formrunは、当サイト「ferret」を運営する株式会社ベーシックが開発しているフォーム作成ツールです。

無料で使えるフォームツールのため、専門知識がなくても直感的にフォームの作成が可能です。フォームツールでありながら、ステータス管理など顧客管理が充実しており、チームでの作業がスムーズに進みます。非常に便利で使い勝手がいいので、ぜひ利用してほしいツールです。

この記事では、formrunの概要、使い方、実際の導入事例について説明するとともに、formrunの機能やメリットを詳しく紹介します。

ノーコードで簡単フォーム作成ができるformrun

ノーコードで簡単フォーム作成ができるformrun

CVRが高いフォームを作ることができるフォーム作成ツールです。無料でも利用できるのでまずはお試しでもご利用いただけます。

目次

  1. formrun(フォームラン)とは
  2. formrunの特徴
  3. formrunの三大メリット
  4. formrun利用の流れ・使い方
  5. formrunの導入事例
  6. formrunはこんな用途におすすめ
  7. formrunの口コミ
  8. formrunの料金・プラン
  9. まとめ:formrunは顧客管理までカバーする万能のフォームツール

formrun(フォームラン)とは

img_formrun.jpg

スタートアップから大企業まで、幅広い企業が採用しているformrunは、ferretを運営している弊社が開発したフォームツールです。2021年6月15日時点で10万以上のユーザーが利用しています。

formrunでは、フォームの設置から問い合わせ対応状況の確認、メール対応まで、フォームに関わる業務を一元化しています。コードの設置をせずにフォームを作れるうえ、セキュリティにも優れており、個人情報の保護が重視される現代の企業が利用するのに最適です。

ユーザーが快適に利用できるよう要望を常にヒアリングし、機能追加・機能改善を行なっています。2021年には、条件分岐選択項目やShopify連携など、多くの改善を実施しています。

formrunの特徴

ここでは、formrunの特徴を解説。他にはない機能やフォーム作成で便利な機能などを説明します。

豊富なデザインテンプレート

formrunには40種類以上のテンプレートがあり、デザインに優れたフォーム簡単に作ることができます。問い合わせ対応、申し込みフォーム、アンケート、イベント受付、予約フォーム、資料請求などのためのテンプレートが用意されており、それぞれに用意されている設問やデザインが異なります。

そのため、設問の内容やデザインをイチから考えなくてもよく、短時間で直感的にフォームを作れます。もちろん、HTMLCSSを使ってオリジナルのフォームを作ることも可能です。

高度なセキュリティ

個人情報を入力するフォームには、高いセキュリティ機能が必須です。ユーザーはセキュリティを気にするので、セキュリティに不安があると入力をやめてしまう可能性があります。

また、個人情報が流出したときの被害状況の調査、顧客対応、損害賠償、システムの修復・復旧コストだけでなく、信用の失墜やイメージダウンといったリスクがあります。

formrunは、情報セキュリティマネジメントについての国際規格であるISO27001とプライバシーマークを取得し、通信にはSSL/TLS化を採用しています。さらに24時間のサーバー監視も行っているため、サーバーやデータの安全性も万全です。

Webサイトへの簡単埋め込み

formrunは、iframeを使って自身のホームページにそのまま埋め込むことができます。

formrunのフォーム編集画面でフォームを作成後、埋め込み用のスクリプト画面に遷移してiframeのスクリプトをコピー&ペーストすれば、簡単にホームページフォームを埋め込めます。コードを使えない方でも簡単に設定できるのが魅力です。

CSVエクスポート

CSVエクスポートとは、formrunで作成したフォームに届いたデータをCSVl形式でエクスポートする機能です。

CSVエクスポート機能によって、フォームから入力されたデータをCSVファイルで出力できます。CSVファイルはエクセルのようにデータを扱えるので、顧客情報をより効率的に管理、分析することができます。

STARTERプラン以上のプランを利用していれば、CSVエクスポート機能を利用できます。

また、既存のフォームで取得したデータや自作のExcel形式のデータをインポートすることもできます。

便利な補助機能

formrunには便利な補助機能が用意されています。例えば、住所自動入力機能やリアルタイムバリデーション機能、reCAPTCHAなどです。

住所自動入力機能では、郵便番号を入力するだけで自動的に住所を割り出し入力欄を埋めてくれます。そして、リアルタイムバリデーションは項目ごとに求められる入力値が正しいか、瞬時に判定してくれます。

reCAPTCHAの設置も可能です。reCAPTCHAとは人間とボットを区別する技術であり、スパムへメールの対策に有効です。スパムメールをユーザーはいやがるので、設置するのもよいでしょう。

入力フォームが使いにくかったり不安があったりすると、ユーザーが離脱してしまう可能性がありますが、このような補助機能を利用することで離脱を防ぐことができます。formrunは、ユーザーの便利を助け、離脱を防ぐ補助機能が搭載されているのです。

他ツールとの連携

formrunは、Googleスプレッドシート300やSalesforce、Pardot、mailchimpなどの幅広い顧客管理ツールやマーケティングオートメーションツールとの連携に対応しています。

このような他ツールと連携することで、フォームから得た顧客データをリード情報として管理できるだけでなく、データ分析や顧客管理、マーケティングやセールス活動に活かせます。

また、SlackやChatworkなどのチャットツールとも連携しているので、チームでの管理なども効率化することができます。

問い合わせ管理機能

formrunでは、フォーム機能だけでなく問い合わせ管理機能も充実しています。

フォームから送信された問い合わせへの対応状況のステータスを管理できます。フォームやメールの受信状況や問い合わせ対応の状況をチームで確認でき、二重対応や対応漏れを防ぐことができます。

また、formrunの管理画面から問い合わせをしてきた顧客へメールを送受信できるので、メールツールに切り替える必要もありません。メールではテンプレートも利用でき、返信業務を効率化できます。

データ管理・分析

formrunはデータ管理や分析の機能を備えています。

ダッシュボードでは機能は、、フォームから送信された問い合わせ数、対応状況を可視化できますします。そして、GoogleスプレッドシートやMailChimp、Salesforce、Pardotと連携することで、データをより有効的に活用できます。

formrunをGoogleスプレッドシートと連携すれば、顧客情報を出力して管理できるうえ、グラフ化が容易なので分析もしやすいです。

Salesforceと連携すれば、formrunに登録されたデータを見込み顧客データとして登録でき、pardotと連携すれば見込み客へのメール配信やスコアリングといったマーケティング活動がしやすくなります。

formrunの三大メリット

ここでは、formrunを導入することで得られるメリットを紹介します。

1.無料で簡単にフォームを作成できる

formrunには無料プランがあるので、無料でフォームを作成できます。無料プランではフォームを1つ作成でき、月50通まで個別メールを送れます。無料でも作成できる回答データ数も無制限なので、多くの人に回答していただけます。

フォームの作成はテンプレートを選んでテキストを入力するだけなので、最短30秒でフォームを作成できます。回答者が選んだ選択肢によって次以降の設問表示を変更したり、送信前の確認画面を表示させたりもできます。

formrunが用意しているテンプレートのデザイン性が高いため、無料でも自社サイトに合ったデザインのフォームを作れるのが魅力です。

2.顧客管理ができる

formrunはフォーム作成ツールでありながら、顧客管理にも利用できます。

フォームから獲得した情報をカンバン方式のボード画面で管理できるため、ステータスをこまめに管理でき、対応状況がひと目でわかます。未対応/対応中/対応完了といった現在のステータスはもちろん、対応履歴やメモ、担当者を一元管理でき、回答ごとに担当のラベルをつけることもできます。

Slack、Chatwork、Microsoft Teams、LINE WORKS、メールなど様々なツールと連携でき、リアルタイムで通知を受け取れます。メーラーを立ち上げたりせず、管理画面から直接問合せへの返信ができますので、ユーザーからの問合せ内容を確認しながら簡単にメールの送受信ができます。

迅速かつ漏れや抜けのない対応ができ、コミュニケーションコストの削減につながります。

3.セキュリティが安心

ベーシックは情報セキュリティマネジメントについての国際規格ISO 27001の認証やプライバシーマークを取得しています。

SSL/TLS化を実施し、24時間のサーバー監視も行っているため、サーバーやデータの安全性への対応も万全です。

さらに、システム担当者以外はデータベースへのアクセスができない仕様であり、法令に基づいた要求など以外はデータへのアクセスを行うこともありませんので、顧客情報についても安心です。

formrun利用の流れ・使い方

formrunの無料登録やフォーム作成の手順について説明します。formrunはフォームを単体ページとして公開する方法と、サイトに埋め込んで公開する方法があります。ここでは、それぞれの流れを紹介します。

フォームを単体ページで公開する場合

1.無料ユーザー登録

img_formrun_single_page_1-1.jpg

formrunのサービスページにある「無料でスタート」をクリックし、ユーザー登録画面で以下を設定します。

  • 名前
  • メールアドレス
  • パスワード

img_formrun_single_page_1-2.jpg
Googleアカウントを持っていれば、そのアカウントユーザー登録できます。

登録を終えると、設定したメールアドレスにアカウント認証のためのメールが届きます。届いたメールからメールアドレス認証をすると自動的にログインします。
img_formrun_single_page_1-3.jpg

ログイン後、「+新規チーム作成」をクリックし、チーム名を設定します。チームとは、formrunでフォームを作成・運用するグループのことです。1つのチームで複数のフォームを作成できますし、個人は複数のチームに所属できます。

2.フォーム作成

チームの登録後、チュートリアルを兼ねてフォームの作成がスタートします。フォームを作成する方法は以下の2つがあります。

  • フォーム編集画面
  • コード型
    img_formrun_single_page_2-1.jpg

テンプレートを使ってフォームを作成する場合は「テンプレートから作成する」を選びます。「コード型」はコードを記入しフォームを作成します。HTMLCSSの知識があるなら「コード型」を利用するのもいいでしょう。
img_formrun_single_page_2-2.jpg

テンプレートを選択する画面に遷移したら、任意のテンプレートを選び「このテンプレートを使う」をクリックします。そうするとフォームの編集画面が表示されますので、テンプレートをもとにフォームをカスタマイズしましょう。

3.作成したフォームを表示

img_formrun_single_page_3-1.jpg

プレビューを利用すれば、作成したフォームがどう表示されるのか確認できます。フォーム作成画面の右上の「保存」ボタンの隣にある、「プレビュー」をクリックするだけです。スマートフォンやタブレットでどのように表示されるかチェックできます。

4.フォームを公開

img_formrun_single_page_4-1.jpg
「設定」から公開設定をONにし、画面右上にある「保存」ボタンを押すとフォームが公開されます。
img_formrun_single_page_4-2.jpg

ボタンを押した際に表示される確認画面の「共有リンク」の下に表示されているリンクをクリックすると、公開されたフォームを確認できます。

サイトに埋め込んで公開する場合

formrunで作成したフォームWebサイトに埋め込むことができます。最も簡単なのは、iframeを使う方法です。これは「コード型」を選択することで行うことができます。HTMLCSSを使いたい場合には、コード型での作成を選びます。

フォーム作成画面にある「iframe埋め込みフォーム」をクリックし、指定のコードを埋め込みたいページに貼り付け、フォームURLを設定すれば、設置は完了します。

以下ではフォームクリエイターを用いたコード型のフォーム作成手順について説明します。

1.フォーム名を設定

formrun_site_embedding_1-1.jpg

フォーム作成方法の選択画面で「コード型で作成する」を選び、フォーム名を入力します。
formrun_site_embedding_1-2.jpg

フォーム名を入力しカテゴリを選択したら、「登録する」をクリックしましょう。

2.HTMLタグの作成

formrun_site_embedding_2-1.jpg
「登録をする」をクリックし遷移した画面で、サンプルコードを参考にしながら各フォーム要素のname属性にformrunで表示する項目名を記述し、formタグ内に送信ボタンtype-”submit”を挿入します。

ただしformrunの画面上ではソースを編集できないため、自社で用意した開発環境(エディタなど)にサンプルコードをペーストしてから編集を行いましょう。

このほか、様々なバリデーションや確認画面機能などを利用できるので、サンプルコード集を参考にしてください。

注意すべきは、HTMLの文字コードはUTF-8のみの対応であること、「_formrun」から始まるname属性は特別な意味があるため使用しないことの2点です。

3.スクリプト設置

formrun_site_embedding_3-1.jpg

設置先のページにある

タグ内で、「formrun.js」を読み込みます。
formrun_site_embedding_3-2.jpg

4.フォームのURLを設定する

formrun_site_embedding_4.jpg

フォームクリイターのURL設定画面にて、フォームを設置するサイトのURLを指定します。その際、フォームが動作する可能性があるすべてのURLを指定することが求められます。「項目を増やす」をクリックし、すべてのURLを指定します。

その後、フォーム送信後のリダイレクトURLを指定すれば設置完了です。最後に忘れずに「更新する」をクリックしましょう。

formrunの導入事例

ここではformrunの導入事例を3つ、ピックアップして紹介します。

非エンジニアでも安心して使えた

合同会社DMM.comのDMM.makeが展開する3Dプリント事業部では、現在、問い合わせフォームやデータ入稿フォームに、formrunを使用しています。

formrunの導入は、コードの知識がなくてもファイル添付できるフォームを簡単に作れることとSSL/TLSを採用していることが決め手でした。

3Dプリント事業部のエンジニアである山崎さんは「高度なフォームを作成する場合、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアが一緒に取り組む必要がありますが、formrunを利用すればビジネス職のメンバーだけで解決できます」と話します。

formrunを導入した結果、エンジニアの工数が減り、コミュニケーションコストの削減にもつながったとのことです。

詳細は、こちらの記事で確認できます。

問い合わせの漏れ・ダブりがなくなった

オハヨーバイオテクノロジーズ株式会社では、商品ECサイトのお問合せ対応にformrunを使用しています。コールセンターと本社が連携しお問合せ対応をしているため、formrunのステータス設定やラベル設定をフル活用しています。

ボード画面で対応状況をチーム全員で確認できるうえ、フォームから送信したメールへの返信を取り込むことができる機能などを活用しているため、対応の抜け漏れ、二重送信などを未然に防止できています。

「対応の漏れとダブりはどうしてもなくしたかったので、対応状況をリアルタイムに確認できるformrunは最適でした」とは、同社のEC事業兼マーチャンダイジングチーム・リーダーの坂本さん。顧客情報を可視化し、費用対効果を最大化したい方におすすめだと語ります。

詳細はこちらの記事で確認できます。

資料ダウンロード数が急増

株式会社OKANでは、組織サーベイツール「ハイジ」の資料をダウンロードした見込み顧客を管理するのにformrunを使用しています。過去には、Googleスプレッドシートを使って見込み顧客の管理をしていましたが、視認性が悪くて管理に苦労していました。

formrunのボード画面を見れば顧客の状態がひと目でわかり、個別返信メールの作成やフォーム入力時のデータや過去のメールの閲覧が同時にできます。見込み顧客とすぐに連絡を取れるうえ、工数が減りました。

またformrunは、フォームレイアウトやカバー画像を自由に変更でき、すぐに新たなクリエイティブを試せます。試行錯誤の結果、フォームの入力完了率が約3倍に高まりました。

「スタートアップ企業や新規事業を立ち上げた方にこそformrunはおすすめです」とは、マーケティング・カスタマーサクセス責任者の橋本さん。予算が少ないけれど顧客対応の仕組みをしっかり構築したい方にこそぜひ使って欲しいフォームツールだと話します。

詳細はこちらの記事で確認できます。

その他の導入事例はこちら

formrunはこんな用途におすすめ

短時間で簡単にフォームを作成できるformrunは、フォーム作成・管理のリソースが少ない場合や、短時間でフォームを作成し運用開始しなければならない場合に向いています。

さまざまなフォームに対応していますが、特に次のような用途に利用するのがおすすめです。

受注管理

formrunでは、受注から発送まで一貫して管理できます。

自動返信メールを自由に設定できるうえ、管理画面から顧客と個別に連絡を取れるため、管理にかかる負担がとても少ないです。Shopifyと連携しているのも大きなメリットです。

採用管理

採用エントリーフォームの作成から応募者管理まで、formrunで完結できます。

採用プロセスのステータス管理はもちろん、応募者へのメール送信、SlackやChatwork、LINEWORKS、MicrosoftTeamsと連携して求職者の回答内容を確認できます。

社内・チーム内の共有はもちろん、求職者といち早く連絡がとれます。

カスタマーサポート

カスタマーサポートで、今の対応状況が把握しきれていない場合には、formrunがおすすめです。

各問い合わせの担当者が顧客のステータスを把握できずにいると、対応漏れが起こります。

formrunでは問い合わせ状況をステータス管理するカンバン方式を採用しており、ひと目で対応状況がわかります。それぞれの問い合わせに担当者を設定できるため、対応の抜け、漏れ、重複を防げます。

イベントの応募者管理

formrunは、集客時のフォームとしてはもちろん、イベントの応募者管理も可能なツールです。

準備段階での集客状況の確認、イベント当日の来場受付、事後の参加者データの整理・分析まで、formrun1つで実現できます。情報を一元化できるため時間コストを削減でき、複数人で情報共有できるため社内でのやりとりがスムーズに進みます。

申し込みフォームの送信数の上限設定ができるため、集客したい人数分だけの回答を受けつけるという使い方もできます。

formrunの口コミ

実際にformrunを使っている人は、どのような点が気に入っているのでしょうか。Twitter上で見つけたformrunの口コミをいくつかご紹介します。

formrunの料金・プラン

formrunには、無料プランのほか有料プランが3つあります。0円/月で利用できる基本機能はフォーム作成、送信データ管理、サービス上でのメール送受信の3つ。有料プランでは基本機能が拡張していきます。いずれも初期費用は発生せず、有料プランは月額利用料のみ必要です。

PROFESSIONAL STARTER BEGINNER FREE
料金 25,800円/月 12,980円/月 3,880円 0円/月
フォーム作成数 無制限 50個 5個 1個
回答データ数 無制限 無制限 無制限 無制限
チームメンバー数 10人 5人 2人 1人
添付ファイルの保存容量 30GB 10GB 5GB 100MB
個別メール送信数 無制限 無制限 月250通まで 月10通まで
フォーム送信前の確認画面表示 ×
formrunクレジット非表示 ×
Googleアナリティクス連携 × ×
CSVエクスポート × ×
Googleスプレッドシート連携(自動更新) × × ×
Salesforce連携(10フォームまで) × × ×
独自ドメインのメールアドレス設定 × × ×
ログインユーザのIP制限  × × ×

まとめ:formrunは顧客管理までカバーする万能のフォームツール

formrunの最大の特徴は、フォームツールでありながら顧客管理もスムーズにできることです。プログラミングやコーディングのスキルがなくても、誰でも簡単にデザイン性が高いフォームを作れるうえ、チームで顧客が満足できるサポートをしやすいツールのため、多くの企業に採用されています。

セキュリティ対策が万全かつ、入力時のユーザー補助機能も豊富なうえ、顧客管理をチームで効率的にできるformrunは無料で利用できるプランがあります。フォームの使用感を確認後、ぜひ本格的な導入の検討をしてください。

【有料ユーザー数No1】簡単にメールフォームが作成できるツール「formrun」はこちら!

【有料ユーザー数No1】簡単にメールフォームが作成できるツール「formrun」はこちら!

ノーコードでデザインの良いフォームを作ることができるフォーム作成ツールです。無料でも利用できるので、まずはお試しでもご利用ください。