広告も、「誰が言っているか」が重要

この記事では、「タイアップ広告(記事広告)」がどんな価値を発揮するかについて述べてきました。昨今のネットユーザーは、特に若い世代ほど情報リテラシーが高くなっており、「何を言っているか」よりも「誰が言っているか」を重要視しているとも言われています。

例えば、InstagramやYouTubeを見て「インフルエンサーが言っているから、その商品に関心を持つ」「購買行動に移る」といった態度変容を起こすのです。

また、ECサイトやグルメサイトなどで、企業側が掲載した売り文句よりも、ユーザーレビューを重要視して来店・購買に移る、という消費者行動も同様の例だと言えるでしょう。

「誰が言っているか」が重要だという視点に立てば、「タイアップ広告(記事広告)」の重要性は今後ますます、高まっていくとも考えられます。

リスティング広告」「ディスプレイ広告」「SNS広告」に加え、WEB広告の一手法として、「タイアップ広告」もぜひ活用を検討してみてください。

関連記事

押さえておきたいWeb広告の基本!7つの種類と特徴について

押さえておきたいWeb広告の基本!7つの種類と特徴について

Web広告は表示される場所や特徴によって様々な種類があります。そのため、これからWebマーケターになる方や、広告を学ぼうと考えている方にとっては複雑に見えてしまうかもしれません。この記事では、複数ある広告の種類や特徴、表示場所について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

10代の4割が商品購入経験あり! YouTuberのタイアップ広告事例

10代の4割が商品購入経験あり! YouTuberのタイアップ広告事例

YouTuberが企業とタイアップして商品やサービスを紹介する広告スタイルは珍しいものではなくなってきました。また、商品購入の際にYouTuberの商品紹介動画を参考にするユーザーも増えています。特に10〜30代の若年層に関しては、3割以上のユーザーがYouTuberの動画がきっかけで商品を購入した経験があるそうです。YouTuberと企業のタイアップは、他の広告と比べてどのような利点があるのでしょうか。今回は、動画広告にYouTuberを起用するメリットと、最新のタイアップ広告事例を紹介します。