Webページの成果を高めるには、公開後の改善が欠かせません。
特にネットショップやWebサービスを展開している企業にとって、Webページの改善によって、ユーザーの利用率や利用額が向上することは売り上げの増大にもつながるでしょう。
ただ、どのように改善を始めたらいいのかわからないという方もいるかもしれません。

今回は、Webページを改善する際の基本的な流れと5つの手法をご紹介します。
Webページの改善は、ビジネスの基本的なフレームワークである「PDCA」に沿って行います。
これから改善に取り組もうという方は、ぜひ参考にしてみてください。

Web改善の基本的な流れ

Webページ改善の基本は「PDCA」です。すでにWebページは公開されているため、チェック(Check)から始まります。

 Check(評価):現状の把握
 Act(対策):問題の発見
 Plan(計画):仮説の立案
 Do(実行):施策の実行
 Check(評価):仮説の検証

仮説の検証までを行ったら、その検証結果からさらに問題を発見し、仮説を立案していきます。
では、それぞれのステップで行うべきことについて詳しくみていきましょう。

1.現状の把握

Webページが現在、どの程度の人に見られているか、どの人はどこからWebページを見つけたのかといった現状を把握する作業です。
具体的には以下の2つの視点で分析を行います。

 定量分析:Googleアナリティクスなどを利用してアクセスを解析する
 定性分析:ヒートマップを利用してWebページを利用している人の動きを把握したり、ユーザーテストを行い、Webページの利用状況を明らかにする

2.問題の発見

把握した現状から、問題を見つけていきます。

例えば「トップページにアクセスした人のうち、商品紹介ページへ遷移している人は5%しかいない」といった数値で測れるものはGoogleアナリティクスでも把握できます。ですが、なぜ商品紹介ページに遷移している人が少ないのかといったことはわかりません。

この時、ユーザーテストを行うことで「商品紹介ページ自体が見つけづらい位置にあった」などの問題がわかるでしょう。

3.仮説の立案

発見した問題を解決できるかもしれない仮説を立てます。
先ほどの例であれば「商品紹介ページ自体が見つけづらい位置にある」という問題に対して、トップページの一番上に商品紹介ページリンクするバナーを設置すればいいのではないかとった仮説を立てます。

4.仮説を元にした施策の実行

立てた仮説を実行します。この時、仮説を元にした施策へ完全に切り替えてしまうのではなく、現状のままのパターンと仮説による変更を加えたパターンの2つを同時に行うA/Bテストをとる方法もあります。

5.仮説の検証

仮説を元にした施策がどのような結果を得たのか検証します。
予想していた効果は得られたのか、予想していた結果が得られなかったのなら、それはなぜなのかを分析しましょう。

参考:
[サイト改善に大切な3つの分析手法とおすすめWeb解析ツールまとめ | 株式会社LIG] (https://liginc.co.jp/web/service/google/154561)
[Webサイト改善の基本・効果的なサイト改善8ステップ【チェックリスト付き】 | バリューエージェント] (https://valueagent.co.jp/blog/3928)
[Webサイトを改善するための4つのステップ|WD ONLINE] (https://book.mynavi.jp/wdonline/detail_summary/id=42434)

Web改善に関わる5つの手法

Webページの現状把握を行っても、どこか問題なのかがわからないという方もいるかもしれません。その際には、以下の5つの視点を持って分析してみましょう。

1.SEO

SEO(Search Engine Optimization)とは、検索結果で自社のWebページを多く露出するために行う手法を指し、日本語では「検索エンジン最適化」と訳されます。

ユーザーがWebページを見つける際の方法の1つが「検索エンジンからの検索」であり、自社のページを見つけてもらうためには検索結果に正しく表示されていなければいけません。

そのため、ページ内部の構造を修正したり、コンテンツを充実させたりなどすることで、より多くのユーザーに見つけてもうことを目指します。

参考:
[SEO対策とは〜初心者でも分かるSEOの基礎|ferret [フェレット]] (https://ferret-plus.com/1733)

2.LPO

LPO(Landing Page Optimization)とは、ユーザーWebサイトを訪れて、最初に見るページであるランディングページの内容に対して改善を行う手法を指し、「ランディングページ最適化」と訳されます。

なかでも、1ページ内で成果を得られるように設計されたランディングページでは、改善を行うことが売り上げなどの成果に直結します。そのためLPOは多くのコンバージョンを得るための手法とも言えるでしょう。

参考:
LPOとは|ferret [フェレット]

3.UI改善

UIとは、ユーザーインターフェース(User Interface)の略称で、ユーザーがWebページ上で触れるすべての要素を指します。

例えば、TwitterやSkypeでは2017年上半期に大幅なUIの変更をおこなっています。
問い合わせフォームへのボタン1つとっても、そのボタンがどこにあるかによってユーザーの見つけやすさ・使いやすさは異なり、ユーザーがサービスから得られる体験にも影響するでしょう。

参考:
新しいデザインになりました|Twitter
新しい Skype | 無料通話とチャットの機能を強化
UIとは?UXとは?違いを理解しよう!|ferret [フェレット]

4.EFO

EFO(Entry Form Optimization)とは、会員登録や問い合わせ画面などの入力フォームを改善する「入力フォーム最適化」を指します。

例えば、ネットショップの場合はショッピングカートに入れてから購入に至るまでの入力フォームを改善することで、最終的に購入されるまでの確率を向上させられるでしょう。

EFOとは?効果的な4つの改善ポイント|アクセス解析ツール「人工知能AIアナリスト」ブログ

5.CRO

CRO(Conversion Rate Optimization)とは、Webページに訪れた人のうち、成果につながる確率を高める「コンバージョン率最適化」を指します。

例えば、商品紹介ページから問い合わせフォームリンクするボタンを目立つように設置し、問い合わせというコンバージョンへ至る確率を高めるといった方法が考えられるでしょう。

参考:
CRO とは 意味/解説/説明 (シーアールオー) 【Conversion Rate Optimization, コンバージョン率最適化】 | Web担当者Forum

まとめ

Webページの改善は「現状の把握」「問題の発見」「仮説の立案」「仮説の検証」という、PDCAに沿った流れで行います。
問題を発見し、仮説を立てるためには、以下の5つの手法を参考にするといいでしょう。

 ・SEO:検索エンジンの最適化
 ・LPO:ランディングページの最適化
 ・UI/UXの改善:サイト内のデザインや操作性の改善
 ・EFO:入力フォームの最適化
 ・CRO:コンバージョン率の最適化

また、掲載されている情報量が多いWebページであれば、SBO(検索窓最適化)も有効です。自社のWeb ページの状況に合わせて、各手法に取り組んでいきましょう。

参考:
検索窓、ちゃんとデザインできてる?サイトの回遊に不可欠なSBO(検索窓最適化)とベストプラクティス|ferret [フェレット]