インターネットを利用する際、SafariやFirefox、Google Chrome(以下Chrome)などさまざまなブラウザをが必要となります。
特に、機能が豊富であったり端末を問わない柔軟性などからChromeのユーザー数は非常に多くなっています。
2016年4月に発表されたデータによると、Chromeのモバイル版ユーザーは10億人を突破したとされています。

モバイル版Chromeユーザーが10億人突破 | TechCrunch Japan

これほどまでにシェアを伸ばしているChromeですが、意外に知られていない便利な機能が多数あります。
今回は、その中でも知っておくと周りと差がつく、便利な機能10選をご紹介します。
作業効率が格段にあがる機能ばかりですので、ぜひ一読しておきましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Webマーケティングとは
Facebookをさらに便利に!オススメのChrome拡張機能12選
エンジニア必見!作業効率が格段に上がる無料のChrome拡張機能13選

Chromeの知っていると便利な裏技10選

1.異なるデバイスでタブを共有する

例えば、勤務先のパソコンで閲覧していたページを、帰宅中にスマートフォンでも閲覧する、という場合に役立ちます。

1.png
Chromeを立ち上げて画面右上に表示されているアイコン(画像赤枠部分)をタップすると、メニューが表示されます。
この中から「最近使ったタブ」を選択するとメニューが表示されて「その他のデバイス」という項目が表示されます。

2.png
ここをタップすると、他のデバイスで閲覧していたページをスマートフォンでも確認することができます。

2.検索バーで計算ができる

3.png
Chromeの検索バーでは、計算ができます。
使い方も非常に簡単で、検索バーに計算式を入力してEnterキーを押すだけです。
都度電卓アプリを立ち上げなくてもいいので、知っていると意外に便利な機能です。

3.複数のパソコンで設定を共有でする

Googleアカウントを取得しておくと、Chromeをより便利に使用することができます。
例えばパソコンを買い換えた場合でも、Googleアカウントを利用してChromeにログインすると、以前使用していたパソコンで設定したテーマ、ブックマークなどの設定がそのまま引き継がれます。

4.ひとつのパソコンで複数のアカウントを利用することができる

Googleアカウントを複数所有している場合は、特にChromeを使用することをオススメします。
通常は、ひとつのパソコン上で異なるアカウントにログインする場合、その都度現在表示されているアカウントをログアウトしなくてはいけません。
Chromeを使用すれば、その手間を省くことができます。

4.png
まず、画面上部のメニューバーから「Chrome」を選択します。
するとメニューが表示されるので「環境設定」をクリックしてください。

5.png
設定画面が表示されます。
少し下にスクロールすると「ユーザー」という項目が表示されています。
ここで「ユーザーを追加」をクリックすると、所有している他のアカウントを追加することができます。
これで設定は完了です。

6.png
アカウントを切り替える際は、画面左上に表示されているアイコン(画像赤枠部分)をクリックすると、アカウントがすべて表示されます。
この中から使用したいアカウントをクリックするだけで、ログアウトをしなくても切り替えが可能です。

5.シークレットモードが使用できる

7.png
複数人で一台のパソコンを使用する際に注意したいことが、履歴の管理です。
次に使用する人に履歴を見られたくない場合には、シークレットモードを使用しましょう。
「Ctrl+Shift+N(Macの場合はCommand+Shift+N)」というショートカットキーでタブを開くと、シークレットモードが立ち上がります。
通常通りページ閲覧などで使用した後、ページを閉じるだけで履歴に残らずにインターネットを利用することができます。

ただし、保存したファイル等はページを閉じた後でも残ります。
また、パソコン上の履歴に表示されないだけで閲覧したページの運営元には閲覧内容が知られるなど、一切記録が残らないわけではないことに注意してください。

6.ショートカットキーで作業効率化が図れる

Chromeには、さまざまなショートカットキーが存在します。
最初は使い慣れなくても、何度か使用していれば慣れてきますので、意識して使用してみてください。
なれると作業効率が格段に向上します。

ショートカットキーについては、ferret内のイカのページでご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。
Chrome利用者必見!Web閲覧の作業効率が格段に上がるショートカットキー40選

7.よく閲覧するページをすぐに開くことができる

TwitterやFacebookなど、普段よく見るページがある程度決まっている方も多いでしょう。
パソコンを立ち上げてChromeにアクセスし、チェックしたいページに都度アクセスするのは少し手間がかかります。
Chromeでは、あらかじめよく見るページを設定しておけば、起動時に一気に異なるタブで表示されるようになります。

まず「4」でご紹介した手順で「環境設定」から「設定」のページを開いてください。

8.png
「起動時」というメニューが表示されています。
この中から「特定の1つのページまたは複数のページを開く」という項目にチェックを入れて、すぐ横に表示されている「ページを設定」をクリックしてください。

9.png
起動時に表示したいページを設定することができる画面が表示されます。
URLを入力していくだけで設定できますので、該当ページURLを入力してください。
設定できるページ数は、特に定められていません。
URLを入力して「OK」をクリックすれば、設定完了です。

8.タブ上でページの見出しを確認することができる

ページにはそれぞれ見出しがついています。
たくさんのタブを開いている、見出しが長いなどの理由で、タブ上に見出しが表示しきれていない場合があります。
こういった際には、タブ上にカーソルを置いてみてください。
これだけで長い見出しもすべて表示させることができます。

9.拡張機能がすぐれている

Chromeには、さらに便利に使用するための拡張機能があります。
Chrome ウェブストア

ferret内でも便利な拡張機能をまとめた記事が多数ありますので、ぜひ検索窓で「Chrome 拡張機能」と検索してみてください。
または以下のURLより、ferret内の検索結果ページに遷移することができます。
「Chrome 拡張機能」に関する検索結果|ferret

10.パスワードやID、ユーザー情報などの一括管理・自動入力が可能

あるページにアクセスし、そこでパスワードやID、住所、メールアドレスなどの入力が必要になる場合があります。
Chromeからアクセスすると、一度情報を入力すればその後は自動でパスワードが入力された状態で保存されます。

10.png
パスワードやIDを入力した際に、上画像のようなポップアップが表示されます。
ここで「保存」をクリックするだけで設定完了です。

また、住所やメールアドレスなど、フォームに入力する内容についても登録しておけば、その後は自動で入力することができます。
まず「4」でご紹介した手順で「環境設定」から設定画面を開きます。

11.png
少し下にスクロールすると、青い文字で「詳細設定を表示」という項目が表示されていますので、ここをクリックしてください。

12.png
するとさらにメニューが表示されますので「パスワードとフォーム」の中の「ワンクリックでのウェブ フォームへの自動入力を有効にする」にチェックを入れてください。
これで完了です。

13.png
なお、そのすぐ横に表示されている「自動入力設定の管理」をクリックすると、住所やクレジットカードなどの情報を登録することができます。

MAシェアと国産MAツールランキングを紹介

資料を無料ダウンロード

まとめ

今回ご紹介したものはすべて、Chromeならではの便利機能です。
どれも難しい操作は必要なく、あらかじめ簡単な設定をしておくだけで、手間のかかる作業を少しでも短縮させることができます。
情報収集に集中するためにも、今回ご紹介したものはぜひマスターしておきましょう。

このニュースを読んだあなたにオススメ

Webマーケティングとは
Facebookをさらに便利に!オススメのChrome拡張機能12選
エンジニア必見!作業効率が格段に上がる無料のChrome拡張機能13選

このニュースに関連するカリキュラム

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

Webマーケティングとは、インターネットを介した顧客との関係づくりです。対面が主流だったコミュニケーションが、インターネット上でどんどんと広がっています。マーケティングのノウハウというよりも、ビジネスの本質から考えていくとわかりやすいものです。