「旅するマーケター」西井敏恭が、マーケティング分野で注目の人物にインタビューをする連載企画。

第4回は、リスティング広告やFacebook広告などの運用型広告を手掛けるコンサルティング会社、アナグラム株式会社の代表取締役である阿部圭司氏にお話を伺いました。

ブログを始めたのは世の中にリスティング広告の情報がなかったから

西井:僕と阿部さんが知り合って、どのくらいになりますかね?

阿部:10年くらいでしょうか。

西井:阿部さんがアナグラムを設立して7年目ということですが、会社設立前は何されていたんでしたっけ?

02.jpg

阿部:小さなWebコンサルティング会社にいました。ECに来ていない人をECに来てもらい、成果を上げるという仕事です。

サイト制作のディレクションから、広告SEO、解析、メルマガの執筆、ロジスティクス。ECに関わることであればすべてやっていました。

数年やったあと、フリーランスになりました。

西井:フリーランスの期間はどれくらいですか?

阿部:1年半くらいです。そのころ、書籍のお話をいただいて。
そのときに、プロフィールの肩書をどうしたらいいかを当時の編集担当の人に相談したら、他の人は「株式会社●●代表取締役」という感じが多いと言われて。

さすがに「フリーランス」で書籍の執筆もあれだとなと思って、じゃあ会社作ろうかという話になってと。
最初は会社にする意味とか、そういったものを理解していないまま進んでいきましたね。

当時はそもそも、人を雇う気はなかったですし、一人で何でもできたし、それが普通だと思ってました。
何よりも楽しかったですね。

西井:初めて出版されたのは、いつごろですか?

阿部:元々はグルメレビュアーなんかをやってまして、グルメ系の書籍に取り上げてもらったりしてましたが、実際に自身ですべてを書いた初めての書籍は、Google アナリティクスの書籍でした。確か今から6年くらい前ですね。

まだそういう情報を世の中に出している人がいなかったんですよ。
リスティング広告ブログを書きだしたのも、世の中にリスティング広告の情報がなかったから。自分が困っていたのがきっかけです。

西井:ブログと本はどちらが先ですか?

阿部:ブログです。

西井:「SEM-LABO」ですね。

阿部:その前に、いわゆる大手のブログツールを使っていて、そのときは3年近く毎日更新していました。

西井:今は毎日更新ではありませんよね。何か心境の変化などあったのでしょうか?

阿部:変わりました。ブログを書き始めたころは書くことに慣れていないので、まずは「毎日書く」ということを目標にやっていたんです。

癖をつけなければいけないと思って。僕は、どちらかというと怠惰な人間なので、習慣にすることを常に意識して動いてます。

「努力は続かない」というのが僕の持論です。
だからこそ、努力を習慣化させるのに時間をかけていくタイプなんです。

03.jpg

西井:すごくわかりますね。僕の旅行記も一緒です。

僕は、2001年から2003年まで、ブログなどまだないときに旅行記を書いていたんですよ。
1年くらい旅行をしていると、おもしろいネタがあっても忘れてしまうんです。なので、メモ代わりに毎日書いていました。

僕は、旅行をしているときに本を出したいなとなんとなく思っていて。それで始めたんです。毎日書いているうちに文章の書き方もわかってきて。

今のマーケティングに通じるかどうかわかりませんが、リスティング広告の本を読んでわかったつもりでも、手を動かさないとほんとうのことはわからない。
毎日旅行記を書いているうちに、要領よく書けるようになってきたりするのに似ているのかなと思っていて。

僕はそういう体験があったので、今でもマーケティングにおいて新しいことが出てくると、今でもまずは自分でやるんですけど。

阿部:西井さんは本を出したくてとおっしゃったじゃないですか。

僕、ブログの最初の投稿で「必ず出版する」って書いてるんですよ。決意表明的な感じで。今でも鮮明に覚えてます。

西井:僕と阿部さん、似ているのかな(笑)。でも、旅行ライターになるつもりはありませんでした。

阿部:僕は、死ぬまでに書籍を書きたいなという漠然とした感じでしたね。

それで、実際にオファーがきたときにはほんとうにびっくりしました。