「Web接客ツール」は、訪問ユーザーそれぞれに対し、チャットなどを使って行動を喚起しコンバージョンにつなげられるため、導入を検討しているWeb担当者も多いのではないでしょうか。しかし、興味はあるものの今期は予算がないなどの理由で、できるだけコストをかけたくないという企業もあるでしょう。そこで今回は、数あるWeb接客ツールの中から無料で使えるサービスをピックアップし、その機能を比較しました。

Web接客ツールに興味を持っている方は、本格的な導入を検討する前段階として本記事を役立ててみてください。

ピックアップしたWeb接客ツールについて

今回ピックアップした無料で使えるWeb接客ツールは4種類です。自社が必要とする機能を搭載しているかイメージしながらご確認ください。

ecコンシェル

65_webcs_1.png
出典:ecコンシェル

「ecコンシェル」は、AI搭載のWeb接客ツール。ユーザー1人ひとりにマッチしたクリエイティブを表示し、コンバージョンの増加を促進します。導入企業数は6,500社以上ある人気ツールであり、機能性とともに、高い操作性も魅力です。

ウィジェットを使った接客には、バナータイプ、モーダルタイプ、インラインタイプの3タイプを利用できます。ウィジェットの作成にはテンプレートを利用できるので、困ることはありません。なお、キャンペーンを実施する際、「誰に」「どこで」「いつ」「何を」といった接客条件を設定できます。

【無料プランについて】
プラン名:フリープラン
「ecコンシェル」のフリープランは、利用できるサイト数が1つで、接客配信数は月間100回などの制限があります。また、便利な機能である写真の切り抜きや背景の透過が簡単にできるオートクリエイティブやユーザーフローが使えません。それでも、コンバージョン獲得に力を発揮するキャンペーンは利用可能です。設定画面がわかりやすく、「誰に」「どこで」「いつ」「何を」を想定した戦略を簡単に実行できます。

Zoho SalesIQ

65_webcs_2.png
出典:Zoho SalesIQ

Zoho SalesIQ」は、Webサイトに訪問したユーザーにリアルタイムで接客できるツールです。チャットシステムとともに見込み客の生成ツールとしての機能も有します。その一つに、CRMでの評価やWebサイト内の滞在時間など、様々な要素から優先順位をつけることができ、オンラインユーザーを優先順位にあわせて円状に表示可能です。

そして、例えば「ユーザーにとってベストなタイミングでチャット画面が開く」など、設定した自動アクションが発動するようにできます。チャットを担当するスタッフを割り当てる際も、ユーザーの情報や質問内容などに基づいて最適な選択が可能。その他、オペレーター間のチャットや通知センター、掲示板機能など、社内体制をサポートする機能も利用できます。

【無料プランについて】
プラン名:無料プラン
無料で利用する場合、月間のチャット数の上限が100件ということや、チャット履歴の保存期間が30日という部分が厳しいところです。それでも、機能としては、Webチャットソフトウェアのカスタマイズ以外は、有料プランと同じように利用できる部分が多く、無料ながら機能的なパフォーマンスが魅力と言えるでしょう。

Zendesk Chat

65_webcs_3.png
出典:Zendesk Chat

「Zendesk Chat」は、ホームページにチャットウィジェットを表示して、リアル店舗のようにユーザーに接客が可能なツール。ライブチャット機能により、ユーザーからの質問にすぐ回答できます。ライブチャットはメールや電話よりも高い満足度を獲得できている実績があります。パフォーマンスを可視化できるデータ分析機能を搭載し、自動的にデータを集計できるなど、改善検討のしやすさも魅力です。

【無料プランについて】
プラン名:Liteプラン
Liteプランは、チャットバッジのサイズや画像設定など、ホームページのデザインにマッチするようにカスタマイズできる機能は残念ながら使えません。チャットにおいてファイル送信ができないなど、チャットに関する制限が多い印象です。また、トリガー機能も使えません。14日間無料のTrialプランが終了すると、自動的にLiteプランになりますので、まずはTrialプランで試してみるとよいでしょう。

Freshdesk

65_webcs_4.png
出典:Freshdesk

「Freshdesk」は、顧客サポートツールとしてのカラーが強いものの、無料プランの中にWeb接客として利用できる機能があるため、本記事ではピックアップしました。「Freshdesk」の得意分野はヘルプデスクの機能として、顧客からの問い合わせをチケット化し一箇所に集約および管理できるところです。それとともに、Webサイトやモバイルのプラットフォームにおいて、顧客とチャットにより接客することができます。顧客が問い合わせ方法をチャットから別のツールに変更しても引き続き同じ問い合わせ案件として継続対応できるなど、顧客満足度の向上が期待できるサポート力を実装できるのです。

【無料プランについて】
プラン名:Sprout
残念ながら、無料プランではユーザーとのチャット機能が使えません。それでも、ユーザーが自ら疑問を解決できるナレッジベース機能や、ソーシャルメディアをヘルプデスクから管理できる機能があります。ソーシャルメディアのWeb接客は、ユーザーがSNS上でサポートを必要とする投稿をした際に、ヘルプデスクとページを統合しておくことで対応を可能にするものです。