多くの企業がコンテンツマーケティングを実践して、自社のサービスや商品についての情報発信を行っています。コンテンツマーケティング行う上で重要なのが、継続して記事を発信していくことです。

そのための手段として、外部の制作会社にコンテンツ制作を代行してもらう方法があります。制作会社を選ぶ際の選定基準や、記事制作を外注するにあたってのメリットやデメリットを紹介します。

制作会社を選ぶ際の4つのポイント

記事制作を制作会社に依頼しようと思っても、どのような基準で選べばいいか迷うことも多いのではないでしょうか。制作会社を選び間違えると、低品質な記事を納品されかねません。制作会社を選ぶ際、これから紹介する4つのポイントを参考にしてください。

ジャンルや分野が自社メディアと合っている

依頼する制作会社の得意なジャンルが、自社メディアに合っているのかを確認しましょう。

ユーザーの役立つコンテンツを提供するには、専門性の高い記事を制作してもらう必要があります。

記事制作を外注する前に、「記事制作会社がどんな記事を制作できるのか」「記事は自社の求める記事に合っているのか」などを事前に調べておくことが大切です。

制作実績がしっかりしている

外注する記事制作会社の実績をしっかり確認することが大切です。

自社のニーズに応えることができて、クオリティの高い記事を制作できる相手かどうかを実績や評価を見て判断するようにしましょう

十分なヒアリングを行ってくれる

事前のヒアリングが十分にある記事制作会社を選ぶようにしましょう。ヒアリングなしで自社の目的にあった記事制作を行えることはほとんどありません。

「記事のターゲットは誰なのか」「内容はどのようにしたいのか」について、打ち合わせをした上で依頼しましょう。

SEOライティングのスキルがある

より多くのユーザーに記事を読んでもらうためには、検索結果で上位表示されなければいけません。

そのためには、SEOライティングができる代行会社を選ぶ必要があります。

記事制作代行を外注する3つのメリット

制作会社に記事制作を外注することで、Webメディアを運営している企業が得られるメリットはたくさんあります。

短期間で多くの記事を執筆できる

記事制作を外部会社に依頼すれば、それなりのライティングスキルを持ったライターが記事制作を担当してくれます。短時間でしっかりしたクオリティの記事を制作してくれるので、記事制作は代行会社に依頼することがオススメです

記事制作以外の業務に当てられる

今まで記事制作に費やしていた時間を、次のプロジェクトを考案したりするなどの他の業務にあてることができます。

企業全体としての労働生産性も上がり、利益を生み出すきっかけになるでしょう。

記事の品質が保てる

自社メディアを運営する上での課題は、継続的に良い品質の記事を制作し続けることです。

記事制作を代行してもらうことにより、専門のライターが記事制作を行ってくれるため、品質の高い記事を継続的に納品してくれます。

一定の品質を保ちながら継続的に記事制作を行ってくれることによって、自社の社員の負担を軽減できるメリットがあります。

記事制作会社に代行を外注する3つのデメリット

記事制作を外注するのにはメリットもありますが、デメリットになるケースがあることを覚えておきましょう。

記事制作を外注するには費用がかかる

自社で記事制作を行う場合には費用はかかりませんが、制作会社に外注する場合にはそれなりに費用がかかってきます。専門性の高いジャンルになればなるほどその費用は高くなるので、企業にとっては負担になるでしょう。

自社が記事制作にどれだけのお金を充てられるかを十分に考えたうえで、記事制作を外注することが大切になります。

意図と反した記事が納品される可能性がある

記事制作を外注すると、自社の意図と反した記事が納品されるというデメリットがあります。これは、自社のジャンルや分野が記事制作会社に合っていなかったり、事前にの十分なヒアリングが行われなかった場合に起こるデメリットです。

これらのデメリットを防ぐためにも、記事制作を外注する前に記事制作会社の下調べを行い、どんな記事を納品してほしいかを事前に伝えることが大切です

メディアに合ったライターを探す必要がある

専門性の高いWebメディアの記事制作を代行してもらうためには、専門知識のあるライターがいる制作会社に外注する必要があります。

その専門性が高くなればなるほど、外注先を探すのが困難になってきますので、ライター探しに時間がかかるのも一つのデメリットです。

自社に合った品質の高い記事を継続的に納品してもらうためにも、制作会社を選ぶのにはじっくりと時間をかけましょう

詳しくはこちらの記事を参考にしてください。

記事制作を外部業者に依頼してメディアの充実を図ろう

今回は記事制作会社を選ぶ際のポイントや、記事制作代行を外注することのメリット・デメリットについて紹介しました。

記事制作を外注することで品質の高い記事が継続的に自社のWebメディアで公開できるので、売上やドメインパワーの向上、アクセスの増加や社内の労働環境改善にもつながります。

まずは自社が記事制作にどれだけの時間をかけていて、品質に問題はないかをしっかり確認したうえで、制作会社への外注を検討することをおすすめします。

この記事を読んだ方におすすめの記事

編集ってどんな仕事?いまさら聞けない記事編集のキホン

編集ってどんな仕事?いまさら聞けない記事編集のキホン

様々なWebメディアやSNSの台頭により、ユーザーは多くのコンテンツを目にするようになりました。それと同時に目の肥えた読者は増え、コンテンツの品質の高さが求められるようになっています。 コンテンツの質を高めるには、企画を読者にとって有益な形にして発信していく、「編集」が不可欠です。しかし、Webメディアの運営に携わる仕事をしていても「編集」という作業にはなじみがない人も多いのではないでしょうか。オウンドメディアを立ち上げたばかりの企業には編集者がいないことも多いでしょう。そこで、記事編集の仕事内容と編集する際の気をつけておきたいポイントを解説します。