Twitter運用の効率化を目指し、ファンからの支持を集めるようなアカウントを目指しているマーケターは多いのではないでしょうか。

そのためには、やみくもにツイートするのはNGです。アカウントにどのようなファンが付いていて、どんなツイートを行えばファンの反響を得られるのかを考えながら運用することが重要になります。

そこで本記事では、Twitterの分析に役立つツールを10種類紹介します。紹介するツールには無料ツールもあるので、まずは気軽に試してみましょう。

目次

  1. Twitter(ツイッター)を分析する方法
  2. Twitter(ツイッター)分析に役立つツール
  3. Twitter(ツイッター)分析における重要なポイント
  4. Twitter(ツイッター)分析の効率化を目指そう

Twitter運用の成果をさらに上げる「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。


  

Twitter(ツイッター)を分析する方法

Twitterを分析する方法は主に以下の2つです。

・Twitterアナリティクスを利用する
・Twitter分析ができるツールを利用する

ここでは、それぞれの方法について詳しく紹介します。

Twitterアナリティクスを利用する

Twitterを分析する手段として、Twitterアナリティクスを利用する方法があります。Twitterアナリティクスとは、インプレッション数エンゲージメントなどをTwitterアカウント上で確認できるツールです。

Twitterアカウントを持っていれば、誰でもTwitterアナリティクスを利用できます。メニューの「もっと見る」をクリックし、「アナリティクス」を選択すると、Twitterアナリティクスの画面が表示されます。

Twitterアナリティクスでは、過去28日間のパフォーマンスや、月ごとの概要ツイートアクティビティなどを確認することが可能です。CSV形式でデータをダウンロードすることもできるので、データの保管にも便利なツールといえるでしょう。

参考:TwitterアナリティクスからCSVデータをエクスポートして分析する方法

Twitter分析ができるツールを利用する

現在はTwitterを分析できるツールが数多く展開されています。Twitterアナリティクスと同様にユーザーの反応などを分析することが可能です。

さらに、Twitter分析のツールには競合他社のTwitterをモニタリングできる機能を備えたものもあります。競合他社がどのタイミングでツイートしているのか、どれくらいの反応を集めているのかを分析できるため、自社の戦略設計に有効です。

サービスの中にはTwitterマーケティングにおけるセミナーを開催したり、お役立ちコンテンツを公開したりしているところもあるので、知識やノウハウも身につけられるでしょう。

Twitter(ツイッター)分析に役立つツール

ここでは、Twitter分析に役立つツールを紹介します。初めてツールを導入する場合は、まずは無料のものから試してみるといいでしょう。

Twitterアナリティクス(無料)

Twitterアナリティクス.png
https://analytics.twitter.com/

Twitterアナリティクスは、Twitterが公式で提供している分析ツールです。自社が運営しているアカウントの情報を確認することができ、フォロワーの属性や人気のツイート、ツイートへの反響などをチェックできます。

分析にコストがかからないだけでなく、インストールなどの手続きも不要なので、すぐに分析を始めたい場合におすすめです。

ただし、競合他社のデータ分析はできないため、自社以外の分析にも注力したい場合は他のツールを利用する必要があります。

参考:Twitterアナリティクスとは〜分析できることを徹底解説|ferret

Yahoo!リアルタイム検索(無料)

Yahoo_リアルタイム検索_Twitter(ツイッター)、Facebookをログインなしで同時に検索!.png
http://search.yahoo.co.jp/realtime

Yahoo!リアルタイム検索は、キーワードに関連したツイートを検索できるYahoo!検索の機能の一つです。現在話題のキーワードが表示され、ツイート数の推移や同時にツイートされているキーワードをチェックすることができます。

Yahoo!リアルタイム検索はトレンド情報を収集したい場合におすすめです。Twitterマーケティングにおいて成果を上げるためには、トレンド感のあるコンテンツや、ユーザーの反応が得やすい投稿を目指す必要があります。

どのようなTwitterが人気を得ているのかを調べて、自社のコンテンツ制作に役立てましょう。

UserLocal テキストマイニング(無料)

テキストマイニング_無料ツール_by_ユーザーローカル.png
http://textmining.userlocal.jp/

UserLocalテキストマイニングは、アンケートの回答や口コミなどのテキスト情報を解析し、特徴的な言葉や頻出している用語を抽出するツールです。Twitterアカウントと連携すると自分のツイート内容を解析し、頻出単語をチェックすることができます。

自社が頻繁に使用するキーワードや分野を客観的に認知できるので、コンテンツ作成時に役立てることが可能です。

SocialDog(無料)

image5-min.png
https://social-dog.net/

SocialDogは、株式会社SocialDogが運営するTwitterマーケティングのためのオールインワンツールです。利用アカウントは80万を突破し、ユーザー数No.1を誇るなど、多方面から注目を集めています。

Twitter運用の自動化や分析、アカウント管理など、あらゆる業務を効率化することが可能です。フォロワー獲得に特化した機能も搭載されており、フォローバック率なども分析できます。

ISO27001(ISMS)認証やOAuthなどを採用しており、セキュリティも万全です。

Hootsuite(無料)

image2-min.png
https://www.hootsuite.com/ja

Hootsuiteは、ライアン・ホームズ氏が開発したソーシャルメディア分析ツールです。1800万以上のユーザーから利用されています。

TwitterのほかにInstagram、Facebook、YouTubeなどあらゆるSNSと連携できます。そのため、SNSマーケティング全体を強化したい場合におすすめです。

30日間無料でトライアルできるので、使用感を確かめたい方は登録してみましょう。

TweetDeck(無料)

image1.jpg
https://tweetdeck.twitter.com/

TweetDeckは、Twitterを効率的に使用するためのツールです。Twitterアカウントの管理、ツイートの予約投稿、ツイートのコレクションの作成などを行えます。

企業内のチームでツールを利用する場合、チームアカウントを設定することも可能です。複数のアカウント管理ができる点もTweetDeckの利点といえるでしょう。

ブラウザ上で利用することも可能ですし、App Storeからインストールすることもできます。

ツイプロ(無料)

image8-min.png
https://twpro.jp/

ツイプロは、Twitterユーザーのプロフィールを効率的に検索できるツールです。地域や年齢、職業、趣味などの属性から絞ることができます。

通常、Twitterのプロフィール画面は160文字と文字数が制限されていますが、ツイプロを利用することで2000文字まで制限を増やすことが可能です。

さらに、フォロワーだけが閲覧できるフォロワー限定プロフィール機能なども利用できます。

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長(有料)

image3-min.png
https://service.hottolink.co.jp/

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長は、キーワードを入力するだけでクチコミ分析が行えるソーシャルリスニングツールです。KIRINやLAWSON、講談社、Vantan、宝酒造などの大手企業をはじめ、1000社以上の導入実績を誇ります。

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長は、国内最大級のデータ量を保有しており、総数590億件のクチコミデータから、トレンド情報やユーザーの動向を分析することが可能です。

最大13ヶ月の検索期間の中から同時に10キーワードまでスピーディーに分析できます。資料請求や無料トライアル申し込みはホームページから行えますので、興味のある方はチェックしてみましょう。

Insight Intelligence Q(有料)

image4-min.png
https://www.datasection.co.jp/service/insight-intelligence

Insight Intelligence Qは、マーケターのニーズに特化したソーシャルリスニングツールです。SNSの投稿内容を分析・監視し、膨大なデータからユーザーの動向を分析できます。

話題のツイート分析や拡散プロセス分析、プレ・ポスト分析、ユーザー分析、記事・メディア機能などを備えています。

商品企画からPR企画、広報など、幅広いシーンで利用できるので、まずは無料体験をしてみるとよいでしょう。

Brandwatch(有料)

image1-min.png
https://www.brainpad.co.jp/products/brandwatch/

Brandwatchとは、イギリスの企業が運営しているデジタルプラットフォームです。森永乳業や朝日新聞、電通デジタルなどの大手企業も利用しています。

注目を集めているつぶやきを検知する機能や、カスタマイズ可能なフィルター機能・セグメンテーション機能などを利用することが可能です。さらに、Google AnalyticsやSalesforce、Facebook広告などのツールと連携することもできます。

ISO (JIS Q) 27001認証やプライバシーマーク取得など、セキュリティ対策も行っています。

Twitter運用の成果をさらに上げる「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。

Twitter(ツイッター)分析における重要なポイント

ここでは、Twitter分析における重要なポイントを紹介します。

フォローされるまでの流れを理解する

Twitterを運用する際はフォロー数を増やすことで、より多くのユーザーに自社のコンテンツをリーチでき、拡散される可能性を高められます。そのため、Twitter分析を実施する際は、フォローされるまでの流れを把握しておくことが大切です。

フォロワー獲得までの大まかな流れは以下の通りです。

❶ ペルソナ・ターゲット設定
❷ 市場調査
❸ コンテンツ作成
❹ 実践・分析

Twitterマーケティングにおいて、最初から成果を上げることは難しいことです。PDCAをスピーディーに回して、実践と改善を繰り返しましょう。

投稿数を増やしインプレッション数を上げる

Twitterマーケティングでは、継続的に投稿をして、インプレッション数を増やすことも重要です。インプレッション数とは、広告ディスプレイ上に表示される回数のことを指します。

投稿数を増やすことで、ユーザーにリーチできる機会を増やすことが可能です。継続的に投稿しないと、インプレッション数を増やすことができず、ユーザーに響きやすい投稿や時間帯も分析できません。

Twitterで成果を上げるためには、少しずつ変更を加えたり、新しい施策を取り入れたりする必要があります。継続的にTwitterを運営して、さまざまな戦略を試してみましょう。

魅力的なプロフィールでフォロー率を上げる

Twitterのプロフィールは、ユーザーにフォローしてもらうために重要な役割を担っています。プロフィールを見てくれているということは、アカウントに少しでも興味を持っているということです。

興味が芽生えたユーザーを逃さないために、プロフィールの記載内容やプロフィール画像などを工夫してみましょう。

Twitterの投稿内容を変えて反応を確かめるだけでなく、プロフィールにも変化を加えることで、フォロー率を上げやすくなります。

Twitter(ツイッター)分析の効率化を目指そう

Twitter分析は、Twitterが公式で提供しているTwitterアナリティクスのほかにも様々なツールで行うことができます。ツールを活用して自社のアカウントや競合他社のアカウントを分析し、人気の秘訣はどこにあるのかを常に考えるようにしましょう。

また、トレンドやハッシュタグの人気を調べて、自分のツイートに盛り込めば、今まで以上の反響が得られる可能性もあります。Twitter運用の効果を高めるためにも、分析結果を積極的に活用していきましょう。

Twitter運用の成果をさらに上げる「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitterを分析と同時に行いたい「Twitter広告」はじめてガイドはこちら

Twitter広告の特徴やターゲティングを解説します。