Web担当者としてホームページの運営を行っていると、上層部からホームページの成果報告を求められることがあるはずです。

そのような時に役立つのがGoogleアナリティクスに代表されるアクセス解析ツールです。
アクセス解析を行えば、ホームページの現状が見えてくるだけではなく問題点も明確となります。
今回は、ホームページの現状を社内向けにわかりやすく報告するための、Googleアナリティクスを用いたレポート作成のステップを解説します。

ホームページ担当になって間もない方や、どのような内容を報告したらいいのかわからないという方はぜひ参考にしてみましょう。

レポートの種類

レポートには目的別に性質の違う2種類のパターンがあります。
それぞれの意味を押さえて、自分に求められている報告はどちらが近いのかを考えてみましょう。

1.モニタリングレポート

モニタリングレポートは、ホームページの監視を目的にしたレポートです。
ホームページの定期検診のようなもので、目的は3つにわけられます。

・急激な数値の増減を素早く発見する
・目標の進捗を見て、予測を修正する
・行った施策の初期評価

このようにホームページで何か大きな変化が起きていないか、現在どのようなアクセスを得ているかを把握する目的で用います。

モニタリングレポートは1回計測して終わりではなく、定期的にレポートを作成して変化を追っていくことが必要です。

2.ビジネスレポート

ビジネスレポートは、ビジネスやホームページの目標を達成することを目的にしたレポートです。

例えば「1年間に100万円貯金する」という目標を立てた場合、「1ヵ月の水道代1,000円分節約する」「1ヵ月の外食費用は10,000円まで」などの中間目標を立て、それらの進捗を確認します。

このように「いつまでに何がどのようになっているのか」を押さえた中間目標をKPIといい、目標達成までの戦略を立てるのに役に立ちます。

参考:
KPIとKGIの違いは?目標達成に欠かせない2大項目について徹底解説|ferret

ビジネスレポートはKPIに対してどこまで達成したのかを計測してまとめたものを指し、下記のような目的に利用できます。

・目標と実績のギャップの把握
・次のマーケティング施策の決定
・目標及びKPIの見直し

先ほどの例でいえば、貯金を初めて3ヵ月目に水道代の節約が月500円分にとどまっている場合、残りの9ヵ月で節約できなかった3ヵ月分の1,500円をほかで補うしかありません。
そのためには、1,500円分を食費から削ったり、目標貯金額の下方修正を行ったり、対策を講じるでしょう。

このように、ビジネスレポートはホームページの成果を測り、成果を生み出し続けるための体制を作るのに重要なレポートです。

レポート作成4つのステップ

1.報告する頻度と相手を決める

レポート作成の際、まず報告を行う頻度や相手を決定します。もしすでに社内で報告を行う場があるなら、改めて詳しくヒアリングを行い、どのような内容が求められているかを明確にしましょう。

広告や制作費の費用対効果を見たいのか、ホームページを見ているユーザー層を明らかにしたいのか、報告を行う人の立場によって求められているものは違います。
「いざ会議で報告してみたら、参加者から全く違う数値の報告ばかり求められた」という事態にならないように気をつけましょう。

2.盛り込む項目を決める

求められている内容に合わせて、レポートに盛り込む項目を決定します。
それぞれの項目の数値について「その項目を見る目的」「取得方法」「目標値」などを事前にリストにしておくと、レポートをスムーズに作成できます。

3.レポートの見せ方(フォーマット)を決める

レポートの内容が決まったら、表現方法を決めます。
同じ項目を含んでいても、並べ方や分類方法によって与える印象は変わります。

例えば、ユーザーの動きに合わせてページごとのアクセス数を表現したり、前年比・前々年比の数値を並べたり、見せ方は様々です。

4.レポートを作成する

レポートの内容が決定したら、あとは作成を行うだけです。
Googleアナリティクスの数字をコピーして、Excelでレポートを作成する方法では手間がかかるという方には、アクセス解析ツールを利用して自動のレポート作成を行うといいでしょう。

Googleアナリティクスでは、もともと様々な形式のレポートを用意していますが、自分でカスタマイズした内容を作成することもできます。

カスタマイズしたレポートの作成方法はこちらの記事で紹介しています。

参考:
Googleアナリティクスのカスタムレポートでオリジナルレポートを作成しよう!|ferret

また、Googleアナリティクスで作成しなくても、他にもレポートを作成できるツールがあります。このようなツールを活用して、作業の効率化を図りましょう。

参考:
サクッと自動!Googleアナリティクスで面倒なレポート作成をしてくれるサービス・カスタムレポートまとめ11本+α|ferret