質の良いコンテンツを作るためには?

では、質の良いコンテンツはどのように作成していけばいいのでしょうか?
意識するべきなのは以下の3点です。

  • 1.サービスのターゲットを理解する
  • 2.誤読を防ぐために最低限の文法は守る
  • 3.わかりやすい文章にするための工夫
     
    それぞれの要素を詳しく解説していきます。

1.サービスのターゲットを理解する

「役に立った」と感じてもらえるのは、ユーザーが抱えている問題を解決した時です。
ただ、万人が同じ問題を抱えていることはほぼあり得ません。

自社サービスに対して潜在ニーズを持っているであろうターゲットユーザーが抱えている問題は何か、何を知りたがっているのかをしっかり把握し、それに応えるコンテンツを作成することが大前提です。
もし、自社のターゲットユーザーがまだ明確になっていない場合は、「ペルソナ」設計から始めてみましょう。

 

ホームページ運営に欠かせない!ペルソナの設定方法とは?

ホームページ運営に欠かせない!ペルソナの設定方法とは?

ターゲットユーザーをより明確にするために、「ペルソナ」と呼ばれる架空のターゲットユーザーを構築することで、よりターゲットの理解を深めることができます。

ターゲットは何を求めているのか?

ターゲットユーザーはどのようなニーズを抱えているのか、どのような情報を知りたがっているのかを把握しましょう。
ニーズを調べる方法はいくつかありますが、主に「市場調査データ」「アンケート」「ユーザーインタビュー」らが挙げられます。

コンテンツマーケティングに不可欠なユーザーニーズの調べ方

コンテンツマーケティングに不可欠なユーザーニーズの調べ方

コンテンツマーケティングの要はユーザーニーズの理解にあります。まずはユーザーを理解し、彼らがどのようなニーズを持っているかを知るところから始めましょう。今回は、ユーザーニーズの調査方法を解説します。

Webとリアル双方からユーザーの声を集め、そこから考えられる潜在ニーズを掘り下げていきましょう。

ターゲットが知っている言葉は?

ターゲットユーザーのニーズだけでなく、彼らがどのような言葉を知っていて、どのような言葉を使っているのかまで把握することが重要です。
 
例えば、この記事はコンテンツマーケティングをこれから実施しようと考えている、もしくは実施中の企業のWeb担当者様をターゲットにしているため、Web系の基本的な知識はある程度持っているという前提で作成しています。
 
この記事のターゲットユーザーであれば、「PV」や「オウンドメディア」という単語は知っていると想定できるため、特に用語の説明なく使用しています。
 
ターゲットユーザーのリテラシーに合わせた言葉使いを心がけることは当然の作法ではあるものの、つい忘れがちな部分でもあります。
少し専門性の高い単語を使う場合は、「ユーザーは知っているかどうか」を都度考えるようにしましょう。

ユーザーニーズ洗い出しの成功例:美肌総合研究所(ドクターシーラボ)

FireShot_Capture_47_-美肌総合研究所-美肌・美容の総合情報をお届けしています-http___www.ci-labo.jp.png
http://www.ci-labo.jp/
化粧品開発・販売を行うドクターシーラボが運営するオウンドメディア「 美肌総合研究所」は、自社商品のアピールではなく、美肌になるための情報を定期的に配信しており、順調にユニークアクセスを伸ばしているようです。
 
化粧品を購入する女性は美容に関して関心があることを前提に、彼女たちはどのような悩みを抱えているのかを深掘りするために徹底したユーザー分析を行い、ニーズが表出する検索キーワードを想定して、それらに向けて記事を作成しました。
 
ターゲットユーザーが求める内容を分析し、それにクリティカルに応えたコンテンツを作成した結果、多くの読者に見ていただけるようになった、ということです。
 
参考:
ユニークアクセスが2.4倍 言葉を軸に発想する『コンテンツSEO』