2017年より政府が日本経済再生のための最大のチャレンジとして「働き方改革」を打ち出し、国を挙げて副業・兼業の普及促進を図っています。この流れを追って、社会人の副業・兼業希望者は年々増加傾向にあり、企業でも社員の副業を認める流れができつつあります。

副業を希望する理由は、自分がやりたい仕事をしたい、スキルアップ、本業以外での収入の獲得、所有資格の有効活用など様々あり、副業のかたちも業務委託などに限らず中小企業の役員、自ら起業するなどさまざまあります。

参考:厚生労働省 副業・兼業の促進に関するガイドライン

副業のかたちと代表例

副業と言っても業務内容や雇用形態はさまざまありますが、一般的には本業とは異なる副次的な仕事を指す言葉として広まっています。また、どの範囲を副業と定めるかについては副業を許可している企業ごとに異なり、各企業で定められた就業規則に則って進められています。

参考:副業をはじめる前に知っておくべき3つの事実

このように内容や就業形態は多岐に渡りますが、代表的な副業として多く行われているのが以下の例です。すでに持っているスキルを活かす方が多いですが、未経験から始める方、副業を目的に新たに講座やセミナーに通ったり資格を取得し副業を始める方もいます。

ライター、メディアの運営

非エンジニアに人気なのが、Webメディアなどでのライター業です。文章を書くのが好きな方、普段からブログなどを書いている方、何かを調べて発信する探求心のある方に向いています。
また自らブログやサイトを立ち上げて情報発信し、アフィリエイトなどで副収入を得る方法もあります。

カメラマン

カメラが趣味の方は、PIXTAやShutterstock、photoACなどのフォトストックサービスに写真を投稿し販売する方法があります。サービスによって掲載基準が厳しい場合もありますが、初心者が販売しやすいサイトもあります。
また、依頼主の要望に合わせて家族写真や運動会、ペットの撮影などを行う出張フォトサービスもあります。カメラの知識技術があり、コミュニケーション能力に自信のある方はチャレンジしてみてはいかがでしょう。

プログラミング、コーディング、アプリ開発

エンジニアやコーディング経験のある方向けには、Webサイトランディングページのコーディング、WordPressなどCMSを使ったサイト開発の受託などがあります。また、社外の開発チームとアプリやサービスを共同開発する案件もあり、その場合は週に1度出社するパターン、完全リモートワークなど勤務体系はさまざまです。Slackなどのチャットを活用してコミュニケーションをとりながら開発を行うことが多いです。

講師

大学や勉強会の講師だけでなく、オンラインスクールやサロンなどで自分の技術やノウハウを発信する場は多くあります。仕事に直結するものだけでなく、ヨガや英語、ダイエットなど趣味や資格を活かすこともできます。

アドバイザー

シニアエンジニアや経験を積んだ広報、マーケター、人事の中には、スタートアップ企業にアドバイザーとして入りノウハウを提供する方もいます。定期的に定例や会議に出席したり、リモートで相談に乗るなど働き方はそれぞれです。

副業を認めている大手企業

副業を始めるためには、まずご自身が所属する企業が副業を許可しているか確認しましょう。働き方改革が進む中、副業を認める企業も増えてきています。

ソフトバンク株式会社

2017年より副業を解禁しています。そのほか、サテライトオフィスの導入やスキルアップ研修など多様な働き方を目指した取り組みを行っています。

参考:働き方改革推進第2弾として、オフィス改革や副業の許可など新たな取り組みを開始

株式会社ディー・エヌ・エー

2017年より、社員が熱意を持って働ける環境づくりを目指したプロジェクトを推進しており、その一環で副業制度を運営しています。

参考:副業をするのはお金じゃなく、成長のため。DeNA 今西陽介が選んだキャリアの育み方

株式会社セプテーニ・ホールディングス

2017年より、人材競争力の向上を目的に副業制度を導入し、同時に給与水準の引き上げやテレワーク環境の整備などを進めています。

参考:セプテーニグループ、人材競争力の向上を目的に 「給与水準の引き上げ」「テレワーク環境の整備・副業制度の導入」等の人事制度改定を実施

新生銀行

IT企業の副業制度は多々ありますが、2018年には大手銀行で初めて新生銀行が副業制度を導入しました。新生銀行ではダイバーシティ推進施策のひとつとして、社員が個人で事業を営んだり、企業に雇われて副業を行うことを認めています。

参考:ダイバーシティー推進施策の強化について

副業を探せるサイト

所属する会社で副業ができるか確認できたら、さっそく副業にチャレンジしてみましょう。ランサーズやクラウドワークスなどクラウドソーシングを使う方法や、知人の紹介など副業先の探し方は複数ありますが、初めての方は手軽に副業を探せるサービスやSNSを使ってみるのもおすすめです。

CODEAL

codeal.png
(画像引用:https://www.codeal.work/

フリーランスや副業している方に人気なのが即戦力複業プラットフォーム「CODCEAL(コデアル)」です。最低時給単価が2500円と高く、求人の約半数が完全リモートワーク可能ということで、実力のあるエンジニア、デザイナーに人気です。

Skill Shift

skillshift.png
(画像引用:https://www.skill-shift.com/

自身のスキルを活かして地域貢献をする、新しいかたちの副業を提案しているのがSkill Shiftです。全国の地方自治体や中小企業、スタートアップが、EC経験や新規事業立ち上げスキル、インバウンド施策などのノウハウを持つ人材を募集しています。せっかく副業をするなら社会の役に立つことをしたい、地元に貢献したいという方向きです。

WANTEDLY

wantedly.png
(画像引用:https://www.wantedly.com/

求人情報サービスとしてIT企業に人気のWANTEDLYでも副業希望者向け求人が多くあります。「副業」「リモートワーク」「エンジニア」等で検索してみましょう。

Twitter

twitter.png
(画像引用:https://twitter.com

意外かもしれませんが、ライター、イラストレーター、エンジニアなどを希望している場合はTwitterを活用するのも手です。日頃から技術的なテーマやノウハウを発信をしていると企業から声がかかる場合もあったり、またWebメディア公式アカウントなどがライター募集している場合もあるのでチェックしてみると良いでしょう。

副業にチャレンジしてみよう

副業すると本業と両立できないかも、私生活がなくなるのではと不安になる方も多いかもしれませんが、作業量を上手にコントロールできれば副収入になるだけでなく、自身のスキルアップにもなります。副業に興味がある、始めて見たい方は、まず所属する企業が副業可能かどうか確かめてみましょう。

また、副業を始めると収入や経費などの管理が発生し、所得が年20万円以上あった場合は確定申告が必要になる場合があります。副業の基礎知識も合わせて確認しましょう。

この記事を読んだ方におすすめ

「働き方改革」をもっと知ろう!最低限押さえておきたい4つのキーワード

「働き方改革」をもっと知ろう!最低限押さえておきたい4つのキーワード

今回は、働き方改革がビジネスに及ぼす影響とビジネスパーソンにとって押さえておくべき働き方改革のキーワードを解説します。 「働き方改革」は政府が掲げる重要な指針の1つであり、職場環境やこれからのキャリアにも関わってくるかもしれません。 ぜひポイントを掴んで、自分の働き方を考えるきっかけとしてみてはいかがでしょうか。