TwitterアナリティクスにおけるCSVデータのエクスポート

1. Twitterアナリティクスにログインする

まずはTwitterアナリティクスにアクセスし、ご自身のTwitterアカウントと連携します。
Twitterが無料で提供いるサービスのため、Twitterユーザーなら誰でも使用することができます。

Twitterアナリティクス

2. 「ツイート」の項目へ移り、ツイートを分析したい期間を選択する

ページ上部のメニュー項目から「ツイート」を選択すると、ツイートアクティビティの画面へと移ります。

CSVファイルをダウンロードする前に、必ずツイートを分析したい期間を設定しましょう。
期間は最大90日間を設定することができ、右側の選択欄からは「7日間」や「28日間」を作業日から逆算して選択することも可能です。
日付範囲を選択したら、最後に必ず「更新」のボタンを押すようにしましょう。

【本物】Twittterアナリティクス.png

3. CSVデータをダウンロードする

日付範囲を選択したら、データのダウンロードを行います。ダウンロードされたファイルはCSV形式となります。
なお、データのダウンロードには時間がかかる場合がありますので、通信環境の良い場所で行うことを推奨します。

データエクスポート.png

CSVデータの文字化けを直す方法

ダウンロードしたデータは、そのままExcelで開くと文字化けしてしまいます。
テキストエディタを用いて、エンコーディングを変更するようにしましょう。

初心者でも使いやすいオススメのテキストエディタ19選|ferret [フェレット]

なお、筆者である私はmacユーザーであるため、CotEditorを使用しています。
以下より、CotEditorを利用しての文字化けを治す方法をご紹介します。

その1. CotEditorにてダウンロードしたファイルを開く

Finderで該当ファイルを右クリックし、「このアプリケーションを開く」からCotEditorを選択する。

Finderで「このアプリケーションを開く」.png

その2. CotEditorにてエンコーディングの変更を行う

エンコーディングの初期設定が「Unicode(UTF-8)」になっているため、変更を行います。

エンコーディング1.jpg

エンコーディングを「日本語(Shift-JIS)」に変更します。

エンコーディング2.jpg

エンコーディング3.jpg

エンコーディング4.jpg

以上の順にて作業を行うと、Excelファイルで開いた時でも文字化けが無い状態になります。