本記事で学ぶ内容

・SEOについて正しく理解出来る
・Googleはなぜコンテンツの質にこだわるのか分かる

「なるべくお金をかけずに集客したい!」

ホームページを運営している人であれば、誰もが目指す目標です。そして、広告費をかけずに、顧客を集めることができれば、ビジネスとしては理想的と言えるでしょう。

そこで広く利用されている手法が、SEO(Search Engine Optimization:エスイーオー)対策と呼ばれる方法です。コストを極力おさえ、内容で勝負できると言われています。

本記事ではまず、そんなSEOについて正しく理解していきましょう。
 

SEOとは自社のホームページを見つけやすくすること

serps.png

SEOとは、GoogleやYahoo!等の検索エンジンにおける自然検索結果で、自社ホームページの露出を増やし、自社ホームページへのアクセス増加を目指すことです。「Search Engine Optimization」の頭文字をとった言葉で、日本語では検索エンジン最適化と訳されます。

SEO=検索順位を上げること

とよく言われますが、厳密には順位を上げることだけでなく、検索結果上でのクリック率向上などもSEOには含まれます。

検索エンジンの利用は一般的になっています。検索エンジン検索結果において、自社ホームページがより多く上位に表示されることができれば、集客だけでなく売上までもが期待できると言えます。

では、どうしたらより上位に表示されるようになるのでしょうか。

上位表示の肝はユーザーから評価されるホームページになること

GoogleユーザーにずっとGoogleを使ってほしいと考えています。しかし、検索結果に検索キーワードと関係ないものが並んでいたり、質の低いホームページが並んでいたらどうでしょうか。ユーザーGoogle離れを起こすでしょう。逆に質の良いホームページコンテンツが並んでいたら、またGoogleを使おうという気になるのではないでしょうか。

ずっと使い続けてもらうためにも、Googleユーザーの評価の高いホームページ=質の高いホームページと判断し、上位に表示させようとしています。よって、ユーザーに評価されるホームページを作ることが結果的にGoogleにも評価されます。

時間はかかりますが、集客にお金を掛けたくないWeb担当者は、必ず行うべき施策です。

まとめ

SEOは、手間をかけることで自社ホームページ検索結果において、有利な位置に露出させる集客手法です。そこで、重視するべきことは、ユーザーが見やすいか、有益な情報かという、徹底的なユーザー目線です。

これらを意識し、ホームページに反映させること、それが自然にアクセスが増えていく理想的なホームページ運営と言えます。

ここがポイント!

・SEOとは自社ホームページを検索結果でより有利な位置に表示させること。
・ユーザーに評価されること=Googleに評価される、ユーザー目線が重要。