2019年2月20日、東京ミッドタウンホールにて「LINE Biz Solutions Day 2019」が開催されました。

2018年12月にリニューアルされたLINE公式アカウントやLINE Ads Platformの事例や活用方法に関するセッション、LINE Sales Promotionのリアル店舗やユーザーオフライン行動にリーチする商品・施策の発表など、LINEが提供しているビジネスソリューションに関する最新情報や事例などが発表されました。

このシリーズではLINE Biz Solutions Day 2019のセッションをそれぞれまとめて記事としてお届けします。

第1回は基調講演の内容をまとめ、LINEの掲げる「ReDesign(リデザイン)」と、リニューアルされた「LINE公式アカウント」「LINE Ads Platform」「LINE Sales Promotion」の概要と同社執行役員の池端氏が語った展望について紹介します。

登壇者プロフィール

LINE株式会社 執行役員 広告ビジネス事業担当 池端 由基

2010年、株式会社サイバーエージェントへ入社。自社メディアの広告セールスに従事。
2013年、LINE株式会社へ入社。広告事業部にて公式アカウントやスタンプなどのセールスを担当。
2016年6月、運用型広告LINE Ads Platform の立ち上げを担当。
2018年1月、戦略クライアントへ広告・プロモーションのコンサルティング提案営業を行うエンタープライズビジネス事業部の事業部長、および新設された大阪オフィスの代表も務める。
2019年1月、執行役員に就任。現職。

2018年のLINEの歩みとリデザインについて

2011年の誕生からおよそ8年、LINEはいまや単なるメッセージアプリではなく、広告コンテンツ、コマース、モバイル決済など幅広い分野のサービスを擁してコミュニケーションプラットフォームとしてのポジションを確立しています。

広告配信のアカウントビジネス領域においても急速に成長を続けてきたLINEですが、2018年12月に企業向けアカウントに大きなリニューアルを実施しました。

それまでに提供していた「LINE公式アカウント」「ビジネスコネクトアカウント」「カスタマーコネクトアカウント」「API型公式アカウント」「LINE@」をすべて「LINE公式アカウント」に統一し、料金プランは製品ごとの定額固費用制からブランド(アカウント)ごとの従量課金制に改定しました。

基調講演では、LINE公式アカウントのリニューアルの意図について言及された後、2018年から2019年にむけてLINEが取り組んでいくサービスや商品開発の展望が示唆されました。

DSC_0505.jpg

まず、2018年の振り返りからLINEの取り組みについて紹介した池端氏。

店頭販促ソリューションの「LINE SP Soltuion」(現LINE Sales Promotion)の新メニューとして提供された「LINE SP Research」や、「LINE Ads Platform」のインフィード広告を通じて法人向けLINEアカウントの「友だち」追加を促進できる新メニュー「LINE Ads Platform CPF」、ユーザーがその場で抽選に参加できる「LINEインスタントウィン」、大規模なキャンペーン応募を通じたブランドの認知や理解促進を目的としたオープン型キャンペーンの「クリスマス福袋」などが紹介されました。

そして2018年は企業向けLINEアカウントの統合とアップデートとして「LINE公式アカウント」の新プランの提供開始により締めくくられています。

これらの新たなメニュー提供やアップデートの背景には、「時代の変化と合わせてデザインを変えること」「これまでの価値を新たな価値に変える」という2つの狙いがあり、それらを一言で表現する「ReDesign(リデザイン)」というテーマが2019年の方向性にあると語りました。