ヒートマップを活用してLPOやSEOをさらに改善しよう

ヒートマップツールを導入すれば、Webサイト上のどこに課題があるのか、また「どんなコンテンツが好まれているのか」を可視化できます。その上で、ユーザーのニーズを理解していけばどんどん効果的なWebサイトに改善していけるでしょう。

また、LPについても「どこで離脱してしまったのか」という点を理解するのは非常に重要です。WebサイトやLP、メディアのコンテンツなど、幅広くWeb周りの集客を改善したい方は、ぜひこの記事を参考にヒートマップツールを導入してみてはどうでしょうか。

関連記事

LP(ランディングページ)の効果を上げる色の選び方とは?色彩心理学に基づく制作術

LP(ランディングページ)の効果を上げる色の選び方とは?色彩心理学に基づく制作術

LP(ランディングページ)の効果は十分に出ていますか? LPは購入や問い合わせに直結するページであり、Webマーケティングの肝となる存在です。継続的に売上げが上がるLPを作ることができれば、反響が増えて無駄なテレアポなどの営業をする必要がなくなり、今まで新規営業にかけていたコストをリピーター創出や新規事業立ち上げに回すことができます。消費者に行動を起こしてもらうLPを作るためには、色選びがとても大切です。今回は色彩心理学に基づいて、人々がすぐに行動を起こしたくなる色の選び方を紹介します。LPの効果を上げる色を知り、売り上げをアップさせるLPを制作しましょう。

集客方法や目的が違う!WebサイトとLP(ランディングページ)の違いとは?

集客方法や目的が違う!WebサイトとLP(ランディングページ)の違いとは?

WebサイトとLPの定義はどう違うのでしょうか。マーケター初心者だと「LPの企画を考えろと言われたけど、Webサイトと何が違うの?」と疑問を抱くかもしれません。基本的な話のため、いまさら聞きにくいですよね。WebサイトとLPでは、目的も集客方法も異なります。当然中身も違うので、それぞれが何のために存在するのか知り、効果的なページ作りと集客方法を把握しましょう。今回は、Webマーケティング成功の第一歩となるWebサイトとLPの違いを解説します。

ランディングページ(LP)を作る際に大切にする4つのコツ

ランディングページ(LP)を作る際に大切にする4つのコツ

記事ではランディングページの作り方や大切な4つのコツをご紹介しています。企業のWebマーケターで、初めてランディングページを作る際に、どのような点に注意すればいいかわかりませんよね。記事を参考にすれば、成果の上がるランディングページをスムーズに作れるようになるでしょう。