本記事で学ぶ内容

・meta keywordsの理解ができる

meta keywordsは、meta descriptionと同様にページの内容をキーワードとして示したものとなります。
しかし、もう既にmeta keywordsは使う必要がないとも言われています。今回はmeta keywordsはどう扱うのが良いのかを解説します。

meta keywordsとは

<meta name=“keywords” content=“キーワード1,キーワード2,キーワード3” />

実はmeta keywordsにSEO効果はありません。これはGoogleも名言しており、検索順位をあげる目的であれば意味がないということになります。では、なぜ設定しているホームページがあるのでしょうか?
以前はSEO効果があったので、その名残で残ったままになっていることが多いです。他には、まだSEO効果があると信じているということもあるかもしれません。

Googleが2009年9月21日に公式ブログで「ランキング要素に使っていない」と発表しています。

Google doesn't use the "keywords" meta tag in our web search ranking.

Googlemeta keywordsを検索ランキングに使用していません。
引用元:Google does not use the keywords meta tag in web ranking

meta keywordsをどう使っていけばよいか

ferretはあえて外しています

SEO検索エンジンの最適化なので、最適化ということを考えたら順位上昇の効果は無くても入れておくべきです。

しかし、ferretはあえて外しています。理由として、競合他社がmeta keywordsを見たらSEOの対策キーワードがまるわかりだからです。また、ページ数の数だけ設定する手間も考えています。バレても問題ないという人もいると思いますが、ここでは思い切って設定していません。

まとめ

meta keywordsにはSEO効果はありません。また、競合他社に対策キーワードがバレてしまう可能性もあります。総合的に考えて入れるのか入れないのかを決めると良いでしょう。

ここがポイント

・meta keywordsにSEO効果はない。
・競合他社に対策キーワードがバレる可能性もある。