本記事で学ぶ内容

・検索結果に表示されるまでの流れが理解できる
・理解を深めてサイトコンテンツ制作に活かせる

前回は、SEOにとって質の高いコンテンツを持つことが、検索順位を高めるためには必要であることを解説しました。
今回は、検索結果に表示されるまでの流れを知って、ホームページ作りに活かしていきましょう。

検索結果に表示されるまでの3ステップ

検索エンジン検索結果を表示するまでには、次の3ステップを通っています。

①クローリング
②インデックス
③ランキング

画像でまとめると以下の流れになります。

クローリングインデックスランキング.png
それぞれの動きを理解していきましょう。

①クローリング:インターネットを通じてホームページの情報を取得

検索エンジンは、ホームページの情報を収集するために専用のクローラー(情報収集ロボット)を使って、ホームページをクローリングしています。クローリングした情報を独自のデータベースに貯め、検索結果に表示しています。

よって、ページがクローリング出来ない状態になっているホームページ(社内専用サイトや会員制サイト)は、クローラーが入り込むことが出来ないため検索結果には表示されません。

クローラーは様々な情報を収集する

クローラーページの有無だけではなく、文字情報・サイト構成・リンクの有無・ページ表示速度など、ホームページに関する情報を収集しています。これは、そのページユーザーにとって有益なページなのかを判断するために、様々な情報が必要だからです。

例えば、表示速度の遅いページユーザーにとってストレスが掛かります。よって、Googleはそのページを高く評価しません。また、検索キーワードと内容が違うホームページも、アクセスしたユーザーに不快感を与えます。一方、多くの人から支持を受けているホームページはきっと内容も良いものでしょう。こういったホームページを、Googleは高く評価します。

もしクローラーを拒否するような場合は、検索エンジンは評価できるコンテンツがないと判断します。

②インデックス:クローラーが収集したデータをデータベースに収集

クローラーが収集したデータを、データベースに保管する作業がインデックスです。
インデックスした情報を、検索ユーザーが検索キーワードを打ち込んだときに、データベースから探し出してきて表示しています。

③ランキング:インデックスした情報をアルゴリズムに基づいて評価

インデックスした情報を、ユーザーが求めているであろう順に評価をしてランク付けするのがランキングです。

その評価の仕組みのことをアルゴリズムと言います。アルゴリズムの数は200を越える言われており、どんなアルゴリズムがあるのか全容は明かされていません。ただ、Googleが常に言っているのは、ユーザーにとって役立つコンテンツを上位表示するということです。

毎年500以上の改良をアルゴリズムに加え、ユーザーの満足度が高まる検索結果を表示しようとしています。

まとめ

検索エンジンは、インターネットを通じてホームページの情報を収集し、ユーザーにとって最適なホームページを上位表示させます。Googleがそのときに評価していることを重視する風潮がSEOにはありますが、ユーザーが求めるものかどうかを考えてサイトコンテンツを制作するとGoogleの方針に左右されずにサイト運営が出来るでしょう。

ここがポイント!

・検索エンジンはインターネットを通じてクローリングする。
・クローラーは、サイトに関する情報を収集していく。
・ユーザーにとって有益なホームページは評価される。