Googleが誕生してから、来年で20年を迎えます。

1998年9月4日に誕生したこの会社は、当初バックリンクを分析する検索エンジンの会社として始まりましたが、2000年には課金型リスティング広告Adwordsのサービスが始まり、2004年にはGmailやGoogleマップ、Google Earthなどのサービスが始まりました。

Googleといえば「ググる」という言葉にもなっているように検索エンジンのことを想起しますが、実際のところ「Google検索エンジンの会社」というのは無理があり、インターネット関連のサービスや製品に関する大規模なテクノロジー企業と表現するのが適切かもしれません。

今回は、検索エンジン以外でGoogleが提供しているさまざまなサービスの中で、あまり知られていないサービスをまとめてみました。

Googleが提供しているサービスはこんなにあった

1. Android Auto

01.jpg

Android Autoはカーナビの代替となる車のナビゲーションシステムをAndroid OSで利用することができるものです。
カーナビ本体に入れる場合と、スマートフォン端末に入れる場合の2種類があります。
GoogleマップやGoogleミュージック、通話などをハンズフリーで楽しむことができます。

2. Android One

02.jpg

Android OneGoogleアプリを中心に、必要最低限なアプリだけで構成されたAndroid OS搭載のスマートフォンの総称です。
毎月セキュリティアップデートが行われ、OSもアップデートされます。
現在はY!mobileから販売されているAndroid One S1が対象の端末となっています。

3. Android Pay

03.jpg

Android Payは、日本ではnanacoや楽天Edyなどが対応しており、対応端末であればスマートフォン1台で決済できます。
海外ではApple Payのようにクレジットカードにも対応していますが、日本ではまだ未対応のようです。

4. Android Wear

04.jpg

Android WearAndroid OSを搭載したスマートウォッチで、電話をかけたり、Googleカレンダーでスケジュールを確認したり、Google翻訳で90言語に翻訳したりすることができます。
意外と知られていないかもしれませんが、iOS 8.2以降にも対応しているので、iPhoneユーザーとも相性は抜群です。

5. Google Cardboard

05.jpg

Google Cardboardは組み立て式のVR端末で、スマートフォンと組み合わせて利用することができます。
Cardboard SDKを入手すれば、独自の没入型アプリを作成することもできます。

6. Chromebook

06.jpg

ChromebookGoogleのChrome OSを搭載した廉価版のパソコンです。
自動アップデート、長時間駆動バッテリー、そしてGoogleドキュメントやスプレッドシートをオフラインで使うこともできます。

7. Chromecast

07.jpg

Chromecastはテレビなどに接続してストリーミング接続を楽しむための端末です。
Chromecast UltraはWi-Fiネットワークで最大 4K Ultra HDとHDR の映像をストリーミングでき、テレビの HDMI 端子に差し込んで使うストリーミング デバイスで、バッファリングを最小限に抑えて高速で安定したストリーミングを提供できます。

8. Daydream View

08.jpg

Daydream ViewGoogleが開発したVRヘッドセットとコントローラーのセットです。
PixelやMoto Z、Huawei Mate 9 Pro、Galaxy S8など、Daydream対応端末さえあれば、特別なアプリをインストールせずに気軽にVR体験を楽しむことができます。

9. Google Earth

09.jpg

Google Earthはブラウザや専用ソフトで地球を立体的に探索ができるサービスです。
新しいGoogle Earthでは、新たにガイド付きのツアーであるVoyagerや情報カードなどの機能が追加されました。

10. Google Finance

10.jpg

Google Financeは株式情報などをリアルタイムに確認できるサービスです。
現在はアメリカ・カナダ・イギリス・中国・香港で利用することができます。

11. Gboard

GboardGoogleが提供しているiOS用のキーボードアプリです。
絵文字やGIFアニメなどを入力できるほか、キーボードに検索ボタンが付いており、検索した結果を直接エディターやメッセージに貼り付けることができます。

12. Google Allo

12.jpg

Google Alloはステッカーを貼ったり写真に落書きをしたりできるGoogleのスマートメッセージングアプリです。
Google Assistantが搭載されており、AIを通じた会話を行うことも可能です。

13. Google Duo

13.jpg

Google DuoGoogleが提供しているビデオ通話アプリです。
ワンタップで簡単に通話を開始でき、携帯通信から Wi-Fi への切り替えもスムーズに行うことができます。

14. Google Expeditions

14.jpg

Google ExpeditionsGoogle Earth VRとGoogle Cardboardを利用して、スマートフォンで世界の探索ツアーをVRで楽しむことができるアプリです。
ペルーのマチュピチュ、南国、国際宇宙ステーションなど、さまざまな場所の探索ツアーが用意されています。

15. Google Express

15.jpg

Google Expressは、Googleによる無料配送サービスです。
現在では米国の一部地域だけで利用できるようです。

16. Google Fit

16.png

Google FitAndroid用のフィットネスアプリで、ゴールを決めて習慣的に運動をトラッキングすることができます。
ランニングではスピード、ペース、どこで一番速度が上がったかなども記録すうrことができます。

17. Google Home

17.jpg

Google Homeは、Google アシスタントを利用できる音声操作対応スピーカーです。
「OK Google」と話しかけて、音楽を聴いたり天気を確認したりすることができます。

18. Google WiFi

18.jpg

Google WiFiは室内でWiFiネットワークを構築するためのGoogle製のホームガジェットです。
1つの端末で1500平方フィート(約140平米)の広さに対応しています。

19. Google クラウドプリント

19.jpg

Google クラウドプリントアカウントとプリントが印刷されていれば、クラウド経由で印刷を行うことができるサービスです。
さまざまなGoogle Appsに対応しています。

20. Google フライト

20.jpg

Google フライトはさまざまな旅行プランからフライトを検索・予約することができるサービスです。
往復・片道だけでなく、複数年検索にも対応しています。

21. Tango

21.jpg

Tangoはスマートフォンやタブレットを使ってARを楽しむことができるアプリです。
3D ツールで空間を測定し、家具などをバーチャルで配置したり、おもちゃ、ペット、惑星などのバーチャルな物体を、まるで実際の空間に存在するかのように楽しむことができます。
Asus ZenFone ARやLenovo Phab 2 Proなどが対応しています。

22. YouTube Gaming

22.jpg

YouTube Gamingはゲームの実況中継動画に特化したYouTubeプラットフォームです。
ゲームの実況中継をライブ配信することもできます。

23. Google サイト

23.jpg

Google サイトは、ホームページを無料で作ることができるGoogleのサービスです。
マテリアルデザインのテンプレートに、文字や画像などを自由に配置してホームページを作成することができます。

24. Google トレンド

24.jpg

Google トレンドは、検索ワードのボリュームなどをビジュアル化して見ることができるサービスです。
何が話題になっているのかが一目瞭然でわかるようになっています。

まとめ

映画や音楽などのコンテンツ、メッセージやビデオ通話などのコミュニケーション、PixelやChromebookなどのデバイスなど、ありとあらゆる分野で存在感があるのがGoogleです。
まだまだ今回紹介しきれなかったものもたくさんあります。

サービス一覧では、ほかにもさまざまなサービスを知ることができます。
ぜひ、面白そうなサービスがあれば使ってみてください。

参考:
https://www.google.co.jp/intl/ja/about/products/