ビジネスアカウントの解禁により、ますますビジネスツールとしての活用が期待されるインスタグラム。
インサイト機能も搭載されているため、ある程度のフォロワーの情報を確認することはできます。しかし、公式インサイトだけではカバーしきれない指標もあります。

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

SNSマーケティングツールの資料をダウンロードしてみる

再現性のあるTwitter運用を可能とするSNSマーケティングツールの資料を無料でダウンロードできます。

今回は、インスタグラムのアナリティクスツールを6つご紹介します。
使用したい機能や価格に合わせて、本記事を参考にアナリティクスツールの導入を検討してみてはいかがでしょうか。また、分析を行う上で最低限チェックしておきたい指標についてもご紹介していますので、合わせて確認することをオススメします。

ユーザー分析で最低限見るべき指標5つ

ユーザー分析で最低限見ておくべき指標は5つあります。
自社アカウントの分析は言うまでもありませんが、競合分析を行う際にも重要となる指標ですので、必ずチェックするようにしましょう。

1.フォロワー数の増減

フォロワー数は、投稿がどれくらいのユーザーにリーチしているのかを把握するために必要な指標となります。
そのため、少しでも多くのユーザーにリーチするためには、フォロワー数を増やす施策は欠かせません。
写真や動画のクオリティを上げるなど施策はさまざまありすが、まずは推移を確認して施策が成功しているのかどうかをチェックしてみましょう。

ログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

プログラミング不要、非エンジニアでも利用できるチャットボットツールの資料をダウンロード

ITツールに不慣れな方や非エンジニアでも利用できる国産初のチャットボットツール。LINEやFacebook Messengerを使ったマーケティングで多数実績を持っています。

2.いいね!数

ユーザーからの反応がいい投稿はどのようなものなのかを把握しないまま運用を続けても、大きな効果を期待することは難しいでしょう。
反応を確認するわかりやすい指標の1つが「いいね!」数です。
「いいね!」数が多いものと少ないものは何が違うのかを比較するだけでも様々な発見があるでしょう。

3.コメント数

コメントは「いいね!」をするよりも手間がかかるためハードルの高い作業となります。
だからこそ、コメントしてくれるユーザーほどアカウントに対するエンゲージメントも高いと言えます。

「いいね!」だけでなく、ユーザーがコメントを残したくなるのはどのような投稿なのかも分析してみましょう。

4.コンバージョン率

自社ホームページへの誘導やアプリインストール、商品の購入などを目的としている場合には欠かせない指標が「コンバージョン率」です。

インスタグラム経由でどれだけのユーザーがコンバージョンしているのかをチェックし、ゴールに近づくための効果検証を行いましょう。
そもそも設定しているターゲット層に間違いがないのかも常にチェックする必要があります。

5.投稿時間帯・曜日

意外と見落としがちですが、投稿時間・曜日も重要な指標です。
ターゲットユーザーがアクティブではない時間帯・曜日に多く投稿を行っても、流れの早いタイムライン上では見落とされてしまう可能性もあります。

競合アカウントがどのような時間帯・曜日に投稿する傾向にあるのかも含め、ユーザーの反応がいい時に投稿できるようにしましょう。