕組みや種類、出稿方法の基本について解説をしていきます。

Yahoo!広告とはどのようなもの?

Yahoo! JAPANの検索ポータルとしてのシェアは国内第2位

Yahoo! JAPANの検索ポータルとしてのシェアは、Googleに次いで現在、国内第2位です。

Yahoo! JAPANの発表によると、国内スマホ利用ユーザーの87%をカバー。

そして、「Yahoo!広告」とはYahoo!ニュースやYahoo!天気など、Yahoo! JAPAN内の幅広いコンテンツに掲載することができるもので、性別・年代を問わず多くのユーザーに宣伝内容を届けることが可能な仕組みです。

Yahoo!広告のサンプル例

[図1]検索広告のサンプル例
image12.png

画像出典:Yahoo!広告

[図1]は、Yahoo!広告のうち「検索広告」のサンプル例です。

Yahoo!検索にて、例えば「英会話 教室」というワードで検索した時、それに関連する広告検索結果画面の上部、および下部に表示されます。

これが「検索広告」と呼ばれるもので、商品やサービスを「今」探している購買意欲の高いユーザー、つまり顕在層へ宣伝内容を届けることができます。

[図2]ディスプレイ広告のサンプル例
image9.png

画像出典:Yahoo!広告

[図2]は「ディスプレイ広告」と呼ばれるもののサンプル事例です。

これは、Yahoo!ニュースやYahoo!知恵袋など、Yahoo!ジャパン内のコンテンツを閲覧している際、ページ内に表示される画像広告のことです。

ユーザーの興味関心や購買意向に基づくターゲティング機能を活用することができ、主に潜在層へのアプローチに有効な手法です。

Web広告出稿が初めての人にもおすすめ

Yahoo!広告は、Web広告出稿が初めての人にもおすすめです。

その理由は、サポートの手厚さにあります。

Web広告マーケティングに関する専門知識を持ち合わせていない場合、「本当に自分一人で運用できるだろうか?」「本当に成果が出る?」といった疑問を抱く人もいるのではないでしょうか。

そういった疑問に応えるべく、Yahoo!広告では「初期設定サポート」「広告運用専用ダイヤル」といった手厚いサポート窓口を用意しています。

「初期設定サポート」では、専門コンサルタントが広告掲載に必要なキーワードの選定や広告文章の作成などの初期設定を、すべて無料で行ってくれます。

また、「広告運用専用ダイヤル」では、「具体的な運用改善策を知りたい」「広告効果を上げたい」といった広告運用相談に対し、専門アドバイザーが無料で答えてくれます。

参考:Yahoo!広告