コンバージョン設定に使うタグ

Google広告のコンバージョン設定にはタグを使用します。使用するタグは以下の通りです。それぞれのタグの役割を理解しておきましょう。

グローバルサイトタグ

グローバルサイトタグは、Googleの別のタグと連携してコンバージョンを測定するタグです。Webサイト全体のウェブタグ付けライブラリとして機能します。Googleアナリティクスなど、Googleの様々なサービスで使用されており、タグ付け方法を統一できます。実装と管理が簡単になる便利な存在です。グローバルサイトタグは、Webサイトのすべてのページに設定する必要があります。

イベントスニペット

イベントスニペットは、コンバージョンの計測に必要です。コンバージョンとしてカウントするページに設置する必要があります。つまり、Google広告を経由してユーザーが最終的に行き着いてほしいゴールのことです。資料請求や問い合わせのサンキューページに埋め込みましょう。該当ページユーザーが達するとイベントスニペットがコンバージョンとしてカウントするという役割です。

コンバージョンタグを発行する

コンバージョンタグの発行はGoogle広告の画面から行います。画面上部の「ツールと設定」から「測定」のメニューを展開し「コンバージョン」を選択しましょう。すると、コンバージョンの設定画面が表示されます。

コンバージョンの種類を選択する

image5.png

すでに登録されているコンバージョン設定一覧の上にプラスボタンがありますのでクリックしてください。すると、上記の画面が表示されますので、トラッキングするコンバージョンの種類を選択します。Webサイトのコンバージョンを設定したいので左端にある「ウェブサイト」をクリックしましょう。

コンバージョンアクションを作成する

コンバージョンアクションを作成するとトラッキングコードを発行できます。コンバージョン設定において最も大切なのはこの設定です。項目の意味をわかって設定できれば、成果検証にも役立ちます。

(1)カテゴリ

image9.png

リストの中から、設定したいコンバージョンに合致するものを選択してください。

(2)コンバージョン名

image10.png

登録するコンバージョンに名称をつけます。カテゴリを選択した際に自動で設定されますが、好きなものに変えられます。

(3)値

image4.png

コンバージョン1件あたりに値を付与する場合に設定する項目です。コンバージョンごとに異なる価値を記録することができます。そういった評価をしないのであれば、同一の価値を割り当ててよいでしょう。

(4)カウント方法

image3.png

広告をクリックしてコンバージョンに至ったユーザーが再度コンバージョンをした場合にカウントをするかを設定します。デフォルトでは「全件」になっていますが、初回のみに価値があるという場合は変更が可能です。

(5)クリックスルーコンバージョンの計測期間

image12.png

クリックスルーコンバージョンは、ユーザー広告をクリックしたときはコンバージョンには至らなかったものの、別のタイミングでコンバージョンとなったケースです。何日間までカウントするのか設定します。特に変更したい理由がなければデフォルトの30日間でよいでしょう。

(6)ビュースルーコンバージョンの計測期間

image6.png

ビュースルーコンバージョンとは、ユーザー広告を見てもクリックはしなかったものの、別の機会にコンバージョンに至ったというものです。このケースを何日までカウントするかという設定です。特に変更したい理由がなければ、デフォルトの1日間のままでよいでしょう。

(7)コンバージョン列に含める

image8.png

設定したコンバージョンを「コンバージョン数」の列に含めるかを選択します。スマート自動入札戦略でこの列のデータを使用するため、ここはデフォルトのままでよいでしょう。

(8)アトリビューションモデル

image11.png

はじめての方にわかりにくいのがこの設定です。簡単に言うとコンバージョンに至るまでのプロセスの中でどこを評価するかというものです。

「ラストクリックモデル」はコンバージョンとなる最後を評価するもので最もわかりやすいでしょう。「ファーストクリック」は最初の接点を貢献度が高いとします。「線形」は均等に貢献度を割り当てます。「減衰」とは最後を最も高く評価し、最初になるほど評価を減衰されるというものです。最後に「接点ベース」は、最初と最後に貢献度のウエイトを持たせます。

デフォルトでは「ラストクリックモデル」になっており、まずはこれを選択してよいでしょう。
最初はよくわかりにくく感じるかもしれませんが、ここを理解できるとマーケティングに深みが増します。

設定したら「作成して続行」をクリックしてください。
タグの追加方法の選択画面が表示されれば、無事にタグが作成されたことになります。