動画広告を運用するといっても、メディアごとに出稿するための料金や単価などが異なります。そこでこの記事では、メディアごとの動画広告単価や料金体系を解説します。「動画広告についての理解を深めて、自社で運営できるようになりたい」と考えているマーケ担当者は参考にしてください。

そこでこの記事では、メディアごとの動画広告単価や料金体系を解説します。「動画広告についての理解を深めて、自社で運営できるようになりたい」と考えているマーケ担当者は参考にしてください。

動画広告はTVCMに代る?低単価で最大限のプロモーション効果あり

「テレビは全く見ないけど、YouTubeなら見る」という方のニーズに応える方法はたった一つ。YouTubeに動画広告を出稿するということです。

しかし、メディアごとに動画広告の出稿方法や料金、単価も異なりますので、「YouTubeなら知ってるから、そこに自社の動画広告を出稿しよう」といったように、出稿するメディアを適当に選んではなりません。

また、出稿するメディアによって、リーチしたいターゲットは異ります。闇雲に動画広告を出稿したとしても、うまくプロモーションできない可能性があるので、メディアの特徴や動画広告についての理解を深める必要があります。

動画広告の単価・料金体系

動画広告単価は出稿するメディアによって異なります。ですが、軸となる料金体系は変わりません。以下では、動画広告の料金体系である「CPV」と「CPM」についてを詳しくご紹介します。

CPV|再生1回あたりの課金

CPVは動画広告の再生1回あたりに課金される単価のことです。動画広告を運営する中でよく耳にする言葉になりますので、覚えておきましょう。

CPVには入札型と予約型の2つがあります。

入札型とは、表示回数を入札形式で決めるという方法です。表示回数に応じて、その分の料金を支払います。入札型はCPVの上限が決まっていないので、定期的に運用する必要があります。

予約型は再生回数に応じて料金を払う方法です。予約型のシステムはいたってシンプルで、再生された分だけを支払うので、特に運用する必要はありません。

しかし、動画広告を出稿するメディアによって、30秒視聴されたら課金されるのか、10秒視聴されたら課金されるのかなど、タイミングが異なります。

例えばYouTubeは予約型のCPVで、ユーザー広告を30秒視聴することで課金が発生します。しかし、5秒視聴されるだけで課金されるメディアもあるので、運用のしやすいメディアを選ぶ必要があります。

ちなみに、予約型の課金単価は1再生で3〜20円ほどです。

CPM|表示回数1,000回で課金

CPMは表示回数が1,000回あたりで課金される単価のことです。動画広告を再生された回数ではなく、メディアで表示された回数で課金が発生します。

また単価は一律ではなく、取り扱う動画広告のジャンルよっては、課金の単価が300〜700円を超える場合もあります。表示回数が多ければ多いほど、課金の単価は高くなるので、しっかりとした運用が必要です。

【メディア別】動画広告の単価と出稿料金の目安

動画広告を出稿できるメディアごとで単価が異なります。また出稿料金の目安も異なりますので、以下ではメディア別の動画広告単価と出稿料金の目安をご紹介します。

利用者の多いメディアをまとめたので、動画広告を運用する際の参考にしてください。

YouTub(ユーチューブ)

世界中で10億人以上が利用している、世界最大の動画共有サービスのYouTubeでは、様々な動画広告のスタイルがあります。

ポピュラーな30秒以上の再生で課金が発生するインストリーム広告や、再生時間が6秒しかないバンパー広告。スマホサイズにあわせたアウトストリーム広告など様々です。

自社商品やサービスと照らし合わせ、動画広告のパフォーマンスを最大限に発揮できる広告スタイルを選ぶことができます。

YouTubeの料金体系はCPV課金とCPM課金があります。最低単価は3〜20円。掲載期間も自分で決めることができるので、予算と相談して動画広告の配信方法を設定しましょう。

Facebook(フェイスブック)

ザッカーバーグ率いる、ソーシャルメディア最大手のFacebookももちろんのことながら動画広告を出稿することは可能です。

FacebookはYouTubeとは違い、自らの考えで動画広告を視聴するユーザーが多く、ブランドの認知や商品やサービスのコンバージョンに繋がりやすいことが特徴です。動画広告のスタイルはFacebookの記事内に埋め込まれるニュースフィード広告から、スマホアプリ専用の動画広告など、幅広いターゲットにリーチをかけることが可能です。

Facebookの料金体系もCPV課金とCPM課金の両方に対応。動画広告を配信する前に審査をクリアしなければなりません。

しかしながら、広告費100円から始められるという手軽さから、動画広告の運用が初めてでも参入しやすいメディアです。

Instagram(インスタグラム)

「インスタ映え」といった独自の言葉を生み出し、若い世代が虜になっているInstagram。Facebookの傘下ということもあり、様々な動画広告を出稿することができます。

インフィード広告からストーリー広告と、若い世代に向けたリーチでブランドの認知度と商品やサービスの利用を目的とした、コンバージョンを達成しやすいメディアです。ただ、他のメディアとは異なり、魅力的な動画でなければスキップされてしまいます。

Instagramの料金体系はCPV課金とCPM課金の両方に対応。また広告の掲載は*日額で最低価格を設定でき、期間の指定もできるので自由度の高い動画広告を出稿することが可能です。

Twitter(ツイッター)

Instagramに負けないユーザー数を誇るTwitterはタイムラインの途中に、自動的に再生される動画広告を出稿することができます。

また、Twitterは他のメディアとは異なり、ユーザーのツイート履歴からターゲット層を洗い出せることで、コンバージョン率の高い動画広告を出稿可能です。

料金体系はCPVのみで、3秒再生されるごとに課金が発生します。掲載期間や広告出稿にかける料金が自由なので、予算に合わせて動画広告を設定できます。

yahoo!ディスプレイアドネットワーク

yahoo!ディスプレイアドネットワークとは、2017年から配信が開始された最近需要が高まってきたメディアになります。

文字通りyahoo!が運営している動画広告サービスですが、yahoo!のニュースフィードに動画広告が表示されるので、情報に対するアンテナを張っているユーザーにリーチをかけることができます。

YouTubeなどの場合は、視聴したい動画の前に広告が流れますが、yahoo!ディスプレイアドネットワークは、情報を取得している最中のユーザーにあった動画広告を表示してくれます。

ですので、動画の視聴完了率(最後まで動画を見た割合)が圧倒的に高いです。料金体系はCPVとなっており、1再生あたり4円〜10円になります。また10秒以上再生されなければ、課金は発生しないので、低予算で始められます。

動画広告はターゲットを見極め、最適なメディア選びを

動画広告単価は1再生〜秒と再生された場合に課金が発生することが多く、そのタイミングはメディアによってバラバラです。また、動画広告を配信しつづける日数によって料金が異なります。

ですので一概にこれといった金額を提示することはできませんが、1再生あたり3円〜20円程度なので、数万円からも動画広告の運用を始められます。

まずは一度動画広告を低価格で運用しましょう。リアルの肌感を感じることは大切です。

動画広告の他の手法も見てみる

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTube(ユーチューブ)の動画広告の料金と成果を上げるポイント!最初の5秒で心を掴め

YouTubeの動画広告はまだまだ参入が少ないものの、すでにプロモーション効果のある動画を配信している企業は大きな利益を得ています。また、YouTube動画を活用した広告を配信を検討する企業も増えていますが、まだまだわからないことだらけでしょう。そこで、YouTubeの動画広告を配信する仕組みや料金、広告にかかる費用目安をご紹介します。記事の最後には、成果を上げるために押さえておく3つのポイントをご紹介します。「YouTubeを活用して自社商品やサービスをたくさんの人に認知してもらいたい」と考えている企業やウェブ担当者は、参考にしてください。

動画コンテンツの視聴層はどの年齢層が中心?【ジャストシステムの調査】

動画コンテンツの視聴層はどの年齢層が中心?【ジャストシステムの調査】

2019年5月21日、マーケティングの統計情報などを公開しているサイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」は、2019年4月度の「動画&動画広告 月次定点調査」をリリースしました。 この調査から、動画コンテンツの年代別利用状況をまとめました。 調査は、株式会社ジャストシステムによる、セルフ型ネットリサーチサービス「Fastask」のアンケートにて実施されたものです。